« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

遅霜の被害

13041611304162 先日の遅霜は、一部地域ではかなり深刻な被害です。アップの写真は遅霜がおりたあと、数日してから撮ったもの。茶色くなった芽はもうお茶になりません。被害がひどかった農家で聞きましたら、「こんなのは初めて」とのこと。
 遅霜対策のために「防霜ファン」が設置してある茶畑が多いのですが、今回はその防霜ファンも効き目がなかったようです。防霜ファンは逆転層になって上空にある暖かな空気をファンで地表に送って霜を防ぐ仕組みになっていますが、今回は全体の空気そのものが冷たく、ファンを回しても効果がない気象条件だった、と言っ130426ていました。
 上から撮った写真は吉原地区の遅霜被害の様子。黄緑のところは霜の被害がなく、若芽が伸びていますが、緑が濃い部分は遅霜で新芽がやられてしまった部分です。防霜ファンが効かなかったことがわかります。吉原地区は私のいるところに比べてずいぶん暖かいのに、この被害です。
 「八十八夜の別れ霜」と当地区では言いまして、八十八夜の頃に最後の霜が来ることがあります。今年は・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

駿府城公園入口

13042311304232_21304233 静岡市内中心にある駿府城公園。昨年の4月1日に「駿府公園」から「駿府城公園」になりましたが、公園の表示はしばらく「駿府公園」のままでした。
 先日、時間があったので駿府城公園をぽこぽこと歩いていましたら、表示が変わっていたことに気がつきました。いつ変わったのでしょうね。名実ともに「駿府城公園」になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

タケノコの収穫

130416 今年はタケノコの出が悪くて品薄なせいか、タケノコの値段が比較的高値で推移しています。
 両河内のタケノコは築地の市場でも評判がよいようですが、その選別は厳しい規格があります。穂先の色が黒すぎるとダメ。根の切り方も方法があり、大きさも10種類以上に分けられています。正直言って色や大きさは味に関係ないですし、切り落とした根も食べられるところです。他の農産物も同じですが、先ず「見た目」が評価されるのですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

駿府城公園のサツキ?ツツジ?

1304232 駿府城公園のまわりのサツキ?ツツジ?も満開です(すみません、どちらかわからなくて・・・)。お堀の水面に映った花もきれいですね。青空だったらもっとよかったのに、写真を撮った日は残念ながらドンヨリなお天気でした。
 今年は色々な花の開花が早いですね。嬉しいですが、天候の異常が原因だとしたら、素直に喜べませんな。少し様子を見てみましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

長泉でVJ

130421 先日、静岡県の長泉町のろうあ協会が30周年の大会を行い、ビデオ映像の合成などを頼まれ、うかがいました。
 2台のカメラで演者、手話通訳者を撮り画面の左右に並べて、下にはパソコンで送られる要約筆記を入れ込んで画面を作ります。
 会場には9000ルーメン(だったかな?)のドでかいプロジェクタがあり、映像はきれいに映ります。やはり、道具だなぁ。持ち込んだカメラは民生用のものでしたが、業務用のカメラを使えばもっとクリアだったかな。
 実行委員、要員の皆さまもお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

ブルーベリーの花

0130417 庭のブルーベリーが花をつけだしました。昨年もたくさんとれましたが、今年はどうかな。何本かあるブルーベリーの木ですが、昨年一番収穫できた木が虫にやられてしまいました。とても残念。虫の被害をこれからは未然に防がねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

薬草園本格植えつけ

1304152 NPO複合力の薬草園で本格的に植えつけが始まりました。スペインカンゾウ、ウコン、ガジュツ、サトウキビ、ホソバオケラ、ツリガネニンジン、アマチャ、チガヤ、ハマスゲ、ヒレハリソウ、ゲンノウショウコウ、等々等々書ききれません。・・・。土手などで雑草にように生えているのもあれば、初めてお目にかかるものもあります。中には、アマチャヅルは知っていますがアマチャは初めて、とか。
 北里大学の吉川名誉教授や静岡県立大学薬草園から多大なるご協力をいただきました。ありがとうございます。これから、薬草の世話が始まります。とにかく草取りが第一ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「鉄棒」

367dm_2585 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 367回は副園長作です。前回の「跳び箱」の姉妹版で、いまも人気の「猟犬とウサギ」(102回)の血を引いて、動物たちの動きを表現しています。
近況報告:葉山では桜も散って、心地良い海風と一緒に、夏のイベントや教室の話がたくさん舞い込みはじめています。
 3月に配布された「喜びのタネまき新聞 528号(ダスキン発行:470万部)」では、各地から声が寄せられています。
 先週はオーストラリアから可愛いゲストが再訪(2年ぶり、大きくなりました!)、タツノオトシゴを制作しました。
 さあ、もうすぐ夏だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

黄色い竹林

130418 竹林が色づいています。普通、タケノコがたくさん出て、5月の半ば頃になると、疲れてくるのか、竹の葉は黄色く変わるのですが、今年はタケノコが出始める頃から、もう葉っぱは黄色。こんな事は初めて見ます。どうしたのでしょうか。来年は大丈夫かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

八重の桜

130412_2 ソメイヨシノが終われば、しだれ桜や八重桜が咲き始めます。今年はソメイヨシノの開花も早かったですが、しだれ桜などもずいぶん早く満開となりました。
 写真は近所の八重桜。少し前に撮った写真ですが、やはり桜には青空。よく映えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

お立ち台パルちゃん

130412 我が家の庭に火鉢が伏せておいてあるのですが、いつの間にかパルちゃんのお気に入りの場所となりました。また、他にもこの火鉢と同じぐらいの大きさの切り株があるのですが、そこにもよく登って座っています。
 オオカミが切り立った岩山のてっぺんに立って遠吠えする図はよく見る感じですが、パルちゃんも野生の血が騒ぐのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

ワラビ

130407 この時期、毎年ワラビとりに行きます。今年もたくさん出ていました。タケノコとワラビ、毎年これがなければ春が終わりません。木灰ふりかけ熱湯をかけると、ほどよくアクが抜けます。あまり抜けすぎても面白くありませんので、沸騰状態より少し低い温度の方がよいみたいです。
 ワラビ自体は7月初め頃まででているのですが、まわりの草がガンガン伸びてきて隠れてしまい、誰もとらなくなります。たまには6月頃にもとりに行ってみようかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

興津川鮎遡上

130419 興津川で鮎の遡上が始まりました。写真は静岡新聞4月19日夕刊。
 毎年、この承元寺堰堤での写真が載りますが、上手に撮るものですね。私のバカチョンでは撮れないな。我が家の前にも堰堤があり、やはり鮎ががんばって上っているのが見られますが、とても写真に写りません。
 小さい身体でがんばれ。そして、できれば釣りエサにかからず、子孫を増やして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

昔見た風景は・・・

130410 昨日の記事のスリーハンドレッドクラブから坂道がありますが、ガキの頃よく自転車でくだり下りた坂です。そこから茅ヶ崎の実家のまわりがよく見えます。
 昔、ここから見ると香川小学校があるぐらいで、その手前はほとんど家はなかったのですが、今では空いている土地がありません。海の近くのPhoto方まで見える感じだったのですが、今ではとてもとても。あのころ写真機を持っていなかったので、残っているのは頭の中の映像だけです。少し残念だな。いま、小学生の姪っ子姉妹はそれぞれにデジカメを持っていました。これも時代ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

スリーハンドレットクラブ

130410_5 実家の裏の方にゴルフ場、「スリーハンドレットクラブ」があります。昨日記事の「甘沼水道山横穴墓群」のすぐそばです。ガキの頃、日曜に遊びに行き、コースに入るとエライ勢いで怒られた経験があります。
 駐車場にはベンツなどの高級外車がズラ~と並び、それを見るだけでもカーキチの私には楽しかったものです。時々、当時の首相、佐藤栄作氏がロールスロイスでやって来ていました。ハイビームにしたパトカーと白バイの先導で走ってきたのを二回ぐらい見たことがあります。
 スリーハンドレットクラブも今では当時のような勢いがあるのかな。ゴルフに疎い私にはトンとわかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケノコピザ販売

13041411304142 先日、行われた布沢地区のたけのこ祭り。NPO複合力もドラム缶窯を持ち込み、タケノコピザを販売しました。
 当日はまぁまぁのお天気にもかかわらず、客足は毎年と比べて少ない感じ。二日間開催したためお客が分散されたのか、はたまた直前に東静岡にオープンした大型商業施設「マークイズ」の影響か、わかりませんが、他のブースも竹の子や山菜が売れ残っているようでした。ピザは140枚の販売で、こちらも当初の販売予定数を下回りました。
 しかし、二度目の生産販売で、色々な改善点なども明確になり、次回の企画にも大いに参考となる経験でした。
 次回は4月27日の両河内茶業界主催の「味知との遭遇」です。その時はタケノコもさることながら、新茶を取り入れたピザに挑戦となりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

甘沼水道山横穴墓群

130410_3 茅ヶ崎の実家へ行きました。久しぶりに散歩しながら近くの山へ行ってみました。小学生時代にプールに通ったところですが、遺跡があります。正確には遺跡跡というべきか。「甘沼水道山横穴墓群」との名前があります。ここはちょうど相模野台地(相模原台地)の南の端。その斜面に横穴があるのです。
 しかし、130410_4穴は土に埋もれて、隠れる寸前。案内標識もご覧の通り、古い木のものが倒れていました。説明の看板なども見あたりません。どうも、ふるさとの教育委員会は熱心じゃないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

お茶の初取引

240415 4月15日、静岡茶市場で新茶の初取引がありました。一年で一度だけ「両河内」の名が全国ニュースに登場する時です。しかし、4月15日とは早い。また、今年も両河内茶が一番高い値を付けました。
 しかし、先日記事にした遅霜の影響は、地域によってはかなり甚大です。新聞にはほとんど載りませんでしたが、今日あたり我が家のまわりのお茶畑を見ると遅霜にやられた茶園はかなり無惨な状態です。また、近々記事にします。
 写真は4月15日付け静岡新聞夕刊一面。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

満開のシャクナゲ

130412 仕事で近所の山に入りましたら、入口のところでシャクナゲが満開でした。後ろでは中部横断道の橋の工事。橋が出来る前も、工事中の今も、完成した暁にも、季節になればこのシャクナゲは咲き続けるのでしょう。
 しかし、共同アンテナからのテレビ線を支える電柱が絵的に邪魔だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

遅霜じゃぁぁぁぁぁ

130412 4月12日朝、お茶畑の扇風機(「防霜ファン」といいます)がブンブンまわっていました。遅霜がおりる気温だったのです。場所によっては写真のような水が出る茶畑もあります。この水が霜を防ぐのです。
 実は12日早朝はかなりきつい霜がおりて、お茶の新芽がやられた所がありました。今年は新芽の伸びも順調だったのに、お茶農家には打撃となるかもしれません。このお茶畑はスプリンクラーの効果があったようで、きれいな新芽がついていました。しかし、一晩の寒さでそれまでの農作業が無駄になってしまう恐れがあるとは厳しい世界です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

タケノコピザ試作

13041121 タケノコ祭りでNPOが販売するタケノコピザを直前に試作してみました。
 先ずタケノコは生のまま火の中に放り込み焼くのです。皮がついたままですので、ちょうど皮で蒸し焼きになる感じです。
 その後タケノコを切ってトッピングするのですが、どう切るか、によっても食13041124感や口の中でのタケノコの存在感が違ってきます。
 今回用意した他の材料は、フキ、山椒、イタドリ、ハーブ色々等ですが、全て焼き上がってからかけた方が美味しいことがわかりました。
 さて、山里でしか食べられないピザの評判や如何に・・・。1304112313041122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「マモリカニ」

366dm_4055b 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 近所を散歩していると、あちこちの玄関先や門の脇に大柄な貝殻が飾られ、葉山が海辺の町であることを、さり気なく語りかけているようです。
 さて、園の正門をガードする守護神も5代目となりました。長期間風雨にさらされるため、接着剤をあれこれテストし、現在では半年以上の期間、厳しい環境にたえてくれるほどに進化しました。「雨ニモ、風ニモ負ケナイ貝ノ動物」は、瞬間接着剤とホットボンド(グルーガン)の組合わせでOK。仲間がどんどん増えることを願っています。もちろん、葉山以外にも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

つり橋の補強

13040511304052 先日、浜松市天竜区のつり橋が突然崩壊したのをうけて静岡市もつり橋を2月に点検しました。その際に我が家近くの「岩下橋」も「要注意」となりました。補強工事が始まるのかな、と思っていましたら、先日先ず立て札が立ちました。予算の関係もあり、なかなか工事は手がつかないのでしょうね。とりあえず、静かに渡りましょうね、パルちゃん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

グミの花

130405 庭の鉢植えのグミに花が鈴なりです。家にはグミが3本ありますが、こんなに花がついたのは今までで初めて。ちなみに今年、これとは別のところに植えてある他の2本には、こんなに花はついていません。この木だけどうして?何が違うんだろう。陽当たりかな?栄養かな?
 この花が全部実になるのかな?今までグミはあまり気にして見守っていたことはなく(グミさんごめんなさい)、どの程度落花する、なんてまるで注意していたことがありません。今年は気をつけて見ていることにしましょう。しかし、この花が全部赤い実になったら、それは見事だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

弁天島観光シンボルタワー

1303271130327213032731303274 浜名湖に浮かぶ大鳥居。今年潮干狩りを初めて「中止する」と決めた弁天島にあります。これ、「鳥居」とは呼ばず、「観光シンボルタワー」といいます。
 完成したのは昭和48年だそうですが、弁天島の神社とは関係ないようです。それでもご利益はありそうで、今では弁天島のシンボルとなっています。やはり海の中に立っているのは存在感がありますよね。
 冬になると、夕日が、この鳥居形の中にしずんでいくそうで、それも見てみたいですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

フレッシュマン

130401 4月の初めは手話通訳も入社式や入学式で依頼があります。どこへ行きましても、皆さん本当にフレッシュですね。その現場にいるだけで、私まで何か元気になる感じです。
 写真は4月1日朝の静岡市葵区、呉服町交差点。スクランブル交差点が青になった瞬間、駅の方からの人波はほとんどがフレッシュマンでした。これから長いサラリーマン生活ですぞ。幸多かれ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

すんぷらんぷ

130323113032321303233 「すんぷらんぷ」。ランプ専門のお店です。フェイスブックで知り合ったのですが、私がいつも通る道沿いにありました。気づきませんでしたなぁ。
 色々な大きさの、形も様々なランプが並んでいます。見ているだけでも楽しい。古くなった灯油でも点きますし、いま燃料の油もカラフルな色のものもあり、ガラスのランプに注入すると、それだけでインテリアになります。震災などの影響で停電時の活用などと、ランプも見直されています。
 アップで写っているのはNHK大河ドラマ「龍馬伝」に出ていたのと同じ形のランプだそうです。ちなみに台湾製。まぁ、幕末のはヨーロッパで作られたものだったのでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

薬草園の整備

130405 NPOの畑、一部は薬草園として整備を始めました。いくつかの薬草を入手し、植え始めたのですが、私自身は薬草については、全くの素人。この植わっている小さいのがこれからどう成長するのか、想像ができません。
 調べると、かなり大きくなる草もあるようだし、花も楽しめるものも多いので、とても楽しみ。上手に口に130405_3入るところまで、なんとかスムーズにつなげたいものです。今後は薬草の種類も増えますので、この風景がどのように変わりますか。それも楽しみです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

桜と徳川家康 その2

2 先日は駿府城公園のソメイヨシノに囲まれた徳川家康でしたが、今回はシバザクラの中の徳川家康です。
 場所はJR静岡駅前。昨年も撮りましたが、今年は昨年に比べて花が少ない感じです。きれいに咲いている場所を探して撮りましたが、この場所は歩く人が少なく、閑散としています。家康さんも心なしか淋しそうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 コウテイペンギン・父親の抱卵

365dm_3291 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 南極でくらすコウテイペンギンは、3~4月ころ集団で海を離れ、遠くはなれた内陸部の繁殖地に上陸します。
 求愛・交尾の甘い生活の後、5~6月にメスは卵を1個だけ産み、餌を求めて海へ向かいます。(バイバイというのかな?)
 後を託されたオスは、文句も言わずに大切な卵を足の上に乗せ、抱卵をつづけます。巣はなくつっ立ったまま。ブリザードが吹き荒れ、マイナス60℃にもなる極寒の氷原。たったひとつの救いはオスたちが孤独ではなく、身を寄せ合って抱卵を続けることでしょう。(男はつらいよ!なんてボヤくのかな?)
 卵は約9週間で孵化。その間オスたちは、せいぜい雪を口にするだけの絶食状態で、かわいいヒナが誕生する頃には、体重は半分ほどに激減しているそうです。でも時さえたてば、メスももどり親子そろって海に戻る日がやってきます。
 今回は広報担当の制作。氷山にみたてた貝は、ご寄贈いただいたシャコガイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

COMMA-DADA (コマダダ)ライブ

1303311 SBSラジオが開局60周年を向かえ、六本木で活躍するビートルズコピーバンド「COMMA-DADA(コマダダ)」のライブを行いました。チケットが手に入ったので弾けてきました。お客はさすがに60代も多い感じです。
 ライブの途中で客席にリクエストを求めたので、「Roll Over Beethoven!!」と叫んだところ、演奏してくれました。それも特別サービスで、叫んだ私の前に来て、ソロ演奏13033121303313。最高のひとときでした♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

タケノコ焼き

130330 タケノコのシーズンとなりました。タケノコも色々調理法がありますが、一番美味しいのは?と聞かれれば、やはり掘りたてを焼いて食べるのが最高でしょう。エグ味が残りますが、それは春の味。次回のタケノコピザの準備、などと理由をつけて、早速ストーブの上で焼けば今夜も酒がすすみます。
 両河内のタケノコは本当に美味い。今年は裏年だそうですが、それでもこれから飽きるほど毎日食べられるかな。楽しみなことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

お花見

1 先週末、私も事務局をつとめる静岡県手話通訳問題研究会の運営委員会が開かれました。総会に向けて、一年間の活動総括など、頭の膿んできそうな議題で議論を続けましたが、外はよいお天気。
 手話サークルは隣の駿府城公園でお花見をしているとか。これは、昼休みに行かない手はありません。
 それで、昼にうかがうと、やっていました。満開の桜の下で。ノンアルコールで健全に花見をしていました。
 写真の後ろには徳川家康が鷹狩りをしています。眼下に広がる花見の宴をどう見ているのか、聞いてみたいところですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

カイワレダイコンの栽培

130328 「畑仕事」なんて、とても言えませんが、暖かくなると簡単に出来る野菜作りがあります。それが「カイワレダイコン」。入れ物は何でもよし。スーパーで買い物をすれば、必ずゴミになる、あの、トレーというのかな、それで十分。それにティッシュペーパーだけ。そこに買ってきた種を蒔きます。
 あとは毎日水をあげるだけでニョキニョキ伸びてきまから、必要に応じてハサミで収穫。写真は玄関先で栽培しているもの。実は台所やあちこちに置いてあり、種を蒔く時期が違うのでそれぞれバラバラの大きさで、順々に収穫できるのです。こんな感じで、晩秋まで作り続けられます。
 是非、皆さまもやってみたらいかがですか。マンションでもどこでも、手軽に新鮮なものが食べられますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

もも子の「パルちゃん」

130320 清水駅にさくらもも子が書いた「パルちゃん」がいました。パルちゃんももも子の手にかかると、だいぶイメージが変わりますな。
 このポスター、清水駅のホームに降りる階段のところの掛けられています。エレベーターやエスカレーターを使うと見られませんので、念のため。
 健康のために階段を使いましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどえうぶつえん新作 「ヴィーナスの誕生」

364dm_2925_2 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 今週は、名画シリーズです。女神が乗った貝の名前(イタヤガイ:帆立貝の仲間)を調べていると、エピソードの鉱脈を掘りあててしまいました。まず、タイムマシンで19世紀の明治時代にさかのぼりましょう。横浜で貿易業を始めたユダヤ人(英国)が、三浦半島の海岸でこの貝をひろったことから始まります。その人物こそ、貝の装飾品で財を成した後のシェル石油の創業者で、社名とマークの起源となりました。
 15世紀(ルネッサンス期)にはボッティチェリが名画を制作。10世紀には、聖地サンティアゴ(スペイン)への巡礼者のお守りとなったり、修道院でつくるマドレーヌの型に使われたそうです。そうそう、最近では「街道をゆく・南蛮のみち」(司馬遼太郎)、「リアスの海辺から」(畠山重篤)も忘れられませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »