« NPO複合力ショップ作りは今 | トップページ | 寒い朝 »

2014年1月17日 (金)

即席の白菜漬け

140115 この季節、白菜が多く出回ります。昔は「白菜漬け」を作ったこともありましたが、天日に干したりが面倒で、ここ最近ご無沙汰していました。
 先だって、近所の方から簡単な作り方を教わり、やってみましたら、美味しくできました。
 作り方は、白菜を食べる大きさに切る、重量の3%の塩で漬ける、基本的にはこれだけで一日後に食べられます。その後、漬け汁を捨てて昆布などを混ぜてさらに漬ければ、一日後に味はさらにまろやかに。1キロぐらいの白菜なら数日で食べてしまいます。
 実は塩の分量がかなり微妙で、パクパク食べられるには3%弱が個人的好み、とわかりましたが、「弱」の量には毎回楽しい苦労をしています。また、白菜の下の部分と上の部分では塩の浸透性が違うので、下の部分に塩の割合を多く、とこれも漬ける時の工夫のしどころ。
 鍋みたいな入れ物でも作ることができますし、興味があれば、みなさま是非挑戦してみてください。

|

« NPO複合力ショップ作りは今 | トップページ | 寒い朝 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/58952274

この記事へのトラックバック一覧です: 即席の白菜漬け:

« NPO複合力ショップ作りは今 | トップページ | 寒い朝 »