« 爪木崎 柱状節理 | トップページ | NPO初作業、畑の作りと山の整備 »

2013年2月 4日 (月)

もう一つの土肥金山 龕附天正金鉱(がんつきてんしょうきんこう)

Photo_32_33_34_25 土肥金山、といいますと、世界一大きい金塊が展示してある「黄金館」が有名ですが、その隣にもう一つ金山の展示があります。黄金館は三菱マテリアルが出資した大手企業による施設ですが、龕附天正金鉱(がんつきてんしょうきんこう)は全く「個人がやっている」感じの施設です。実は私も今回までこの施設を知りませんでした。伊豆で一番古い、天正五(1577)年に発見され金の産出が始まったそうです。
 また、今でも鏨(たがね)を使って金を掘る体験ができます。電気もない時代に松明の明かりだけでこんな狭い穴の中、よく掘ったものです。

|

« 爪木崎 柱状節理 | トップページ | NPO初作業、畑の作りと山の整備 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/56672110

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの土肥金山 龕附天正金鉱(がんつきてんしょうきんこう):

« 爪木崎 柱状節理 | トップページ | NPO初作業、畑の作りと山の整備 »