« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

今年も一年間、ありがとうございました

Photo 今年も早いもので、もう大晦日です。一年間、沢山の写真を撮りました。「どこか撮りに行く」ことはなく、私の行動している範囲でパチパチしているだけなのですが、今年も沢山シャッターをきりました。
 ブログやフェイスブックに写真をアップしていますが、もちろんボツになっている写真も数多くあります。大晦日の今日はそんなボツ写真から一枚。飛び込みで入ったライブハウスでのショット。スローなナンバーがご機嫌なライブ。フォービートにどっぷり包まれて、堪能した夜でした。今夜も紅白に飽きそうだからJAZZにするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

OldParrは旨かった

121209oldparr 今年も押し詰まってきました。やはり、年末は飲む機会が増えます。先日も近所のお宅で呼ばれて飲みました。飲みながら歌がでたり、ピアノ弾きがでたり。飲み始めたOldParrは3人であっと言う間になくなりました。
 そういえば、OldParrは田中角栄が好きな酒だったとか。田中が代議士かけ出しの若い頃、吉田茂の自宅でOldParrを勧められ、それが気に入られた証拠だと知ってからOldParr一辺倒になった、とどこかで読みました。確かに旨いしな。田中角栄も昭和の人。もうそろそろ、歴史の教科書に載るようになるのかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

2012年12月 中部横断道、土

121225 中部横断道、土村の陸橋工事現場です。一番手前の「P2」が白いコンクリの肌を出しました。道になる部分も少しずつ工事が始まっているようです。この状態で年越しですな。
 完成予定は2017年。先日、地域の人と飲んでいたら、「おれら、中部横断道、走れるだか」とおじさんが言っていました。大丈夫、みな元気に過ごしましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

今年のみかんは裏年でござる

1212 山梨ミカントラストファームの私の木「みかちゃん」。今年は全然なっていません。昨年はあきれるぐらいなってたのに。ちなみに写真に写っているのは私ではなく、ヒロシくん。
 毎年コンスタントにみかんをならせるには夏の「摘果作業」が重要なのです。放っておくと、表年(沢山なる年)と裏年(ならない年)との差がどんどん極端になるそうで。。。
 それと、この「みかちゃん」は実はかなりの老木で、そろそろ更新の時期となっています。三代目となる「みかちゃん」が来年あたりに誕生となるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

名古屋の白州

Photo_4 名古屋行きは、いつものようにバタバタでしたが、もちろん飲みに行きました。名古屋名物の手羽先も味噌カツも旨かったですが、名古屋駅中、ナナちゃんの横にあった「白州のBAR」がよかったわぁ。ここは、一ヶ月ちょっとだけの期間限定&場所限定のお店でした。立ち飲みで引っかける感じはよいですな。カウンターは結構満員で、「どうぞ詰めてお隣に」という感じで初めて会うお客同士フレンドーリー。もちろん、美味しいお酒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

レクイエム 中沢啓治 さま

 漫画家の中沢啓治さんが亡くなりました。
 私が中学生の頃、人気ナンバーワンの週刊マンガ誌になっていた少年ジャンプに「はだしのゲン」を連載していました。
 少年マンガ誌は娯楽追及第一でしたが、当時のジャンプはそんな中でも、ユニークな作品が多く掲載されていました。例えば、「荒野の少年イサム」は日本人の父を持つ子どもがアメリカの西部でガンマンに育てられる物語り。例えば、「包丁人味平」は今では当たり前の料理漫画の先駆けとなった作品。などなど。。。個性的な作品が揃っていました。
 しかし、そんな中でも「はだしのゲン」は超異色。戦争の実態をもろに少年漫画に取り入れたのは多分、空前絶後ではないかな。あまりのリアルな描写に私もかなりショックを受けた作品でした。掲載を認めた当時の少年ジャンプ編集部もエライ。
 私にとって最初に戦争の悲惨さを教えてくれたのは中沢啓治さん。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

名古屋のタクシー

Photo_2 名古屋へ行きました。街を歩いていて行き交う車を見ていて「???」。
 タクシーは全てサイドミラーがボンネットにつく形なのです(一部の個人タクシーを除いて)。昭和の形で懐かしいですが、静岡では「全てこの形」ではなかったような。改めて思い出そうとしてもよくわかりません。
 しかし、何故名古屋のタクシーは全てドアの所でなく、古い形のサイドミラーなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

あなたの知らない静岡県の歴史

Photo 本屋にひやかしに入ったら目についた一冊。12月21日に発行された新刊です。静岡県内のエピソードを縄文時代から時系列に戦後まで綴られています。面白くて、先日名古屋へ出かけた際、行き帰りで読み終わってしまいました。
 私のブログでも話題にした、梶原景時や小島藩についても、チョビット出ています。静岡県民必読書ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

凍ったクリスマスローズ

121220 今年は寒波が早いですね。我が家も12月に入ってから氷点下の日が何日も続きます。庭のクリスマスローズも今年伸びた新芽が寒さに凍えてます。しかし、カチカチになっていても、陽が上がるとまた復活するのです(当たり前ですが)。
 タネがこぼれて増えてきまして、買った一株が現在では50株以上になり、庭のあちこちに植えてあります。実は私は、結構このクリスマスローズが好きなのです。我が家は寒くてゴメンね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

かいのどうぶつえん新作 ヤギさんサンタ

Img_0725 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 たくさんの仲間が立候補したのに、なぜヤギがサンタクロース役に抜擢されたのか?その理由は白いアゴヒゲの容姿ではなく、意外にも、甲高い鳴声がドンピシャだったからだそうです。Merry Christmas!
さて、2012年も押し詰まってきました。宇宙人、サンタと続いてきたので、本年の最終回は調子に乗って、空を飛ぶどうぶつにしようかなと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

かいのどうぶつえん新作 火星人来園

Img_0027 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 さて今回は、親戚を訪ねて来園いただいた異星人をご紹介します。イギリスの作家H・G・ウェルズが、SF小説『宇宙戦争』を発表したのは1898年のこと。40年後の1938年10月、宇宙人が地球に攻めてきたというニューススタイルのラジオドラマは、アメリカでパニックを引起こしたそうです。プロデュースしたのはハリウッドの監督・俳優オーソン・ウェルズでした。そして74年後の2012年8月14日。オバマ大統領は、火星無人探査機「キュリオシティ」の着陸成功をたたえるNASAへのメッセージのなかで「もし火星人とコンタクトできたら、すぐに知らせて」と冗談を飛ばしたそうです。そうだ!次は水星人にしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

かいのどうぶつえん新作 キリンの平原

Img_0005 以下、かいのどうぶつえん園長のコメントです。

 先週にひき続き、あさり山シリーズです。園での制作素材は、これからも貝(+ウニなど)に限定します。でも、アサリと自然素材(ドングリ、小枝、小石など)の組合せもおもしろそうですね。いずれにしても、もっと多くの方に「ものづくり」の楽しさを満喫していただきたいと願っています。
 さて、次回は趣向をガラリとかえて、はるか遠方から来園した親子をご紹介する予定です。「誰なの?」。ヒントは「二人のウェルズさん(英・米)」・・・。これでわかったら天才的!もうひとつヒントをさしあげましょう。それは地球の「親戚との面会」です。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

レクイエム 山本與四郎さま

121217 公益社団法人静岡県聴覚障害者協会会長の山本與四郎氏が12月15日、他界されました。何と、その週始めまで会議などへ参加していらしたのに。入院されて、手術を受け、手術終了直後は「成功で経過も良好」と、報告を聞いていたのに、翌朝、本当に突然の訃報でした。
 静岡県のろうあ運動の文字通り中心にいて、その豊富な経験や見識の高さ、そして人当たりの良さから聴覚障害の業界だけでなく、静岡県や静岡市の障害者活動においてもなくてはならない存在でした。
 ろうあ者を取りまく環境を少しでもよくしていこうと、日々取り組まれ、まだこれから、色々な場面でその力を発揮して欲しかったのに。68才は早すぎる鬼籍入りです。
 今夜の通夜には500名近く集まったかしら。本当に氏の人柄です。明日は葬儀ですので私も喪に服して、記事は休止いたします。
 心から合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

季刊清水45号

Img 先日、季刊清水45号が「編集委員会」から送られてきました。興津川の魅力を多角的にとらえて特集を組んでいます。それぞれの論文を興味深く読ませていただきました。
 実はこの特集を組む事を決め、ネットで色々調べている時に、私のブログがとても参考になった、とのことでお礼の意味で送っていただいたのです。
 色々な事をブログなどで書き散らしていると、中には人様の助けになるものもあるのですね。先日の中日新聞の件といい、ブログの力はなかなか侮れません。これからも書き続けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

