« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

ツクシ

Photo_2 3月も半ばを過ぎればツクシも一斉に伸びてきます。
 このツクシ、食べられますが、調理するのかどても面倒です。付いているハカマを全部とるのですが、やたらと手間がかかります。そして、取り終わって茹でてみると、できあがる分量はごくわずか。それでも苦みはやはり春の味。日本酒に合います・・・と、やはり話しは酒になったしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

ジャガイモを植えつけました

130325 NPOの畑、先ずはジャガイモを植えつけました。保温と草取り作業の軽減のためにビニールマルチを使用しました。
 男爵とメークイーンとキタアカリ。ジャガイモは比較的早くとれるので、収穫第一号もジャガイモさんになることでしょう。楽しみなことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

お花見

130324_3 杉の伐採作業が終わった後は、みんなでお花見。ちょうど、桜の花も満開で、僕らを待っています。
 飲み始めれば、「膝が痛くて水を抜いた」だの、「最近、腹が出た」だの、どうもジジィ臭い話題ばかり噴出します。それでもこだわらずにドンドン飲み進めると、やはり屋外での酒は最高の気分になります。1303242
 花見会場
は農道の脇ですので、車も通ります。みんな僕らを見てほほえんでいきます(あきれている、といった感じもありましたが)。時にはイヌもにおいに釣られて乱入してきました。まぁ、花見の席ですので許してあげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

みかん山、杉の伐採

130324 みかん山仲間のひろしくんは山に畑を作っています。そこに日陰になる杉の木が何本かあり、「切ってしまおう」、と相談の末に決定しました。
 多分、杉は植えてから数十年は経過しるだろう幹の太さがあります。木の下には農道が走っていますし、隣は別宅のみかん山。当然、やたらと倒すわけにはいか130324_2ないので、慎重に、慎重に。一本ずつていねいにチェンソーで切り進めていきます。
 結果、とて
も見晴らしもよくなりました。何とか予定時間内に作業も完了し、ホッ。その後は、お楽しみ会へと進むのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

コブシも満開

130320 河津桜が咲き始めると、コブシも満開になります。東名と新東名をつなぐ高速道路の「清水いはらインター」近くでも毎年満開になります。
 白くてきれいは花ですが、数日すると茶色に変わってきます。コブシさんには悪いですが、美しい風景ではありません。パッと散らないところが、桜に比べて話題にならない原因ではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

カキチシャも大きくなりました

130321 3月11日にポットに植えかえたカキチシャ。2週間ほど経ってずいぶん大きくなりました。お彼岸も終わったので、そろそろ畑に定植する時期です。今年は24株で、慎ましいものです。それでも沢山食べることが出来ます。定植をすれば一ヶ月もすると食べられそうなので、楽しみですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

やすらぎの森、河津桜満開

1303171 先日のやすらぎの森桜まつりの時、本当に河津桜は満開でした。
 今回の写真はやすらぎの森を一望できる山の斜面から撮ったものです。ここ、単なる植林の山なのですが、ちょうど下の風景がよく見えるところなので、NPOの理事長が個人的にボサボサした雑木などを片づけたのです。お陰で、きれいな写真が撮れます。
 この1303172場所まで、10分程度獣道のような山道を登って行くのですが、知る人ぞ知る穴場です。といいましても、誰も知らないだろうな。1303173

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 跳び箱

363dm_2660 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 ジャンプの得意なサルと、短足ながら懸命に飛ぶイヌとの、宿命の跳び箱競争。はたして勝者は?今回は副園長の作です。
 園長は、昨日(8日)鶴ヶ岡八幡宮での「献香式・香席」、明日(10日)は長谷寺での「東日本大震災復興祈願 万灯会」に出かけます。未曾有の大災害からもう2年、まだ2年・・・。なかなか言葉になりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

椿も満開

130316_2 暖かくなると、色々な花が咲いてきます。庭の椿も満開です。椿は、ボトッと花が落ちます。まだきれいなのにな、と拾って並べてみました。パルも暖かな日差しの中、まどろんでいますので、一緒に写真を撮ろうとすると、起きあがってやって来ます。何か面白いことがあると思うのでしょうかね。従ってこんな写真になってしまいました。まぁ、よしとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

畑を耕す

130316 土壌改良材を撒いたNPOの畑をうないました。
 やはり、耕耘機は早い。実は私、耕耘機を使うのは20年ぶり。久しぶりです。この耕耘機も数年使われていなかったようで、畑仕事の復活に伴って現役復帰の運びとなったのです。
 これから、耕耘機さんにもお世話になることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

竹細工

1303161 ぼちぼちタケノコのシーズンが近づいてきました。今年は裏年なのかな、なかなか出てないよ、との話を聞きます。
 そんな中、近所の農家に行きましたら、竹を使った作品が庭に色々ありました。やはり青い竹を使った作品は美しいです。
13031631303162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

エンドウ豆も定植

130313_4 お彼岸季節になると、畑仕事も忙しくなってきます。我が畑ではエンドウ豆も定植しました。
 エンドウは秋に植えて冬を越させる栽培方法もありますが、今までの経験で言うと春に植えても、あまり変わらない感じです。何となく、冬の寒さを越させるのが可哀想な感じがして、今年は全て春植としました。さて、成績はどうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

NPO畑の土作り

1303151 NPOで耕作する畑に土壌改良材を撒きました。
 杉やヒノキの木を粉砕したチップです。発酵してして、もう半分土になったようなもので、ありがたい材料です。
 土嚢袋で約1トン入る、「トーンバック」と呼ばれる袋に詰められて12袋。篤志家の方から譲っていただきました。感謝感激雨あられ。
 しかし、1303152袋から出して、畑にまんべんなく撒くのもなかなかの仕事。一輪車を使って力を合わせて進めます。1303153
 これで耕せば、休耕田も復活することでしょう。植えつけ作業も迫っていますので、仕事を進めなければ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

河内の桜並木

130316 我が家の前から始まる、河内バイパスの桜並木。植えてからそろそろ20年になるかな。だいぶ大きくなってきました。
 100本意城あるサクラですが、中に3本だけ早咲きのものがあります。多分、染井吉野を植えたつもりで中に河津桜が3本混じっていたのでしょう。その早生品種だけがただ今満開。毎年のことですが、この桜が花をつけると、春を感じる一つの風景となります。
 しかし、苗木の時はわからないのでしょうね。ポツンと咲いているサクラ・・・今となっては、これはこれで面白い風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

清水森林公園桜祭り

130317npo6 3月17日に清水森林公園やすらぎの森で桜祭りが開かれました。
 毎年今頃行われ、ほとんど河津桜にもまだ早い、といった感じなのですが、今年は見事に満開。
 NPO複合力も参加し、ミネストローネのスープとピザ作りを行いました。ピザの出店はあまりあ130317npo1_2130317npo2りませんので、結構人気があり、用意していた材料はお昼までには完売。私自身も一番最初
に焼いた試作を一切れ食べただけで、二種類のピザを両方食べたかったな、との本音、笑。次回の企画時には、もっと準備しよう、との声もありました。130317npo5130317npo4130317npo3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

しみず地球元気村ファイナル

1303161 しみず地球元気村という企画がありまして、もう20年以上続いています。私のいる両河内の西里を活動のベースとして、年一回のペースで町場から人を呼んで色々やっていました。それが、とりあえず一区切りつけよう、と「ファイナル」として、今回実施されました。
 清水は130316230年近く前から、みなと祭りの歌で「宇崎竜童」氏が曲を複数作っていて、その関係で、元気村にも
宇崎氏が関わっています。今回、ファイナル、ということで宇崎竜童の特別ステージがありました。
 ステージ前に挨拶をして、握手をして、おしゃべりをして、着ていたジャケッ1303163トの背中にサインをもらって、終わってからはシシ鍋を一緒に食べて、とフレンドリーな企画でした。集まったのはやはり50代以上がほとんど。ギター一本で1時間半、力一杯のステージで、約100人の観客を大いに湧かせました。
1303164 新聞切り抜きは、3月17日静岡新聞朝刊です。130317


| | コメント (3) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「ダーツバー」

362_3001 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 今週は、みかん山館の農園主からヒントをいただいた新作です。最初は時代遅れの酒場「居酒屋兆治」(作:山口瞳)をイメージしていたのですが、つくっているうちにどんどん気がかわって、最後はダーツバーに化けてしまいました。ポイントは、くだを巻く酔客とクールなバーテンダーの対比・・・むずかしいですね。純和風の居酒屋は次回に持ち越しです。
☆「みかん山館」ご紹介コーナー

http://www.zoo-shell.com/orange_top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

梅の花茶

130313_3 我が家の庭にある梅も沢山花をつけています。その花を摘んできて、お茶に入れてみました。お茶を入れる際に茶葉と梅の花を混ぜたらよい香りです。ガラスの湯飲みに入れてから花を落とすと、更に、春のお茶となりました。
 桜より、梅の方が香りがありますね。これ、なかなか楽しめます。森林公園のさくら祭りで振る舞うかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

伊佐布の桜

130313_2 伊豆では河津桜が話題になり、連日観光客がつめかけているようですが、清水でも伊佐布にある桜が満開。いつも街へ行くたびに通る道沿いで、楽しませてくれます。ただ今ご覧の通り。
 上は東名高速と新東名を結ぶ高速道路。24時間ひっきりなしに車が駆け抜けていきます。でも、道路が出来て風景が変わっても桜は毎年春に咲くのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

日だまりの二人

130308 3月に入り、日差しも暖かくなってきましたが、昼間のベットの上はおネコさん達のお昼寝の場所。
 写真はタマノスケとハーティ。一緒に生まれてきた兄妹(姉弟?)ですが、仲がいいのです。しかし、何とも暖かそうなポーズ。見ているだけでこちらも眠くなってきます。春ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

ふきのとうピザ

130311_2 新しいピザ釜で作ってみたのは、「ふきのとうピザ」。味噌ベースのソースを作り、焼いた後にふきのとうを散らしました。最初にトッピングしたから焼いてみたら、熱でふきのとうの風味がなくなってしまい、失敗。失敗したのもしっかり腹に入れて、再び挑戦。何度か作り、ソースやチーズの量もだいたい見当がつきました。
 他にものんびるやタケノコのピザも考えています。「やみつきになる美味さ」には、残念ながら届きません。も少し工夫の余地はありますが、色々これからもやってみましょう。
 写真を見て、「葉っぱがふきのとうじゃない」と感じたあなたはエライ。散らしてある葉は「スイバ」です。この時期に休耕田などで青々としている、柔らかい野草です。そのまま口にすると微かに酸っぱい感じがするのですが、さすがにピザに散らすとわかりません。まぁ、色合いですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

二台目のピザ窯

130311 NPOで作った、ドラム缶のピザ窯。今度の日曜に、やすらぎの森さくら祭りがあり、そこで出店するために、もう一台作りました。
 近所の方からドラム缶をわけてもらい、電動工具で加工するのですが、二台目となると慣れたもので1時間ほどで完成しました。
 ドラム缶も以前に比べると肉厚が薄くなったとか。確かに、昔は空でももっと重かったような気もします。
 完成した後は、どりあえずピザの試作。祭りに出すピザを作ってみました。何のピザって??それは明日のお楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

カキチシャ

130308 暖かくなり、春を感じさせる季節となりました。そうなると、畑仕事も忙しくなります。私の畑の春はレタスとカキチシャです。とにかく、この時期のものは病害虫が出ないので無農薬でもやっていけます。
 小さなポットで大きくした苗を大きなポットに植えかえました。これで半月ぐらい管理をして、畑に定植します。そうすれば5月の連休頃から7月まで毎日食卓は朝昼晩とサラダ大会になります。また、畑仕事も一年の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

大島梅林も咲き出しました

130308_3 我が家の裏にある「大島梅林(勝手に付けた名前です、笑)」。3月に入ってからの暖かさで一気に咲き始めました。
 昨年もここで梅の実を拾いましたが、10キロ以上集めました。全て梅干しにしましたが、ただいま美味しくいただいております。全部拾いきれないぐらい沢山落ちていたのですが、欲を出してもっと拾えばよかったかな。
 今年も沢山実をつけてくれると嬉しいなぁ。楽しみにしていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

復旧工事が始まりました

130308_2 以前から記事にしている大平南の興津川護岸崩落現場ですが、復旧工事が始まりました。護岸の石垣をかなり広範囲にわたって撤去しました。また新しく作るようです。工事途中に大雨が降らないことを祈るばかりです。
 しかし、古くなってきた公共物を維持管理していくのがこれから、本当に
大きな課題です。この場所は早々に直りますが、まわりもいつ崩落してもおかしくないのでしょうから、イタチごっこがこれから何十年にわたって続くのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

恐るべし、ストリートビュー

130308 グーグルが提供しているストリートビュー。個人情報が何たらかんたら、と話題になりましたが、東京や大阪などの大都会のサービス、と思っていました。事実、以前に茅ヶ崎の私の実家周辺を見ていましたら、幹線道路はサービス対象内でしたが、実家のまわりの小さい道は対象外でした。
 我が両河内がストリートビューに出るようになるには10年後だな、と思っていたのですが、先日ひょんな事から見たら、あららら、我が家の前の市道もサービスされているではありませんか。こんな田舎まで、よく来たものです。畑の状況などから見ると昨年の8月頃撮られているみたいですが、全く驚きました。
 パル姫が写っているかな、とよくよく見てみましたが、昼寝をしているのか、写っていませんでした。これは残念。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

西河内小学校寄席??

130307 西河内小学校では毎月、絵本の読み聞かせをやっています。そして3月には毎年、卒業する6年生を対象に「落語会」が開かれます。
 演じる落語家は、我が家の向こう隣のにわか師匠、杉山孝さん。今年の6年生は何と6名。それも一人欠席していて、観客は5名と先生方。それでも師匠は「平林」を熱演し、子ども達にもウケていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

かいのどうぶつえん新作 「カンガルーのボクシング」

I361dm_2630 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 小学校低学年の頃、父の自転車の荷台に乗せてもらい、逗子駅前で街頭テレビを観た記憶がのこっています。黒山の人だかりで小さな画面。大人の後頭部ばかりが目立ちましたが、レスラーやボクサーの動きがとても目に鮮やかで興奮しました。
 60年も昔のことで、それまでは相撲も野球もラジオが主役。アナウンサーの声だけが頼りのイメージの世界でした。直接ビジュアルで迫るテレビのパワーは圧倒的で、あっという間に家庭に浸透したのもうなづけます。とはいえ、聴覚から視覚へと進化したものの、何かが退化した気がしないでもありません。

Img_3115_3Img_3131 さて、昨日は、ほんの散歩のつもりで出かけた海岸で無数の貝たちが出迎えてくれました(写真2点添付)。領有こそしていないものの、こんな素晴らしい海岸をプライベートビーチとして(心情的に)所有していることの贅沢さを噛み締めているところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

イノシシ肉

130305 食べ物ネタが続きますが、あしからず。
 今回はご近所からイノシシ肉をいただきました。もう野菜と混ぜてあって味も付いています。このままあとは焼くだけ。ありがたいいただき物です。
 イノシシ肉は固いだの臭いだのイメージがありますが、そんなことはありません。まぁ、少しはありますが、「そんなもの」、と考えれば許容範囲です。家のまわりも駆け回っていたのか、と思えば、親近感も湧きます(湧かないかな)。
 とにかく山の生活でいただける、タンパク源です。美味しくいただきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

コノシロ

130224 先日、近所の方から「コノシロ」を十数匹いただきました。よく寿司にも出てくる「コハダ」はこの若魚です。酢でしめたりするのに、三枚にするのが私は不得手ですので、とりあえず腹を切って内臓を出し、塩をまぶしました。結局、全部焼いて食べましたが、小骨の多いこと。でも、「骨を強くするため」と言い聞かせて、よくカミカミしていただきました。
 海の幸も豊富なのが静岡県です。美味かったわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

静岡の酒

130224 静岡県は日本酒の宝庫でもあります。私も静岡に越してくるまでは知りませんでした。細かい話しをし出すとキリがありませんが、先ずは「静岡酵母」の貢献がすごい。それと最近は「誉冨士」という米が静岡酒の質を押し上げています。
 静岡県で作られた酵母と静岡県内で栽培されている米を使った酒なのですが、蔵元によって味が違います。それがまた面白いところ。やはり飲み比べたくなりますな。
 誉冨士は平成17年に種苗登録が申請された(正式な品種登録は平成21年)米ですので、まだ新しい品種です。それでも静岡県内に30近くある蔵元の内、23の蔵元で使われています。誉冨士を原材料とした日本酒には、必ずその酒のラベルとは別に「誉冨士」と書かれたシールが貼られているか、ラベルに表示があります。やっぱり、23全部飲んでみたいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

かいのどうぶつえん新作 ラクダのキャラバン

360dm_2352 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 貝ひろいの帰り道、広大な別荘跡で分譲工事が行われていました。庭に掘られた深い溝をのぞくと、底の底まですべて砂。海を見下ろす小高い丘が、実は砂の山だったのですね。そうか、緑あふれる葉山の大地も一皮むけば、鳥取と同じ砂丘だったんだな・・・と気づいたとたん、あれこれ数珠つなぎに思い浮かんで立ち止まってしまいました。「砂の女」(安部公房)のラストシーンのこと。大好きな漢詩の一節「酔臥沙上君莫笑」のこと。夢ふくらむシルクロードのこと。はっと気づけば副園長の背中がはるか彼方です。あわてて後を追い、家にもどって隊商の絵(平山郁夫)を頭の片隅に、一気呵成につくった360回目の新作です。
 涼州の詩  <王 翰>
 葡萄の美酒夜光の杯 飲まんと欲すれば琵琶馬上に催す
 酔うて沙上に臥すも君笑うことなかれ 古来征戦幾人か回(かえ)る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

二ノ宮神社、春の祭礼

130224113022421302243 我が河内の二ノ宮神社で春の祭礼が先週の日曜にありました。我が地区が担当ですので、準備をしたのですが、私は行けずに、祭礼から参加しました。
 しかし、風が強く寒い日で、なおらいでも酒が進まず、なんとも健康的な祭りとなりました。
 それでも、ワイワイやっていると、神社の神様も喜んでいる・・・ような気がしました。
 写真のお供え物の左側に空いているところがありますが、そこには二段重ねの餅が供えられていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »