« 「駒引峠」行き | トップページ | 4月9日(土)10日(日)善光寺とたけのこ祭り »

2016年4月 4日 (月)

駒引峠行き その2 「直登」

160402  駒引峠へ西里から向かうと、山道は距離にして約3km。標高は150mから955mまで上がります。従ってかなりの標高差。途中、電力会社送電線の鉄塔がある場所までは管理用の山道がついていますが、そこから先の広大な杉林に入ると道のあとがありません。もちろん昔はあったのですが、長い間にわからなくなってしまったのです。目の前は右を見ても左を見ても全て杉杉杉・・・。そこをほぼ直登していきます。先人が付けたテープなどが唯一目印。これは初めての方にはなかなか難しい道です。
 この道、「嫁っこ道」と通称呼ばれていますが、名前のようなロマンチックな道ではありません、というのは現代人となっている私の感覚かな。地域の古老に聞くと、「峠の向こうの俵峰に祭りがあると、こちらの若い衆が峠を越えて遊びに行った」、と言いますから当時は生活道路、となっていたのですね。午前中に野良仕事をして昼飯を食べて、峠を越えて遊びにいったのかな、などと想像がふくらみます。その遊びに行った先で気に入った娘を見つけて嫁に迎えた例が多くあるのでこのような名前になっているのです。

|

« 「駒引峠」行き | トップページ | 4月9日(土)10日(日)善光寺とたけのこ祭り »

清水区両河内の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/63435425

この記事へのトラックバック一覧です: 駒引峠行き その2 「直登」:

« 「駒引峠」行き | トップページ | 4月9日(土)10日(日)善光寺とたけのこ祭り »