« 名古屋のタクシー | トップページ | 名古屋の白州 »

2012年12月26日 (水)

レクイエム 中沢啓治 さま

 漫画家の中沢啓治さんが亡くなりました。
 私が中学生の頃、人気ナンバーワンの週刊マンガ誌になっていた少年ジャンプに「はだしのゲン」を連載していました。
 少年マンガ誌は娯楽追及第一でしたが、当時のジャンプはそんな中でも、ユニークな作品が多く掲載されていました。例えば、「荒野の少年イサム」は日本人の父を持つ子どもがアメリカの西部でガンマンに育てられる物語り。例えば、「包丁人味平」は今では当たり前の料理漫画の先駆けとなった作品。などなど。。。個性的な作品が揃っていました。
 しかし、そんな中でも「はだしのゲン」は超異色。戦争の実態をもろに少年漫画に取り入れたのは多分、空前絶後ではないかな。あまりのリアルな描写に私もかなりショックを受けた作品でした。掲載を認めた当時の少年ジャンプ編集部もエライ。
 私にとって最初に戦争の悲惨さを教えてくれたのは中沢啓治さん。合掌。

|

« 名古屋のタクシー | トップページ | 名古屋の白州 »

レクイエム(鎮魂歌)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/56394125

この記事へのトラックバック一覧です: レクイエム 中沢啓治 さま:

« 名古屋のタクシー | トップページ | 名古屋の白州 »