« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

講師でございます

131223 県内某市で登録手話通訳者と要約筆記者の合同現任研修講師を頼まれた時の写真が届きました。「福祉制度について話して欲しい」、との依頼でしたので、最近の「市場に任せれば全てうまくいく」との考え(新自由主義)の危うさと、福祉国家の思想は苦い経験から見つけ出した人類の英知である、などと、いただいた3時間をフルに使って喋りました。市の担当者も課長も3時間、私のお話しに付き合って聞いてくれました。
 時々、このような話しの依頼を受けると、改めて自分でも色々確認し直しますので、自分自身が一番勉強になるなぁ、と感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

みかん山20周年イベント集合写真

13122220 先日、高石ともやを迎えての、山梨ミカントラストファーム20周年の収穫祭、集合写真が届きました。80名ぐらいいるのかな。
 毎年、収穫祭の時に地元の写真店に来ていただき、白黒の記念写真を撮りますが、白黒写真もなかなか味わいがありますね。
 来年は、「21周年」でまた酒を飲むことになるのでしょうが、次のキリ番は「30周年」かな。それまで、元気にしていたいものです。

↓ ↓ ↓ みかん山20周年収穫祭 ↓ ↓ ↓ 
http://momotarou-k.cocolog-nifty.com/yukicyan/2013/12/20-b0b5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

快晴の富士山

140127 国道一号線、道の駅「冨士」から見た富士山です。この日は快晴。雲一つないし、風もなし。煙突の煙もまっすぐに上っています。
 しかし、富士山も雪が少なく、積もった雪が風で飛ばされてしまっています。残っているのは谷の部分だけ。今の季節として、雪の乗っていない姿は珍しいのではないかな。天気予報を見ると、明日降る、かな???まとまった降雪になるのでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

風倒木の伐採

2_3 冬の時期、山仕事は伐採です。今年も3年前の台風15号被災現場の風倒木処理をしています。
 写真はその現場の一つ。これは「処理前」の風景。測量をしてみると平均斜度は37度、樹齢は45年。木の数は1ヘクタールあたり1800本。風倒木の割合は95%。ほとんど全滅状態です。この倒れている木々を一つずつチェンソーで片づけていくのです。
 そのうち、「処理後」の写真をアップできるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

かいのどうぶつえん新作 「ハムスター」

Img_9706c 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

  若手飼育係が可愛がっていたハムスターが、口いっぱいにエサを頬張る様子を思いだしながら制作しました。鼻に使ったピンク色の小さな二枚貝は、以前、江ノ島の土産物店で購入しました。コルク栓のついた小型ガラス瓶にはリンゴガイと書かれていましたが、調べると淡水大型巻き貝の名前でした。今回どう調べても手持ちの図鑑には見当たらず、名称不明と諦めかけていたところ、昨夜おそく、鳥羽水族館サイトの貝のページに「マメニセザクラガイ」(ニッコウガイ科)と記載されているのを発見しました。サクラガイの親類だったのですね。
  さて、次回は「8代目守護神」の予定です。10月からずっと、寒風に耐えて屋外掲示板の上で頑張ってきた「ワニ」に代わるのは、いったいだれでしょう?ヒントは、節分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

県の担当者との会合

140124npo NPO複合力の理事と県の農林関係担当者との会合が行われました。
 中山間地ではどこでも高齢化が進み、農業離れ・放置農林地の増加、またTTPの影響など、暗くなる話題が多いのです。そんな中、「山間地の振興手だては待ったなし」、が両者の共通認識です。
 今後、どのような協働ができるのか、さらに意見交換などを続けていくこととなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

小みかん

1401192 この写真の可愛いのは何でしょう??
 「小みかん」でした。小さいのだけ集めたのではなく、これが普通サイズなのです。写真は「柚子」と一緒に撮っていますが、どれが柚子だかわかりますか?中程にあるヘタの部分が出っ張っている感じのが柚子です。他のは小みかん。ほぼ同じサイズです。
 いま、
140116みかんは「青島」などの品種が主流ですが、これは原種の古くからあるものです。
 食べたら、甘みの中に酸味があり、美味しい味です。八百屋やスーパーでは売っていませんが、小さくて面白いみかんです。こんなのが食べられるのも産地ならでは、ですね。
 ちなみに、もう一枚の写真のみかんの木が、山にある「小みかんの木」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

レモンの皮

140119_3 これは何でしょう???
 正解はレモンの皮。NPO複合力でハックルベリーのジャムを作ることになったのですが、かなり大量にレモンが必要となります。やはり、作るなら無農薬の国産レモンがいいわな、と私の知り合いのみかん農家にお願いしましたら、趣旨をくんでくれて、破格の値段で分けてくれました。感謝感激雨あられ。
 NPO複合力の「作り隊」メンバーが、この20キロものレモンを先日搾りました。しぼり汁は、すぐさま冷凍庫に直行。ジャムを煮る、その日まで冬眠です。
 皮は、いわば「カス」ですが、無農薬レモンの皮では捨てるに忍びない、と私がもらってきました。使用目的も決まっていないので、とりあえず天日に干してみました。さて、何に使えるかな。浴用剤にでも使うかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

清水区河内、やまめの里

140119_2 先日の河内自治会新年会は、我が河内地区にある、「やまめの里」で行われました。名前の通り、山女魚(やまめ)が主役です。時間をかけて焼いたものは頭からシッポまで骨も一緒に食べられます。
 ちなみに今回のメニューは写真以外に手打ち蕎麦とデザートが付きました。この晩はNPOの宿泊棟改修作業あとで、ビールを飲んだあと駆けつけましたが、席に着いてから喋りながらよく飲みました。はははっ、毎晩だな、笑♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

河内自治会、新年会

140119 先日、河内自治会の新年会がありました。酒を飲みながらのよもやま話はいつも楽しいものがあります。
 特に年をとられた方の昔話には、初めて聞く話しもたくさん。両河内にハンセン病の療養病棟があった、なんて今まで知らない話しを今回聞きました。中河内の清地と和田島のあいだ辺りと、西河内の土村にあったそうです。昭和20年代までの話し。
 まだまだ知らない話しがいくらでも出てきそうです。しっかり聞いて、また調べてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

 NPO複合力宿泊棟整備 その2

140119npo 先日のNPO複合力、宿泊棟改修作業。男衆は納屋の改装で、大工仕事に励んでいる間、女性軍は母屋の畳敷きをしていました。
 そして、お昼。待ちに待ったご飯です。140119npo_2今回の米はもちろん、NPOで昨年秋に収穫したもの。おかずは大鍋のブタ汁。と漬物、手作り焼き豚など。お天気もよかったので、外でのご飯は最高です。
 直火の釜で炊いたご飯はやはり、美140119npo味い。お焦げがあっても、それも美味い。私も大きめの椀で三杯も食べてしまいました。
 初夏の開所に向けて、これからも作業は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

NPO複合力、宿泊棟整備

140119npo1_3 NPO複合力で援農などの際に宿泊できる建物を正式に借り受けることとなりました。人が住まなくなってしばらく経っていますので最低限はリフォームが必要です。できることはやってしまおう、の精神で今回もメンバーで作業にあたりました。
 先ずは母屋の横にある納屋。だいぶ痛んでいましたので、先ずは壁板をはがし、傾いでいる建物を直すところから始めます。
140119npo2_4
 壁の或る面は台形、或る面は平行四辺形、と全方向に傾いていましたので「張線器」(「シメラー」の方が通りがいいかな)を使い、引っ張り上げて固定させます。
 そして、新たに壁板を張り、扉も近所の建具屋でもらった戸をつけて、140119npo3何とか完成。
 な140119npo4_2かなか立派に生まれ変わりました。
 今後は母屋の方も手を入れていくことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

かいのどうぶつえん新作「プードル」

407dm_9651 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

  昨年末、鎌倉にほど近い小坪漁港の魚市場で、正月用のブリ2匹とカンパチを購入しました。約20キロのトロ箱を小さなキャリーカートに積んで、副園長とふたりで逗子市を横断。葉山まで歩いて帰る途中、散歩中のプードルと出会いました。大型で純白、思慮深そうな黒目がとても印象的で、圧倒的な存在感が忘れられません。思い立つと一気に完成し、次は「トイプードル」と張り切っていたのですが、これがむずかしい。動物図鑑などで、目に焼きつくほど写真を見たのですが、まだ、顔につかう貝が決められず困惑しています。やはり、実物を探しに散歩に出かけるのが、遠回りなようで一番近道なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

寒い朝

140116 寒い朝が続いていますね。我が地域も毎朝、氷点下4度から5度ぐらい。山仕事に行くと、最初は足がとても冷たいですわ。
 さて、家の前に香花畑が広がっています。朝は、一面霜で真っ白。パル散歩しながらマクロで撮ってみました。今の季節だけの写真ですわ。1401165140116414011631401162_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

即席の白菜漬け

140115 この季節、白菜が多く出回ります。昔は「白菜漬け」を作ったこともありましたが、天日に干したりが面倒で、ここ最近ご無沙汰していました。
 先だって、近所の方から簡単な作り方を教わり、やってみましたら、美味しくできました。
 作り方は、白菜を食べる大きさに切る、重量の3%の塩で漬ける、基本的にはこれだけで一日後に食べられます。その後、漬け汁を捨てて昆布などを混ぜてさらに漬ければ、一日後に味はさらにまろやかに。1キロぐらいの白菜なら数日で食べてしまいます。
 実は塩の分量がかなり微妙で、パクパク食べられるには3%弱が個人的好み、とわかりましたが、「弱」の量には毎回楽しい苦労をしています。また、白菜の下の部分と上の部分では塩の浸透性が違うので、下の部分に塩の割合を多く、とこれも漬ける時の工夫のしどころ。
 鍋みたいな入れ物でも作ることができますし、興味があれば、みなさま是非挑戦してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

NPO複合力ショップ作りは今

140114npo1 NPO複合力のショップ作り。会員の同級生の大工さん(正確にはつい最近、年齢の関係で一線を引かれたそう)が、「採算度外視で応援する」と男気を表明してくれました。ありがとうございます。
 早速工事が始まり、建物は骨組みを残すのみに。いよいよ形になってきます。140114npo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

厳冬の柿

140107 私が街へ行く時に使う道に柿の木がありまして、今年もたわわに実っています。しかし、渋柿なのか、誰もとりません。おまけにヒヨドリさえも食べに来ません(まわりにミカンがなっているからかな)。連日の寒さで、柿の実も凍っています。このまま、しばらくすると全部実が落ちてしまいます。ちなみに、後ろに見える道路は新東名の新清水ジャンクション。
 実は、毎年そうなのです。毎年たくさんの実がついて、(多分)一つもとられることなく実は土にかえります。柿の木さん、健気ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

どんど焼き

140112 正月も終わり、飾り物などを焼く、どんど焼きが我が河内地区でも行われました。会場は興津川の河川敷。街場では、火を燃やすことも難しくなっていますが、ここは、とりあえず問題なし。
 火をつける前には皆で二礼二拍手一礼します。
 以前は、いろいろ食べ物なども作って振舞ったそうですが、今はないみたいですね。僕らもガキの頃は団子を焼いたりしたなぁ。
1401122_21401123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

庚申さん

140112 私の地域では、毎月「庚申さん」をしています。「庚申」とは、もともと道教の教え。この夜は、人にとりついた虫が、その人間の悪さを神に伝えるので、人は寝ずに一夜を過ごしたそうな。そんな考えが現在まで連綿と続いて、現在では、自治会会合の報告会、みたいになっていますが、それでも、隣組一同集まります。たまたま今月は新年会。近所の料理屋で、今夜も酒の席となった次第です。
 写真奥の掛け軸が「庚申さん」。何百年?何十年?と地域のみんなを見守ってくれています。
 このような近所つきあいは面倒、と思われる現在ですが、昔から続いているものは、現代的意味をあまり感じなくても、尊重して続けること、変えるにしてもゆっくりと変化させた方がよいと私は考えます。積年の積み重ねによる事柄は、やはり深い意味があるのです。この夜もよく飲みました。しかし、いつもの事ながら、私も毎日理由をつけては飲みまくっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「アルタごっこ」

406dm_8982_2 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 406回では、体の部分にタカラガイを14種類使い分け、タイトル文字にはザクロガイ、サングラスはレイシガイのフタなどを用いました。観客だけでなく舞台裏にはスタッフも配置したので登場人物の数が増え、集中作業が10日連続。つくり終わると右手はものをつかめない状態でした。さて次回は・・・。いくらさがしても控室は空っぽです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

結婚式

140111_2 昨日は姪っ子の結婚式でした。高層ホテルでの披露宴はロケーションもよく、私のようなお上りさんは、風景にも堪能できました。
 きれいな新婦は30代半ば。今では遅い年齢でもないのですね。一昨日葬儀で鬼籍に入られた94才のおばぁちゃんは、結婚されたのは60才を過ぎてから。それでも、某国立大学の教授だったご主人と20カ国以上の旅を楽しんだ人生だったそうです。人それぞれの幸せの形があるのですね。
 新婚のお二人も幸多かれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

伐採の様子

13113 昨年末にやった、伐採の写真を親方からいただきました。山仕事をしている最中の自分の写真って、なかなか撮れないのです。
 伐採などの仕事の時にはいつもヤッケを着ています。何せチェンソーを使うとオイルが意外と飛び散り、服の油汚れがすごいのです。上に一枚13115ヤッケを着ていれば大丈夫。しかし、チェンソーを振り回している時は、身体はさほど動いていないにも関わらず、大量に汗をかきます。ヤッケの中はサウナ状態。「何とかダイエット」と同じ効果でしょうか。13123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

冠婚葬祭は何故か、かたまって

140109 昨日今日と通夜・葬式でした。明日は姪っ子の結婚式で東京です。結婚式は事前に決まっている日取りですが、その前日に葬儀が入るとは、よりによって、ですね。何もない時は、本当に何もない日々が続くのですが、冠婚葬祭が入ると何故か続く事が多いのです。実をいいますと、今日は昼間の葬式の他に夜は別件で通夜でした。なんと、なんと、です。黒服は大活躍ですわ。
 続く、といえば、今年度は順番で隣組の組長をしていますが、今年度、隣組で葬式が3件。昨年度は確かゼロでしたので、これもかたまって続いています。
 今まで経験した例では、20年近く前の5月連休、一週間に3件の結婚式に呼ばれたことがあります。破産しそうでした。もう一つ、約十数年前のある日、当時私のいた隣組内で同じ日に葬式が2件ぶつかった時がありました。これも空前絶後。幸い、葬儀の時間はずれていたので、時間差で両方に応援に行きました。
 冠婚葬祭は何故か続く時とない時と分かれています。いつも不思議に思うのですが。。。どういう訳なんでしょうねぇ。。。

 ↓ 一日二件葬式の記事 ↓
http://momotarou-k.cocolog-nifty.com/yukicyan/2010/09/1997-3586.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

オクシズの紹介

Photo 静岡商工会議所で発行している情報誌、「SS city」。第14号は静岡中山間地の特集です。そこに載っていた統計がなかなか興味深かったので、発行元に許可を得て、ここにご紹介します。面積では静岡市の80%も占めるのに人口は5%のオクシズ地区ですが、人口減少が顕著。20年間で、我が両河内は三割減。最北域の井川地区に至っては何と半減しています。Photo_2
 この特集号、電子ブックにもなっています。以下のURLから。

http://spebook.ec-net.jp/ss-city/ss14/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

黒い川

120108 今年の冬は意外と雨が降りません。我が地区は水道局の上水道が来ていませんが、簡易水道の水が不足がちで、節水呼びかけの広報が流れています。私の家は井戸水でして、枯れる感じはないので、とりあえずホッとしていますが。
 山でワサビを作っている農家の方と先日話しをしていましたら、やはり山の1201082沢でも水が足りないらしく、必要に応じてポンプで水をあげているとか。「燃料代がたまらん」と嘆いていました。

 家の前の興津川も水量が減り、加えて、河床が真っ黒。流れが緩いので藻が繁殖しているのです。今日の雨で水量が増えれば少しはきれいになるかな。明朝、見るのが楽しみ♪1201083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

居酒屋「両河内」

131228_2 清水の駅前銀座にある、居酒屋「両河内」。名前の通り、我が両河内から出た方がお店をやっています。お店の存在は以前から知っていたのですが、この年末に山仕事仲間と初めて入りました。
 最近、清水駅前でも「飲み屋」というと、チェーン店である大型のお店が林立し、個人オーナーの店は数が少なくなっています(どこも同じかな)。チェーン店は比較的安くて、つまみも豊富なのは事実ですが、やはり寂しいですよね。
 街で飲むと帰りが大変なので、ここのところ街飲みが少なくなりましたが、たまにはよいですなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

