« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

時代による咀嚼数

130224_7 時代による食事時間と咀嚼数も展示されていました。見ていただければ、説明は不用ですな。食事にかける時間も噛む回数も劇的に減っています。
 これは、別のところで聞いた話しですが、現在では食事を「苦痛」とは言わないまでも、「めんどくさい」と感じる人が増えているとか。サプリメントでいいならそれで済ませたい、と考えているとか。130224_8
 食事時間や噛む回数が減っているのは、単に柔らかい食べものが増えただけではないかも知れません。130224_9130224_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

懐かしの学校給食

13022426 「学校給食」、と言えば誰もが一言、何か言いたくなるワードです。その学校給食の変遷も展示されていました。静岡県の企画ですので、静岡県で学校給食が始まった時や、米飯が取り入れられた時など、特徴的な「時」を取り上げてありました。まぁ、多分全国どこでも似たり寄ったりでしょうが。
 昭13022444和44年は、まさに私も神奈川県の茅ヶ崎市立香川小学校で給食を食べていた時。バナナは高級品だったな。牛乳は週に一度あっ13022451たかな、脱脂粉乳を毎日飲んでいたな。そ130224_5れと「かんゆう」なるものがあったな・・・と、やはり色々言いた13022416_2いことがたくさん出てきます。
 しかし、今の給食はすごい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

徳川家康の食事は???

130224_2 徳川家康は当時としてはかなり長命で、75才まで生きていました。
 じゃぁ、彼は何を食べていたのか、はとても気になるところですが、当時の記述から浮月楼(「ふげつろう」静岡の料亭、徳川慶喜も居たところ)が再現したものが展示されていました。
 基本的130224_3に一汁二菜程度です。でも家康は「旬」にこだわっていたそうで、質素ですが
、バランスのよい食事、と言えるのでしょう。また、この地で採れるものを好んだようで、「興津鯛」や「折戸ナス」を食べていたそうです。
 静岡大学のグループ発表のところで「折戸ナスは一つで現在の10万130224_4円」とありました。確かに現在のように品種として固定されていないでしょうし、収量も少なかったのでしょう。そう考えると、やはり当時としてはセレブな食卓だった、とも言えるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

2月23日は富士山の日

130224 2月23日はその語呂合わせで「富士山の日」。当日は曇っていて、富士山を拝むことが出来ませんでしたが、その翌日(昨日ですな)は快晴。JR東静岡駅前にあるグランシップの展望ロビーからも美しい富士山が眺められました。
 この23日24日とグランシップでは静岡県の食のイベントが開かれていました。静岡県は特産品が都道府県の中で一番多いそうです。海の幸から山の幸、魚介類・果実から畜産、米に至るまで何でもアリの世界です。一つ一つ取り上げて記事にしていては、それだけで半年はかかりそうです。それでもイベント会場を見ていて面白い話題がありましたので、明日から何回かご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

オクシズツーリズム・ビジネスカレッジ合同発表会

130223 昨年から9ヶ月にわたって開催されていた、「オクシズツーリズム・ビジネスカレッジ」の最終回が昨日行われ、各グループが発表を行いました。私は出席していませんでしたが、この日だけは面白そうなので参加してみました。
 場所は「葵区大河内」。我が家から真富士山を隔てて反対側(真西になるかな)です。地図で見れば直線で約5キロ。すぐ近くですが、道がありませんので延々遠回りをして50キロ以上走らなければなりません。
 オクシズと言えば静岡市の「奥」の地域。井川から梅ヶ島、玉川から大川等々と山里が広がり、我が両河内も含まれます。この日は15グループが発表し、それぞれ地域の特色を生かした「着地形観光」のプログラムを披露しました。
 写真は我がNPO事務局長のプレゼン風景。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

今年も雉がやってきました

130219 正月過ぎると我が家のまわりに雉がやってきます。今年も例年通りで、時々遠くで目にしていました。
 先日の雨の朝、強い雨が降っているので警戒心が解けているのか、すぐ裏の栗畑に来ていました。これから、またにぎやかになるのですな。秋までよろしくね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

これ、なぁんだ???

130220 これ、なぁんだ??友人のフェイスブックの写真に似たようなイメージのものがあり、私も撮ってみました。
 答えは「ブロッコリー」マクロを使って撮ると、また違った感じですね。こんな事やっていると、またハマりそうですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

かいのどうぶつえん新作 猫のキックボード

359dm_2150 以下、かいのどうぶつえん園長のコメントです。

 今朝、森戸神社裏手の海岸を散歩していると、思いがけずもタカラガイをたくさんひろうことができました。海の中は地上より一足早く春が訪れるようで、葉山ではやわらかに芽吹いたワカメ採取が解禁になります。そして間もなく、サクラガイなど数多くの貝たちと出会う好季節となるので、今からワクワクしています。
 今回のキックボード(キックスケーター)は副園長の作。シリーズ化はどうだろう?などと呑気に話していて、はたと気づいたら新作のストックがゼロ。さあ、来週はどうしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

薪ストーブピザ

130217 薪ストーブの火力は強いので、その上でピザが焼けます。先だっても試作したところ、とても美味しい。かえって、薪をくべすぎると火力が強すぎて焦げるのが早過ぎるぐらい。フハフハいいながらビールと共にいただくと、至福の時です。
 囲炉裏の良さ、薪ストーブの良さ、それぞれありますね。冬の楽しい空間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

自在鈎と横木

130216_3 囲炉裏を囲んでいて一番目につくのがこの「魚」。鍋などを架けるところの上に必ずついていますが、火が暴れないように、との守り神なのです。しかし、よく燃えないな。何の木で出来ているのでしょうね。
 また、つるす自在鈎は長さが自由に設定できます1302163が、アナログ的にどの長さにも対応できるのには感心します。本当に庶民の知恵ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

みかんの苗木には葉っぱマルチのお布団

130216_2 みかん山のみかちゃんに先日葉っぱのマルチをしましたが、他の苗木もして欲しそうでしたので、葉っぱを運び込み根元に蒔きました。苗木が嬉しがっているようでした、って私の気のせいかな。みんな早く大きくなぁれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

竹も大変

130216 一昨年の台風15号で倒壊した風倒木の処理をしに山へ入っています。倒木を切っている隣が竹やぶなのですが、竹も倒木の影響を受けてご覧の通り、芸術的に曲がって伸びていました。山へデジカメは持って行けなかったので携帯で撮りました。
 倒木も2年経つとだいぶ固定していますが、それでもチェンソーで切る時には怖いものがあります。竹も必要に応じて切りますが、こちらも跳ねるもので注意が必要です。
 今年は台風の被害がないといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

岩下橋

130215 浜松市の水窪にあるつり橋が突然壊れ、静岡市内のつり橋も緊急点検がありました。
 その結果、我が家の裏にある「岩下橋」が少しやばいぞ、と診断されました。すぐに崩壊するわけではないそうですが、普段パル散歩に使っている身としては心配です。でも、あまり気にせずに今日も渡りました1302152
 日常的につり橋を渡る人、なんて全国的にもかなり少数でしょうなぁ。1302153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

霜柱

1302092 最近霜柱を見ませんね。道は全て舗装されていますし、畑も少なくなってしまいました。要するに土の面を私たちのまわりで見ることがなくなったのです。
 しかし先日の寒い朝、パル散歩の途中に近所の畑で久しぶりに霜柱を見つけました。なんだか嬉しかったです。130209513020941302093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

みかん山から

130211_2 みかちゃんがある興津のみかん山へ行く際の道すがら、眺望が開けたところがいくつかあります。お天気がよければ興津埠頭と三保半島、遠くには伊豆半島が見えます。
 手前にある左右に走っている道は静清バイパス。60年ぐらい前にはその辺りが海岸だったそうです。今ではずいぶん埋め立てられたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

結婚パーティ

130211 NPOのメンバーが結婚しました。結婚式は嫁さんの実家である九州で先月に挙げたのですが、やはり「こちらでもお祝いをやろうや」ということになり、囲炉裏のまわりでパーティを行いました。
 九州土産の酒も旨かったですし、山里にマッチした祝う会となり、楽しい夜は更けていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

かいのどうぶつえん新作 あさり山シリーズ「シカの遠足」

358_2005 以下、かいのどうぶつえん園長のコメントです。

 カバ、キリン、ヒツジにつづく「あさり山シリーズ」の4番手です。10種揃ったら新館を・・・と目論んでいるのですが、いつになることやら。
 一昨日Img_2303は、妙に胸騒ぎがするので海岸にでかけました。案の定、めずらしい極小貝がたくさん打ち上げられているのに遭遇して狂喜乱舞。いつものように一つ一つ拾うのではなく、貝も砂も小石もザックリひとまとめにビニール袋で持ち帰り、
プライベートビーチをつくりましImg_2296た。ところが、学校から帰った若手飼育員たちが、お宝ザクザクの室内砂浜を発見し、たちまち占拠。いまさら領土問題と騒ぎ立てるのも大人気ないので「シカタガナイ」とあきらめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

清水駅はまるちゃんがお出迎え

130202 JR清130120水駅江尻口(西口)駅前整備工事は終了しました。駅からしみず銀座アーケードまでの間にはご覧のようなまるちゃんの絵が。夜になるとライトがつきます。まるちゃんの他にもおなじみの(?)キャラクタが書かれています。まるちゃんは清水(静岡)の顔ですな。1301202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

深夜の火事

130209 その夜は腰を落ち着けて飲み始め、男二人でビールを何本か飲んだ後、ワインのボトルを二本あけて日本酒に移り、途中に薬膳酒をなめて、シメに再びビールと、なかなかの盛り上がりで、2時頃床につきました。すぐさま「怪獣グースカ」に変身したのですが、、2時半にけたたましいサイレンの音。「おぃおぃ火事だよ!!」1302092と酔っぱらいの頭とコンタクトが入っていない目で寝室の窓を見ると、磨りガラスを通して、真っ赤ではないですか。「うわぁぁ、すぐそこだよ!!!」。我が家から500mほど離れた家でした。燃えさかる炎もさることながら、木材の焼ける「パチパチ」という音がとても大きく聞こえ、恐怖でした。幸い無風だったので裏山の枯れ草や130210隣家に延焼せず、それは幸いでしたが、火元の部屋にいた男性が亡くなってしまいました。地区の盆踊りを企画する河友会の一番若いメンバーの一人だったのに。合掌。。。。。。。。
 実は我が家も約20年前に火を出して、家を全焼してしまった経験があります。それからは火事の時のサイレンを聞くと動悸が最高に高鳴ります。本当に火事は恐いです。皆さん、本当に気をつけましょうね。
 写真は2月10日付け静岡新聞朝刊。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

130202_2 先日、雨降りの日。雨が小降りになり、日が差し始めたらきれいな虹が我が家から見えました。虹、と言うと遠くにできるイメージですが、よく見ると裏の山より手前にできています。
 見ているとこの虹の上にももう一つ虹が架かり、二重になりました(これは写真で上手く撮れませんでした)。
 数分で薄れて消えてしまいましまう、刹那の芸術でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

日本人の矜持

130131 昨日、2月7日は「北方領土の日」。何故、2月7日かといいますと、日露和親条約が締結された日なのです。
 この条約締結はロシアのプチャーチンと幕府の川路聖謨がそれぞれ全権として、交渉が行われました。その最中に安政東海地震が起こり、ロシア船のディアナ号が下田で津波により沈没してしまいます。そこで、日本初の洋式造船が始まり、完成した舟は「ヘダ号」と命名されます。何故って作られたのが戸田港だったのです。
 写真はその戸田港。ここで150年以上前に舟を失ったロシア人のため、日本の船大工達が懸命に造船していたのです。私にとって、とても好きな幕末のエピソードの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「犬のフラフープ」

357_2050 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 孫娘たちが興じているのを見て副園長が制作した新作です。日本でフラフープが大流行したのは1958年(昭和33)のこと。記録によると、価格は大人用270円、子供用200円だったそうです。品不足もあったでしょうが、かけそば1杯25円、食パン1斤30円の時代。生意気盛りの小学5年生が必死にねだっても、そう簡単に買ってもらえるはずもなく、仕方なしにゴムホースを切り取って怒られたり、竹でつくったりしました。ちなみに、副園長の質問で調べてみると、ダッコちゃんは2年後の発売で価格は180円。残念ながら女子世界のことなので、偽物が横行したことしか覚えていません。さて来週は・・・?まだ、頭がまわりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

ろうばい緑茶

Photo_4 梅の便りが聞こえ始める頃ですが、写真は近くのお茶農家で作られた、「ろうばい緑茶」。
 お茶の葉に梅の花が混ざっているだけ、と言われそうですが、梅の花の白が変に変わらぬよう、湿気もお茶に影響しないよう、と色々試行錯誤があったようです。こんな方法を、あんな方法を、とできるまでの過程を飲みながら聞いているだけで、小一時間は経ってしまいます。
 飲んでみましすと、ほのかに梅の香り・・・と書きたいところですが、正直言ってあまり香りはしませんでした。ただ、湯飲みに梅の花が浮かんでいるのがユニークです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

薬膳ピザ作り、第二弾

130203npo_2130203npo2_2 皆さまご期待の薬膳ピザ作りも行いました。
 自作のピザ釜で焼くのですが、焼き加減というか火加減も難しい。トッピングのチーズが溶ける前にピザの生地が焦げてしまってはいけません。また、トッピングも欲張って大盛りにしすぎると上手く食べられません。沢山盛
130203npo3_2130203npo4_2りつけたいところですが、その加減が難しい。
 そして、肝心の「お味」ですが、熱を加えるのでやはり薬膳の風味はかなり飛んでしまいます。ワサビなどはコラショと下ろして乗せても・・ほのかに香る程度。そ
130203npo5_2んな130203npo6中、意外といけたのが、ラッキョウ。
 このラッキョウ、畑の整備中にメンバーが見つけたもので、今の時期、まだ太ってはいません。エシャレットみたいな感じです。しかし、これがなかなか味や香りを主張していて美味かったのです。これからも試作をして、130203npo7春の森林公園祭りの時に販売する計画です。あぁ、よく食べました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

NPO初作業、畑の作りと山の整備

130203npo130203npo2130203npo3130203npo4130203npo5 NPO複合力の初めての事業が行われました。集まったメンバーは焼く25名。作業の内容は畑作りと山の整備です。
 畑は近所の方のご協力で借用できた一反分ぐらいのもと田んぼだったところです。10年以上耕作されていなかったので、とにかく雑草の根がすごい。事前に耕耘機でうなった畑から、根を拾っていきます。雑草の根はいくらでも出てきますので、キリがない感じですが、それでもだいぶきれいになりました。
 山の整備は遊歩道を作る計画をしている山の斜面の植林を間伐した杉の枝落としと玉切り。こちらは午後に若いメンバーを中心にして作業にあたりました。私もチェンソーを振るっていたので、写真を取り損ねました。また、いずれ山の様子は撮りましょう。
 そして、女性陣を中心にお昼作り。労働の後の昼食は美味いものです。そこではお待ちかねの薬膳ピザが登場。と、それは明日にしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

もう一つの土肥金山 龕附天正金鉱(がんつきてんしょうきんこう)

Photo_32_33_34_25 土肥金山、といいますと、世界一大きい金塊が展示してある「黄金館」が有名ですが、その隣にもう一つ金山の展示があります。黄金館は三菱マテリアルが出資した大手企業による施設ですが、龕附天正金鉱(がんつきてんしょうきんこう)は全く「個人がやっている」感じの施設です。実は私も今回までこの施設を知りませんでした。伊豆で一番古い、天正五(1577)年に発見され金の産出が始まったそうです。
 また、今でも鏨(たがね)を使って金を掘る体験ができます。電気もない時代に松明の明かりだけでこんな狭い穴の中、よく掘ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

爪木崎 柱状節理

Photo_2 早い春を体感しに伊豆へ行ったのですが、花より興味のある対象に目がいきます。
 これは爪木崎の先端の海岸風景。「柱状節理」といいます。地球が作り出した芸術ですな。江戸時代にはこれを切り出して、出荷していたそうです。江戸などで石垣になったり、建物の基礎などに使ったの3_2かな。
 伊豆半島はジオパークとしてもこの自然をPRしています。南の地域からプレートに乗っかってやってきて、日本にくっついた伊豆半島。地質的にも見どころがたくさんあります。
2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

爪木崎の水仙畑

Photo2 伊豆半島へ行ってきました。下田の爪木崎は水仙が満開です。満開、というより、そろそろ花は終わりの時期です。アロエの花の赤と水仙の白とのコントラストもきれい。
 アロエにはメジロが来て、花の蜜を吸っていました。やはり34暖かい所だな。お天気がよければ空と海の青さをバックに一層花が引き立ちます。早い春を体感するには一番よい所です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

晴天の富士山

130127 先日の日曜日、富士市へ行きましたが、最高の快晴でした。会場の冨士フィランセの4階からも朝から夕方まで、富士山がくっきり。
 誰もが、富士山を見ながら写真を撮っています。こんな日は、一日で何万枚も富士山は写真を撮られているのでしょう。
 やはり、撮りたくなりますよね。13012731301272

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 熱気球2号、3号

I354_0090 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 今回の熱気球は、制作にかなり時間がかかりました。イメージの根っこにあったのは何十年か前に読んだ梅棹エリオさんの著作。このメールを書きかけて、念のため書棚を探しても見あたりません。
しかたなくネットで検索し重大な記憶違いに気づきました。本のタイトルは『熱気球イカロス5号』で1972年発行。勘違いしていた『翔べイカロスの翼』は1978年発刊(草鹿宏著作)、1980年に映画化(主演:さだまさし、主題歌:「道化師のソネット」)でした。
というわけで、今朝はメール内容の軌道修正に大わらわの遅延・低空飛行。でも、操縦ミスで墜落しなくてよかった(独白)。ところで熱気球の進路は?もちろん、ギリシャ神話の世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »