« 天王船流し 山田康写真展 | トップページ | 手話言語法制定を求める全国集会 »

2015年8月28日 (金)

本居宣長記念館

 今回、せっかく松坂市へも行ったので、松坂城址も歩いてみました。「城址」といいましても城の建物はなく、石垣があるのみ。
 ただ、中に「本居宣長記念館」があり、見学してみました。
 本居宣長、といえばやはり「古事記伝」。まぁ、書かれたもを見ても端正な文字です。全く訂正の跡もなく、現在の文字フォントで印刷されたもの並です。性格がうかがわれるようです。
 展示を見ていて、本居宣長がいわゆる「地図オタク」だったことを初めて知りました。自筆の日本地図も展示されていて、これは見物です。先ずは自分の住んでいる所を探すのが人情というもの。「ありました、ありました、ここです」、と言いたいところでしたが、我が両河内は江戸時代の街道筋でないので何も載っていませんでした、涙。しかし、今の「宍原」が「獅子原」、「興津」が「沖津」と地名の表記が異なっています。昔はこうだったのかな?
 しかし、これを書いたのは17才の時ですよ。ほとんど行ったこともない全国を色々な資料を読みあさって、これだけ緻密で大きい(畳一畳ぐらいある)日本地図を書き上げるとは・・・・。
1508212_3 150821_4

|

« 天王船流し 山田康写真展 | トップページ | 手話言語法制定を求める全国集会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/62134486

この記事へのトラックバック一覧です: 本居宣長記念館:

« 天王船流し 山田康写真展 | トップページ | 手話言語法制定を求める全国集会 »