今年も出た出た

1312301 この寒い時期、庭の木からキノコが色々出てきます。食べられそうな気がするのですが、いつもわからないのでそのまま朽ちさせてしまいます。キノコは見分けがつかないのですよね。今年も指をくわえたまま終わりそうです。いくつかの種類を見つけましたので、ご紹介します。1312303_213123021312304_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

静岡市ろうあ協会2014年 新年会

140105 今日は静岡市ろうあ協会の新年会でした。実は昨夜地域で日本酒をたらふく飲んで頭が重かったので、今日はビールだけにしました。福引きでは、6等賞。膝掛けが当たりました。今年もよい年になるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

2014年静岡市成人式

140103 1月3日は毎年静岡市の成人式です。私にとってもここ数年、仕事始めの日。
 今年は静岡市で六千数百人の新成人が誕生しました。東静岡駅前にある、グランシップでの成人式には約四千名が集まりました(式典不参加で表にいた人も含めて)。開式前にグランシップ前の広場は、人人人・・・全部新成人。 写真のバックに富士山を入れたかったのですが、残念ながら曇っていました。
 しかし、写真のバルーンアーチ、文字が何故壊れているのかな。直せばいいのに、とはお節介かな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

街中の「だまし絵」

131223 静岡市の駿府城公園のまわりを走る道で、葵小学校近くの歩道が塗り替えられました。
 配色で目の錯覚を誘い、浮き上がって見えます。これで減速させる効果があり、交通安全につながる、というわけです。
 実際の効果はいかほどのものなのでしょうね。市内で初めての試みですが、効果があれば、他の所でも増やしていく、とか。
 それはともかく、今年も安全運転でいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

農作業暦

39 NPO複合力のショップになる建物はもともと納屋でした。その納屋の壁に「昭和39年両河内地区主要作物重点作業暦」が張ってありました。両河内農協が作成したものですが、50年前。やはり時代を感じますね。
 作物に「柑橘」があったり(今では両河内で育てている農家はない)。「水稲種子消毒 青年団」と載っていたり(青年団はだいぶ前に崩壊、当時は青年団が全て引き受けて種子消毒をしていたのかな)。防除の農薬に「DDT乳剤」と載っていたり(DDTは昭和40年代に使用禁止になったはず)。
 また、作物に「米(麦)」とあります。いま、両河内で麦を作っている農家もゼロですから、現在の作業暦に「麦」は載っていないと思います。いつ削除されたのかも興味のあるところですな。
 私が見てもこれだけ面白いのですから、プロの農家の方が見たら、もっと興味深いしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「芳名帳係」

404dm_8859b 昨年最後の作品を遅らばせながらアップいたします。以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 2013年の最終回は、作品展の受付で「お名前どうぞ!」と、目で語りかける芳名帳係としました。
 3年前からのスタッフですが、会場の人気者を遅ればせながらご紹介いたします。
 今年も残すところあとわずか、年末はお酒の誘惑をはねのけて、新作をつくり貯めようと決心したところです(ほんとかな?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

かいのどうぶつえん新作

405dm_8813 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

  あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申しあげます。
私事ですが、本日はめでたき誕生日。
月並みですが、新世界に向かって
無我夢中で羽ばたくぞ!と、誓いも新たにいたしております。

 ここからは加藤のコメント・・・・2013年最後の作品をアップし忘れました。近々アップ予定ですので、ご承知おき下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年、あけましておめでとうございます

140101 年越しは地元の氏神様である、二ノ宮神社へ行き、そこで新年を迎えます。少し早めについて、たき火にあたりながら、孟宗竹に日本酒を入れて、たき火で燗をつけたのをいただきながら0:00時を待ちます。
 年が変わると、地元の方々がたくさん参拝に訪れます。挨拶をしながら熱い甘酒を飲んだり、1401012勧められるまま、再び日本酒を飲んだり、毎年かわらない年越しの風景です。

 今年も健康で平和な日々が送れますように。また一年間、よろしくお願いします。1401013_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »