« 盛岡「報恩寺」の「五百羅漢」 | トップページ | 日本手話研究所東海斑会議 »

2015年11月26日 (木)

三ツ石神社

151121_3 1511212_2  北山寺院群の中にある神社が「三ツ石神社」。ここが岩手県のルーツとも呼ばれています。
 昔、悪さをする鬼を三ツ石の神にお願いして捕まえ、二度とこの地に来ない、悪さをしない約束の印としてこの神社内の三ツ石に手形を押した・・とのこと。これが「岩手」の名の起源で、鬼追放を喜んだ踊りが「さんさ踊り」の起源、とも言われています。岩手県民には常識のお話しでしょうが、笑。
1511213_2 1511214_2  アップの写真は1986年に撮られたものです。手形に見えますね。石の割れ目などから見て、「ここら辺りかな?」と写真を撮ってみましたが、う~ん、手形が崩れてしまった感じ・・・。
 これって、本当?作り話?どちらでもよいのです。確認できないのですから。ただ、このような話が伝わっている地域は、やはり精神文化が豊かです。そんな地域があちこちにある、これが日本ですな。

|

« 盛岡「報恩寺」の「五百羅漢」 | トップページ | 日本手話研究所東海斑会議 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/62740782

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ石神社:

« 盛岡「報恩寺」の「五百羅漢」 | トップページ | 日本手話研究所東海斑会議 »