JR静岡駅前コンサート

121215 静岡駅へ行きましたら、地下道でコンサートをしていました。最近、ストリートミュージッシャンもたくさん演奏をしていますが、さすがにここまで大人数ではありません。
 マンドリンやギター、コントラバスなどの生楽器で構成されていて、PAもありませんが、さすがにこれぐらいの編成になると迫力があります。いつも一生懸命練習をしているのでしょう。演奏は素敵で、多くの人が聞いていました。私も時間の許す限り聞き続けました。満足♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

シャコバサボテン

121214 シャコバサボテンが今年も花をたくさんつけました。
 4年前に買ったのです。買った年はもちろん咲きましたが、翌年に花をつけず、葉も薄くなったようで、「やっぱダメだな」と思いながらも、春に植木鉢を大きなものに植えかえました。
 そしたら、翌年(昨年)たくさん花をつけました。訳がわからずに喜んで、今年も「どうかな?」と夏に水をあげるぐらいの手入れしかしていませんが、世話を続けてましたら、やはりつぼみをそこそこつけました。「クリスマスカクタス」という通り、クリスマスには満開になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

かいのどうぶつえん新作 「アサリ山動物園」カバの池

348 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 今週は、新シリーズ「アサリ山動物園」の第一作です。開園した理由は、「つくりたいけどピッタリな貝がない」という教室卒業生の困惑でした。ならば、手足や胴体をアサリでつくれれば、どなたでも自宅でチャレンジできるのではないか!身は味噌汁やスバゲティーで美味しく食べて、残った貝殻で動物がつくれるのだからまさに一挙両得、一石二鳥。それにサイズや柄が千差万別ことも大きな魅力ですね。
 園の古株のチンパンジーは、江戸町人文化の「根付」イメージを下敷きにしました。新シリーズでは赤べこなど「郷土玩具」の愛らしさをひそかにねらったのですが、いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

千貫堤・瀬戸染飯伝承館 藤枝

121124 仕事で藤枝市内の旧東海道を走っていました。松並木に感心しながら運転をしていると、「千貫堤・瀬戸染飯伝承館」の小さな案内看板。初めて見る名前ですが、何かあるようなので寄ってみました。
 「千貫堤」とは、大井川の氾濫から村を守るために江戸時代初期に作られた堤防なのです。全長500m以上の大きさだったそうですが、現存するのはこの伝承館のまわり、65mだけ。そんな地元の史跡を語り継ごうとできたのがこの伝承館でした。
 また、染飯(そめいい)は戦国時代から続く東海道の名物のクチナシで染めた餅みたいなものです。市内で現在も食べられるようで、今度私も食べてみたいな。
 正直言ってこの伝承館、一日どれぐらいお客が来るのかしら。失礼ながら少ないと感じましたが、それでも担当者が付いて地域文化を語り継いでいる姿勢に敬服です。偶然見つけた所でしたが、よい想い出でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

なんだこれ??その2

121203_4 この時期、朝の日の出の頃にクモの巣が輝いています。夜のつゆがたっぷり付いていて、それが朝日に反射しているのですね。葉っぱの落ちた木も写真の通り。昼間見るとただの落葉した木なのですが。
 その他にも電線などにも数え切れないほどクモの巣がくっついています。寒い季節ですが、彼らもがんばって生きているのですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

なんだ?これ??

1 なんだ、これ?ツノが出いるみたいで、なんだか戦闘的な形のイメージですね。
2 チョビット引いた写真でもよくわかりませんな。
3 正解は・・・タマノスケクンの背中についた草の実でした。秋は、こんなのをたくさんつけてネコたちは帰ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

大七

121129_2 昨日の記事に写っていた酒の中にある「大七」。福島県の酒ですが、私が小学生の頃、昭和40年代の前半ですが、オヤジの実家である宮城県へ行く際、東北本線の車窓から「大七」と書かれた大きな看板を、田んぼが広がる中でよく見かけたものです。
 毎年、夏休みは一ケ月近くお世話になりました。そんなガキの頃の記憶を懐かしく思い出しながら飲むとしましょう。大吟醸だし、楽しみだわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

県ボラのバザーで購入♪

121129 静岡県ボランティア協会では、毎年年末などにバザーをいます。いろんな物品の寄付を募るのですが、「お酒が出れば全部買いますよ」と伝えてあり、毎年、あるだけ全て買ってきます。そして、今年のバザー終了後に残っていたナインナップはこれ。日本酒の他に、スコットランドウイスキーとタイの酒がありました。タイの酒は米焼酎かしら。とにかく、しばらくは楽しめますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 シンデレラの馬車

347dm 以下、かいのどうぶつえん園長のコメントです。

 魔法が解ける直前、かろうじてシンデレラを乗せた華麗な馬車は全力疾走!けれど深夜12時の鐘とともにみすぼらしい姿に戻ってしまいます。娘もかぼちゃもネズミも元の木阿弥なのに、なぜ階段に置き忘れたガラスの靴だけが大丈夫だったのか?とつまらぬことを考えながら、今やパブリックドメインになったディズニー映画を繰り返し眺めました。
 さて、次週からは新館の動物たちをご紹介する腹づもりです。でも、間に合いますかどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

静岡県内地域防災の日

121202 12月の第一日曜日。静岡県内では、各地で地域防災訓練が行われます。我が河内地区でも100余名が集まり、訓練が行われました。昨年は震災があったので、もう少し参加者数が多かったような。それでも寒空の下、世帯数と同じぐらいの数が集まりました。
 寒かったですが、炊き出しのブタ汁がとても美味かった。大鍋で作ると、何故ああも美味しいのでしょうね。鍋で炊いたご飯も、少しシンがありましたが、おにぎりにして、美味かったです。できれば、本番がない方がありがたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

静岡市役所本館

121127_2 静岡市役所の本館は昭和9年に建てられて、ほぼそのまま原形をとどめて現在まで立っています。文化庁の有形文化財にもなっています。現在は静岡市議会などが入っていて、現役で使われております。ちなみに、奥に建っている建物は静岡県庁別館。
 たまたま市役所の隣のビルに仕事で伺った際にきれいな写真が撮れました。ちなみに建物の両側の空に飛行機雲みたいに写っているのはこちらの部屋の蛍光灯が窓ガラスに映っているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

バクダン??いぇいぇ、冬瓜です

121125 あまりのでかさをもてあまし、「ニワトリにでもあげて」と近くの農家からいただきました。体重計に乗せたら、12キロ半ぐらいあります。ニワトリにあげるのは簡単だけどもったいないな。これから冬瓜の美味しい季節だし。しかし料理したら何人前できるのかな??
 土曜日に近所のお宅で「収穫祭」をするのでその時の参加者で分けることにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

河友会忘年会

121201 先日、河友会で忘年会を開きました。会場はお食事処「茶茶」。
 我が地域でも青年団はずいぶん前に崩壊し、若い元気のある男どもが集まる場がなくなっていた所に、「も一度集って楽しもう」と、もう20程前に河友会はできました。今では、盆踊りの運営がほぼ唯一の任務、みたいな感じですが、やはり、地域にこのような集団は必要ですよね。
 しかし、ここでも問題は高齢化。私も結成当時からメンバーですが、かなりの数のメンバーがそう。ということは平均年齢は20近く上昇していることになるな。それでも少しずつ30代40代のメンバーも集まっています。なんとか続けていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

布沢川ダム中止の影響

121130 ダム建設中止という民主党の政策が地元に与えた影響として、中日新聞が静岡県内唯一のダム建設中止となった、布沢川ダムを記事にしました。11月30日朝刊です。
 私の意見も載りましたが、新聞の一面トップ記事に名前入りでコメントが載るというのは、多分人生で最初で最後でしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

亀裂は段々・・・・

121129 毎週こそこそにまとまった雨が降ります。先週は26日の月曜に降りました。その後に見に行くと、あらら・・・完璧にずれ落ちてしまいました。台風が来ない今の内に直さないと、来年になると大変じゃ。
 本当に一雨ごとに被害が拡大していくのがよくわかります。今月に修復工事に取りかかるようですので、早く直しておくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

やませみの湯源泉

121125_3 先日のやませみの湯祭りの際に温泉の会長が持ってきたのがこれ。初登場です。ポットボトルに入っているので飲みたくなりますが、飲むのは不可。少し残念。
 でも足湯にしたり、家のお風呂に入れれば、ちょっぴり温泉気分が味わえます。販売はまだだそうですが、これも面白い企画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

おめかしパルちゃん

121124 この時期、パル姫を散歩に行きますと、色々な草の実が身体にひっつきます。一つ頭についたので、もう一つ人為的につけてみました。色が華やかならリボンみたいですが、この色ではさえないですな。
 それでも、おめかしをしたパルちゃんはまんざらでもない様子。いや、何もわかっていないだけなのかも知れませんな、笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »