« 6月13日 静岡新聞朝刊 | トップページ | 八重のドクダミ »

2015年6月14日 (日)

かいのどうぶつえん新作 「テントウムシの産卵」

 以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 毎朝、暗い478dm_5452 内から鳴き出すホトトギスの声で目が覚めます。庭で飼っている300匹ほどのオタマジャクシは、次々に手足がはえそろい、尾も縮んでカエルらしい姿になってきました。飛びだしやすいよう料理用ボウルの池に移したものの、貝の島(アカニシ)によじのぼって、じっとしたまま動きません。連日の好天気で干涸びないかと心配していたら、にわか雨が降ったとたん、待ってましたとばかり30匹ほどが草むらに巣立ちました。

 あっという間の6月。自然の生命が活気づく季節にあわせ、今週はテントウムシ(ナナホシテントウ)の産卵としました。体には大型のシジミを予定していたのですが、あきたらずに収納ケースを調べていると、ドンピシャな貝を発見しました。美しい色で女性に人気の「ナミマガシワ」は、ふつうはもっと平たい二枚貝ですが、この個体だけが丸みも色も天道虫そのもの。初夏の陽射しを映す光沢もいい感じです。黄色い卵はヒメカノコをならべてみました。
☆オフィシャルサイトでは、テントウムシの仕草を、いろいろな角度からごらんいただけます。
http://zoo-shell.com/zoo-shell_insect23.html

|

« 6月13日 静岡新聞朝刊 | トップページ | 八重のドクダミ »

貝の動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かいのどうぶつえん新作 「テントウムシの産卵」:

« 6月13日 静岡新聞朝刊 | トップページ | 八重のドクダミ »