« 和歌山県みなべ町の日の出 | トップページ | かいのどうぶつえん新作 「パン食い競争」 »

2015年10月29日 (木)

紀州の梅風景

151027151023  第15回全国障害者スポーツ大会「紀の国わかやま大会」で泊まったホテルは名前の通り、和歌山県日高郡南部(みなべ)町にあります。周りには梅畑が広がる場所にあります。そう、ここは紀州梅の一大産地。梅畑に加えて、並んでいるビニールハウスの中には干してある梅干しがずらっーと並んでいます。さすがに静岡県では見ない風景です。
151027_2  たまたま、私が関わった競技を担当した和歌山県の本部役員は、和歌山県農業試験場で研究職をしている技師さんでした。最終日の夜、選手や役員とホテルの部屋で飲んだ際にいろいろ話をしましたら、「紀州梅の七割は梅干し、二~三割が梅酒」になるそうで、「米を食べなくなった」、「酒類全体の消費量が落ちてきた」影響で苦戦をしている状況、とのこと。確かに「放置梅畑」が広がっている感じでした。
 お喋りの話題はどんどん変わっていき、彼は基本的に日本酒が専門だそうで、和歌山の日本酒についても色々と教えていただきました。「和歌山県で自慢の日本酒ができたら送りますよ」とのことで、楽しみが増えました。
 連日連夜、拘束時間も長くて忙しかったですが、興味深い出会いもありました。

|

« 和歌山県みなべ町の日の出 | トップページ | かいのどうぶつえん新作 「パン食い競争」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/62564248

この記事へのトラックバック一覧です: 紀州の梅風景:

« 和歌山県みなべ町の日の出 | トップページ | かいのどうぶつえん新作 「パン食い競争」 »