« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

かいのどうぶつえん新作 「ひなまつり(立雛)」

464dm_0998  以下、かんのどうぶつえん園長コメントです。

 花屋さんの店頭に、ピンクの桃や黄色の菜の花が顔をならべる好季節となりました。海も恵みのシーズンを迎え、先週あたりから貝の採集に熱中しています。さて、去年のパンダにかわり、今年の「ひなまつり」の主役はヒツジさん。あれこれ悩みながら顔は2回、背景の屏風は3回つくり直してようやく完成しました。さきほど掲示板を差し替えて、これから潮時を見ながら海に出かけるつもりです。どんな貝に出会える事やら。しばし、腰痛など忘れる事にしましょう。

☆2015年「ひなまつり(立雛)」:別背景(屏風)の立雛をご覧いただけます。
http://www.zoo-shell.com/hall_multipurpose19.html
☆2014年「パンダ雛」
http://www.zoo-shell.com/hall_multipurpose19.html
☆「ひなまつり」
http://www.zoo-shell.com/hall_multipurpose02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

鳥も春です

150227  今週は、朝起きてウグイスの初鳴きを聞きました。昼間も色々な鳥の声が聞こえてくるようになり、春ですねぇ。
 今日は、スズメがうるさく鳴いていました。何だか「久しぶり」、の感じです。昨日は愛猫が加えて得意げに帰ってきました。まぁ、これも自然ですわな。
 都市部では数が減っているとか。私がガキの頃には茅ヶ崎も周囲に田んぼが多く、スズメは身近な鳥でしたが、今の子どもはスズメをどう感じているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

コラクル

150222  NPO複合力として緊急雇用事業で雇用している若者が「コラクル」を作っています。
 「えっ、コラクル?何それ?」という方はネットか何かで調べて下さい。実は私も知りませんでした。
 彼は、このコラクルの魅力に惹かれて、単独イギリスまで渡り、作り方を伝授されてきたそうです。これ、出来たら面白そうだよね。興津川に浮かべて遊んでもいいし、レンコン畑を作ったらそこでも使えそうだし。とにかく、完成を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

山椒

150224  山仕事をしていると、時々お宝に巡り会います。「お宝」は大袈裟かな。この日は山椒に出会いました。この大きさ(太さ)になるまでには何十年かかるのかな。山には誰も間伐などに入りませんので、すくすくと大きくなっているのです。
 これだけの大きさだと立派なスリコギになるな。スリコギにしなくても、部屋に置いておくだけでとても存在感があります。うれしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

粃(しいな)

150223  写真の袋に入っているのは「粃(しいな)」です。お米を収穫して、食べる形にするまでに、青くて若かったりすると、はねられてしまいます。
 もちろん人間は食べません。他に利用方法は???と、なかなか見つからないのです。しかし、私はこれを購入してきます。これがニワトリの餌になるのです。
150223_2  ニワトリの餌は、普通「配合飼料」といって、輸入コーンを中心として、その他色々混ざったものをあげています。しかし、これにはホルモン剤や、その他諸々の添加物も入っています。「自分で食べるタマゴには、そういうのが入っていない方がいいよな」と、私は全て人間が口にするものをニワトリに餌としてあげています。ですから、私にとって粃(しいな)はありがたい存在なのです。美味しいタマゴをたくさん産んで下さいよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

優しい街静岡学習会

150222  「2015年も野沢和弘さんとともに語ろう優しい街静岡勉強会」という長い名前の勉強会で、NPO複合力の取り組みの発表を行いました。この勉強会のメンバーから紹介があったのがきっかけです。参加者は約50名。静岡県外からも何名か参加していました。私が静岡県民になった直後にお会いして以来、二十数年ぶりにお会い出来た方もいて、あらあら不思議。
 野沢和弘氏は毎日新聞の論説委員。熱海出身で神奈川県下の高校に通っていたそうで、生まれた年も私と同じ。あらあら、近しいのですね。
 勉強会の後はお決まりの飲み会だそうで、もちろん参加。色々な取り組みをしている団体の方がいて、私達のNPOともいろいろ協同出来る芽も見つかった感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

写真、しゃしん、シャシン

Photo  パソコンのハードディスクを整理していたら、デジカメを持ち始めた頃のシャシンが出てきました。10年前、携帯電話で取り始めたのが私のデジカメライフの始まりです。
 今では、年間4000枚以上撮っています。10年間だと、4万枚はないでしょうが、3万枚以上はありそうです。
 しかし、写真は検索するのが面倒ですね。野口悠紀雄の「超整理術」を読んでから、フォルターは時系列にためて写真を整理しています。「あの写真はこれぐらいの時に撮ったな」、と思い出せば、その辺りのフォルターに当たると、探せ出せますが、撮影時期を失念したものはもうダメ。画像や動画の何かうまい検索方法はないものかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

県道拡幅

150219  家の前を走っている県道196号線。私が両河内に住み始めた二十数年前には、車のすれ違いが出来ず、あちこちで対向車を待たなければならないような道でしたが、今では片側一車線の道が長く続くようになりました。当時は清水のお街へ出るにも遠い感じでしたが、今ではとても楽になりました。全くありがたいことです。
 先日一番奥の地区、「大平」に行きましたら、バスの終点から上の県道の拡幅工事が決まったようでした。
2012  では、7メートル道路になる前の写真を、と撮ってきました。帰宅して思ったのですが、グーグルのストリートビューは少し古い写真で出ていますので、これも記録になりますね。改めて私の地区のビューを見てみたら、「2012年6月」と表示されていました。3年前の風景か、それを思うと、風景もまた違う感覚で見えるものですね。私が撮った大平地区のビューも紹介しましょう。「3年前」ですよ。
 7メートル道路に変わると風景も一変しますね。何年後かに紹介出来るでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

かいのどうぶつえん新作 「谷の妖精」

Img_9853  以下かいのどうぶつえん園長コメントです。

 463回は、北欧生まれの想像上の動物としました。Mail&Web同時公開で、サイトでは、いろいろな角度から横顔をご覧いただけます。これで「架空動物館」は14種が勢揃いしました。もっともっと、楽しい仲間を増やしていきたいと考えています。

 さて次回は・・・。寒さが厳しいとはいえ、近所を散歩していると梅があちこちで花開いているのに出会うようになりました。そうだ!春らしいニューフェイスにしよう。
☆「谷の妖精」
http://www.zoo-shell.com/zoo-shell_imaginary14.html
☆「架空動物館」
http://www.zoo-shell.com/zoo_13.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

由比、北田地区との協動

Photo 2  清水区由比(旧由比町)北田地区。ここに200年続く、「天王舟流し」という祭りがあります。昨年、文化庁より「記録作成を講ずべき無形民俗文化財」の指定を受けています。
 この祭り、藁(わら)で船を造り海へ流すのですが、その藁は麦でなくてはいけないのです。しかし、麦はほとんど作られていません。北田地区で今までお願いしていた方も高齢で作付けできなくなり、いよいよ困っていた時に友人を通じて、我がNPO複合力に連絡がありました。当NPOでは大麦を作っていますので、その藁を譲って欲しい、とのことで、先日北田地区の方々が両河内までお見えになりました。
Photo_2 Photo_3  写真は、以前に撮られたその祭りの準備風景など。
 これから、「オクシズ」と「シズマエ」が手を結んで事に当たることとなります。実際に大麦の藁をお渡しするのはまだ先ですが、北田の祭りについても、これから進み具合を紹介しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

春の足音

150215  寒い、寒い、と言っていてもやはり立春を過ぎると春の気配が色々現れます。
 例えば大麦畑。冬の間はへたっていて、必死に寒さにこらえている感じでしたが、2月に入ってすら茎もピンと立ち、「これから伸びるぞぉ」感が溢れています。すごい力強さ、パチパチ。
1502152  この大麦について、とても興味深いオファーが先日ありました。また明日にでも記事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

竹林作業

141226150211141225  NPO複合力では今年の冬も放置竹林の伐採作業を続けました。だいぶ広いスペースが開墾されました。やませみの湯などからよく見える場所ですので、景観も改善します。
150211_2150211_3  しかし、切り出された竹の量も半端でない・・・。ガンガンとチップにしていまして、畑にも還元しています。今年も芋畑には多量に投入します。
 今年は若いメンバーが精力的に作業にあたっていますので、進み具合の早いこと。やはり若さはパワーですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

氷柱

1502141502142  そろそろ、寒さも最後になって欲しい、と願うのですが、なかなかどうして。この日の朝も氷点下5度。パル散歩コースの山から水が滴るところでは、今年も立派な氷柱が。「寒い、寒い」言いながら写真を撮りに行く私ですが、やはり物好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

かいのどうぶつえん新作 「オカピ」

462dm_9702  1901年になってアフリカで存在が確認されたオカピは、キリン科に属する哺乳動物で絶滅危惧種に指定されています。脚の縞模様がとても美しく、ずっとつくりたいと夢見ていましたが、今回、四肢に陸生の貝を使用してなんとか命を吹き込んでみました。ちょっと太目ですが、模様に免じて大目に見てやってください。
 話は変わりますが、昨日、逗子海岸に出かけました。マテガイ、カニモリガイ、サギガイ、キサゴ、ミゾガイ、ツメタガイ、タコノマクラなどたくさん収集、サクラガイ専門のコレクターさんにも会いました。陸上より海の方が、一足先に春が訪れているようです。
☆「オカピ」Mail&Web同時公開(いろいろな角度からご覧いただけます)
http://www.zoo-shell.com/zoo-shell_wild39.html
オカピに会える動物園
☆よこはま動物園ズーラシア
http://www2.zoorasia.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

レモン絞り

150207  昨年、好評だったハックルベリー。ジェラートやジャムにして販売しました。
 今年もそれらの製品を作る予定ですが、この日は、いま収穫されているレモン(無農薬)をメンバーで絞りました。
 20キロのレモンの皮をむき、白皮も出来るだけとります(ここが苦いらしい)。その後ジューサーにかけるのですが、前半の部分は全て手作業。20キロ処理するのに半日かかりました。搾ったレモン汁は即、業務用冷凍庫へ直行。
 残ったカスはシホンケーキに混ぜるといい、とか、皮は塩レモンにしよう、とか話しも盛り上がりました。
 今年もぼちぼち特産加工品を作り、販売する「作り隊」の始動開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

氷柱

150211_21502112_2  寒い朝、山から水が流れ落ちている下の所に石があると、水がしぶきとなって、まわりの草などにくっつき、見事な「氷柱」になります。

 これも、日が昇れば消えてしまう、自然の造形です。しかし、寒いわぁ。1502113_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

小さい冬見つけた♪

150211 1502112  立春が過ぎましたが、寒さはいよいよ本番。今朝の気温は氷点下4度。こんな寒い朝は庭のに敷いてあるレンガにちっちゃな霜柱が出来ます。
 どうして、このような形の物が出来るのかよくわかりませんが、壊すのも何ですから、いつも避けて歩いています。日が出てしばらく時間が経てば無くなってしまう、自然の造形美です。1502114 1502113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

霧の西河内

150122 1501222  昨日の霧の風景、上から見るとこんな感じです。昨日の記事とは違う日ですが、杉尾山の山頂から友人が写しました。
 条件とタイミングが合えば、空は快晴の青空で、下の山あいの雲と良いコントラストの写真が撮れると思うのですが、なかなかそんな時に山に上がるのは難しそうだなぁ。でも、そのうち挑戦してみましょう。霧の山道は安全運転で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

画像修正????

150207150206  二枚の写真、片方に写っている高速道路が、もう一つには写っていません。修正したの????いえいえ、これは霧の中での写真です。
 我が両河内がお茶の産地として適している、と言われる一つの条件が、この霧。条件がそろうと、朝にこのような強い霧が現れます。この霧は日の出直前が一番濃いようで、日が昇るにつれて晴れてしまいます。そして、このような霧が出る日は快晴となるのです。ちなみに、撮影場所は土村。上の道路は建設中の中部横断道です。そして、撮影日は一日違いの朝。
 霧の日は運転も気をつけましょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

かいのどうぶつえん新作 「ムササビ」

461dm_9200  以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 「ムササビ」は、同族の「モモンガ」よりかなり大型で、飛膜を使った滑空距離は時に100mを超すこともあるそうです。スキージャンプの選手たちも顔負けですね。ところで、鳥類ならぬリス科のほ乳類がどうして飛べるようになったのか?そのヴェールに包まれた進化の成果を、ちゃっかりいただいてしまったのがウイングスーツ (Wingsuit) です。

 空を飛ぶことにあこがれつづけた人類は、熱気球やグライダー、飛行機、ヘリコプター、パラシュート、ハングライダーなど、実に様々な飛行器具や機械を開発してきました。ウイングスーツはその系譜の中にあって、最も素朴で原始的。手と足の間に布を張った特殊なジャンプスーツを着て、ムササビそのままの格好で滑空するものです。1990年頃に開発され、超高層ビルや飛行機、はてはマッターホルンから飛ぶなど注目の的になっています。スーツは販売されていて簡単に入手でき、記録映像を見ると血が騒ぐものの、園長自身は二階から眼下を見ても脚がすくむ真性の高所恐怖症!ま、しばらくはお預けとします。
☆「ムササビ」Web同時公開。多彩な角度から、2匹のムササビの姿をご覧いただけます。
http://www.zoo-shell.com/zoo-shell_small11.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

やませみの湯100万人達成感謝デー

150206100  西里温泉、「やませみの湯」。オープンは平成11年の初夏でしたが、このほど来場者が100万人を達成しました。「100万人目の方に記念品を」、とは良くある企画ですが、今回は「感謝デー」として一日楽しめる形にしました。
 期日は2月15日(日)10時より。
 企画内容は餅つきを10時、13時、15時に行います。
 またイノシシ汁の振るまいもあります。こちらは早い者勝ちのようです。
 当日はポイントも二倍になります。
 そして、「たんぶか道」のメンバーによる演芸も。
是非、皆さま、お越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

「手話で学ぶ」ことについて

 以下、公益社団法人静岡県聴覚障害者協会の機関誌「静聴協便り」1月号に投稿した文章です。
 手話言語法の意見書が各地から出されて、運動が盛りあがっていますが、改めて、手話言語法を考える際に感じていることを記したいと思います。
 「手話で学ぶ」ことについて
 言語(手話)の権利の一つとして「手話で学ぶ」があります。手話通訳をしていて、「手話で学ぶ」とはどういうことか、を考えさせられる場面によく直面します。
 今までは普通、「学習の場面で講師に手話通訳をつけて情報保障をする」、と考えられていましたが、果たしてそれで十分なのでしょうか。
 ろうあ者には理解のし方に特性があります。特に手元の技術を学ぶ場合など、手元を見ながら講師の話を聞くことができないので(当たり前ですが)、「講師の話(の通訳)を見る時間」と「手元を見る時間」とを適切に分けながら進めていかないと理解が追いつきません。さらにメモなどを取る場合には、それも時間的に考慮して進めないと、メモも取ることができません。そこまでの配慮がないと「学ぶ」ことが健聴者と「等価」にならないのです。言い方を変えると、単に講師に手話通訳をつけただけでは「健聴者と同じになった」とは言えません。手話での情報提供と同時にろうあ者の理解の過程に合った進行の配慮がされて、初めて「健聴者と同じ」立場になるのです。理想的には手話で自由に話せる講師がろうあ者のスピードに合わせて、理解できるように工夫を重ねながら伝えていくことが求められます。 長年の取り組みで手話通訳がつくことになり、以前はできなかった学習ができるようになったことは大きな前進です。しかし、手話言語法の必要性が社会に広がっている現在、単に「手話通訳をつけてよしとする」だけでなく、本当に等価性が確保されるのか…までを考えて追求していく、新しいステージに入ったことを自覚して各種の運動を進めていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

今年も来ました、杉花粉

 今年も杉が赤く色づき始めました。毎年のことですが、山の風景が一変します。花粉症の方は写真を見ないでくださいな。150204 昨年(だったかな?)も紹介した、家の裏山。写真中程(少し左かな、山の斜面)の青くこんもりしているのは松林。普段はすぎも青いのでほとんど見分けがつかないのですが、今の季節だけは、「あそこが松」とすぐわかります。
 私はまだ杉花粉は何も身体に影響しませんが、今年も平和でいられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

飯箸ゼミ発表会

150203  2月3日、NPO複合力の畑活動にも参加して、自分たちで課題発見・課題解決を模索してきた明治大学の飯箸ゼミの発表会が東京水道橋で開かれました。20才(2年生)の大学生達の発表でしたが、それぞれに試行錯誤の跡が見られ、「3時間半&休憩ナシ+エアコンでとても暖かい部屋」のプレゼンも、眠くもならず楽しめました。学生達はとても素直ですなぁ。
1502032  終われば懇親会。飯箸先生の人脈で集まったお歴々も発表会からなだれ込み、老若男女入り乱れて話が弾み、気がつけば4時間以上腰を落ち着けて飲み続けていました。
 さて夜は・・・飯箸先生のお宅にお邪魔して泊めていただきました。本当にお世話になりました。150203_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

天中殺か???

 56才の誕生日周辺、愛車のタイヤはパンクするし、携帯(ガラケー)は水が入りクラッシュするし(「防水」仕様だったのに・・)、デジカメのSDカードもクラッシュすると、と少々ブルーになる出来事が続いています。二つのクラッシュはデータが少なからず飛んで、ショックであります。バックアップと小さな異変には、細心の注意が必要、と再認識です。
 前回のパンクは2011年。携帯の決定的トラブルは2013年。デジカメのトラブルは初めて。まぁ、ついていないことが重なるのもよくある話しなのでしょうな。何かもっと悪いことがこれぐらいで済んだ、と思うことにしましょう。3つあったから、これで終わって欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

面白ふしぎ学校、参加者募集

150201  NPO複合力で「面白ふしぎ体験ツアー」を開催します。写真は2月1日の静岡市広報「静岡気分」。合わせて、散策ボランティアガイドの養成講座も行います。
 散策ガイドを養成して、そのガイドと共に歩く、という一石二鳥の企画です。
 この「学校」開学のために、「面白ふしぎマップ」作りも最終盤。両日とも、これをもとに楽しい発見があることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »