« 松浦武四郎記念館 | トップページ | かいのどうぶつえん新作 「おいしそう!」 »

2015年8月24日 (月)

赤い靴はいてた女の子

In 「全通研サマーフォーラムinみえ」の村岡恵理さんによる記念講演を聞き、興味深かったエピソード。
 村岡花子が給費生として女学校に通っていた時、給費生は学費が免除されるかわりに、「孤児院」で日曜学校の教師をしていて、その際に「さの(佐野)きみ」という名前の女の子がいた。その子が唱歌「赤い靴はいてた女の子」のモデルだったという。
 しかし、実際は船に乗る前に吐血して、異国へは行かず9歳で亡くなられたそうです。あの唱歌は野口雨情が、その実話ではあまりに悲しいので、ファンタジーチックに脚色したそうな。どちらにしても明治時代を背景とした悲しい話ですね。

|

« 松浦武四郎記念館 | トップページ | かいのどうぶつえん新作 「おいしそう!」 »

手話の活動に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い靴はいてた女の子:

« 松浦武四郎記念館 | トップページ | かいのどうぶつえん新作 「おいしそう!」 »