« 韮山 江川邸 | トップページ | 被害は拡大 »

2012年10月15日 (月)

韮山 江川邸 その2

1210114 立派で価値のある江川邸ですが、人気は今ひとつ。一族に中で一番名が知れている江川英龍でさえ、知っている人はわずか。韮山反射炉建設や東京お台場の整備、また幕末の西洋列強と様々な交渉をした実績も、あまり知られてはいません。やはり幕臣の官僚だったせいでしょうかねぇ。まさしく、「知る人ぞ知る」ですが、「歴女」として有名な(私は知りませんでしたが)杏がお忍びで江川邸を見学に来たとか。
 写真は江川邸の屋根裏、架構(かこう)。これが免震構造となって地震にも強い構造となっているのです。昔の人の知恵はすごい。また、天井の一番上には、当時泊まった日蓮聖人直筆の火よけ札があります。そのおかげで、現在まで火災に遭っていないとか。しかし、歴史を感じ見ているだけで幸せを感じます。。私も十分「歴男」です。

|

« 韮山 江川邸 | トップページ | 被害は拡大 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ニホン、ニッポンの話がありましたが、レキジョに対応して、歴男は レキナン それとも レキオ?

投稿: ひらひら | 2012年10月16日 (火) 20時40分

ひらひら さま

 加藤です。そうですね。読み方まで考えていませんでした、笑。「れきじょ」なら「れきだん」?「れきなん」?どうもしっくりきませんね、笑。

投稿: ももたろう | 2012年10月16日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/55875920

この記事へのトラックバック一覧です: 韮山 江川邸 その2:

« 韮山 江川邸 | トップページ | 被害は拡大 »