« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

ヤギが来た

160728  清水森林公園内にある、NPO法人複合力ショップcomo。7月末からヤギがいます。まわりの雑草を食べながら「メェ~」と鳴いているのはのどかな風景です。そんなのどかな風景を楽しみにいらっしゃいませんか。
 ただ、注意事項。
 ・「草などのエサはあげないで」。ヤギは人間を信頼しているのか、自分で食べる際には避けている毒草も、人間があげると食べちゃうのです。
 ・「誰ですか、紙をあげているのは」。紙もあげると食べちゃいます。でも紙には科学物質が多く含まれていますので、あげてはNG。
 眺めて楽しみましょう。気分が良さそうなら
なでられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

王様が来た

160727  ある日、何げなく玄関を見たら、立派な方が付いていました。今年は数が少ないように感じます。今年初めて家にやってきたのも7月下旬は遅い感じです。まぁ、でもいいでしょう。カブトムシを見てコーフンする子どもは我が家にはいませんので、どうぞのんびりしていて下さいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

レモンの花

160725_3  清水区興津にある山梨みかんトラストファームに植えてあるレモンの木。「レモンがなっているなぁ」と思って見ていたら、レモンの花が咲いています。隣には蕾も。あれあれ柑橘類は5月に花をつけるもの、と私は思っていましたが、聞けば「冬以外はいつでも花がつく」とのこと。何だか節操がないなぁ。それだけ気候が成長に適しているというか、生命力が強い、というか。まぁ。頑張って大きくなって下さいよ。レモンは私は大好きです。梶井基次郎の「檸檬」も好きですが、笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「お面-Ⅱ」

538dm_9312b  以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 今朝突然、大学の同期生からメールが入りました。アフリカ旅行からもどり、成田から青春18切符で四国に帰宅の途中だが、JR大船駅あたりで会いたい。ボツワナでひろった貝を渡したいとのこと。えっ!とるものとりあえず駆けつけてビールで乾杯し、もどったところです。
 今週は、夏祭りの「お面屋さん」イメージです。あれ、どこかで見た顔も?
 さて、メール配信が済んだら週明けに迫った作品展の搬入準備とワークショップの準備にかかります。そして次回は・・・。

☆あの顔この顔。マグネット入りのお面たちの表情をお楽しみください。
http://www.zoo-shell.com/hall_multipurpose29.html
☆教 室 有隣堂:ルミネ横浜店7月29日(金)、セレオ八王子店8月11日(木)
http://www.yurindo.co.jp/yokohama-lumine/7087
☆葉山図書館作品展(1F):7月26日(火)~8月28日(日)
☆葉山まちづくり協会作品展(2F):8月2日(火)~10月10日(月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

甘夏みかん畑も草刈り

160725_2  清水区興津にある山梨トラストファームで昨年から始めた甘夏みかんの畑。こちらも除草剤は使っていませんから、梅雨の時期には草が伸び放題。というわけで、先日草刈りに行きました。段々畑に作った道も草に覆われて見えない始末。草刈り機をブンブン言わせながら刈り進みました。それでも甘夏みかんがなっているのを見ると嬉しいものです。「来年の4月末に切るから美味しく育ってね」、と声をかけました。。
 まわりのみかん畑は早々に耕作放棄しているので、そこから伸びてくる「葛」が大問題。水際で食い止めている感じです。いずこも畑に手が入らなくなっているのは同じだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

かいのどうぶつえん新作 「車いすマラソン」

537dm_9003  以かいのどうぶつえん園長コメントです。

 パラリンピックの陸上競技では、「レーサー」と呼ばれる軽量な競技用車いすが使われます。42.195kmを走る車いすマラソンの世界記録は1時間20分台で、2時間2分台の一般のマラソンと比べ圧倒的に早いそうです。

 先日、車いすラグビーをTV観戦して、ぶつかり合いの激しさに驚かされました。日本チームは世界ランキング3位で、リオ大会の出場資格を獲得。さあ、みんながんばれ!
☆「車いすマラソン」のランナーが抜きつ抜かれつ!迫真のシーンをこちらでどうぞ。
http://www.zoo-shell.com/sports_31.html
☆教 室 有隣堂:ルミネ横浜店7月29日(金)、セレオ八王子店8月11日(木)
※両店とも7月16日より教室予約、作品展示開始予定
☆葉山図書館作品展(1F):7月26日(火)~8月28日(日)
☆葉山まちづくり協会作品展(2F):8月2日(火)~10月10日(月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

como、夏休み営業モードに

160726como  NPO法人複合力ショップcomo。7月も下旬に入り、それまでの土日祝日営業から、毎日営業の「夏休みモード」に入りました。地元の学生や主婦の方々にアルバイトでご協力いただき、シフトを組んでいます。あとは毎日、お天気が晴れてくれれば言うことナシです。
 8月1日(月)はお休み予定ですが、それ以外は8月21日(日)まで毎日営業いたします。是非、暑い夏に冷たいジェラードなどを楽しみに、皆さまお越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

田の草取りのお楽しみ

160724  暑い中での田の草取り。「こんな苦行によく集まるよ」、といったところですが、お楽しみもあります。その一つは昼食の流し素麺。毎年恒例で、NPO法人複合力が田んぼ作業を始めた4年前から続いています。
 今年もよく食べました。子どもも、普段なら1杯しか食べない感じでも、流し素麺となると話は別です。ツルツルツルツルと沢山食べました。今年はワサビもこらしょとおろして、ワサビ素麺。これがまた、美味い。
160724_2  そして、川床。田んぼ近くの黒川(興津川の支流)に水遊びが出来るスペースを準備しました。これも4回目ですが、昨年は台風の影響で増水して見送り、一昨年は大雨の中で見送り、と久しぶりの川床です。親が草取り作業中、子ども達も十分楽しんだようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

田の草取り

160724  NPO法人複合力の田んぼで、毎年恒例の田の草取りイベントを行いました。一番暑い季節ですが、今年は案配よく曇ってくれてありがたい限り。都合のつく方はしっかり15時まで応援していただきました。除草剤も使わないので、これも毎年のことですが、雑草が多い。今までも除草していましたが、この日は人海戦術。
 曇っていても焼けるものですね。作業ズボンをまくっていたら足が焼けました。皆さま、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

電鍵

160723  「電鍵」。「でんけん」と読みます。ワープロの漢字変換でも出てきませんが、日本語です。死語になりつつありますがモールス信号を叩く装置のことです。近所のアマチュア無線家のところに行きましたらありました、電鍵が。なつかしぃ。
 私も一応「一級アマチュア無線技師」の従事者免許を持っています。もちろん電鍵も叩いていました。一番夢中になっていた頃はかなりのハイスピードで送受信をしていましたし、欧文と和文と完璧に使い分けていましたので、頭の中はバイリンガルでした。
 写真の右端は「縦振れ電鍵(米つきバッタ)」。モールス信号を打った事のある人は必ず使ったことがあります。真ん中の二つは「半自動電鍵(バグキー)」。親指と人差し指でつまむ形で打ちます。親指が短点を自動的に打ち、人差し指で長点を打ちますが、長点の長さは人差し指の動かし方で決まります。これを使っている人はかなり個性的なキーイングをしていました。左端は「自動電鍵(エレキー)」。親指はバグキーと同じで人差し指で長点を自動的に打ちます。
 私はいつもエレキーを使っていました。コンテスト(大会)の時など、記録(ログ)を書くために長点と短点の打ち方を逆に設定して、左手で打ちながら同時に右手でログを書く、というかなりアクロバティクな事も平気でやっていました。欧文和文のバイリンガルに加えて、左右どちらでも打ち分ける、というのは脳の中ではどのような働きをしていたのかなぁ。こんな話しを始めると書きたいことが沢山出てきますが、今日はここまで、笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

リレー・フォー・ライフボランティア募集

2016 2016_2  9月10日(土)9時~11日(日)14時まで、ガン患者支援のチャリティーイベント、「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016静岡」が静岡県立大学芝生広場で開かれます。現在、実行委員会では、この企画を支えるボランティアを大募集中です。
 ボランティア業務内容は、時間帯によって様々あります。どのような内容なのかは、チラシをご覧下さい。
Rfl Rfl_2  また、以前の開催時の写真も紹介します。興味があり、ご都合のつく方は是非、ボランティアにご応募下さい。
  お問い合せのアドレスは info@rfl-shizuoka.main.jp です。


 お問い合せのアドレスは info@rfl-shizuoka.main.jp です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

青大将がやってきた【注意:蛇の写真です】

160719  【注意:蛇の写真です】
 私はニワトリを飼っていまして、毎日いくつかの玉子を産んでくれています。それが、何日か前から玉子の数が極端に少なくなりました。これは蛇が来ているな、と先日家の前の畑にいる時、気をつけて監視していました。するとやってきました。全長は2メートル近くある大物の青大将。垂直な壁をするする上がっていき、4センチの隙間から鳥小屋の中に入っていきました。まぁ、何とも器用なものです。しかし、玉子を丸飲みしたあとは突っかかってそこから出ることが出来ません。玉子が消化されるまで、のんびりしています。
 青大将のエサにされてはたまりませんので、早速鳥小屋に手を入れ、入れないように目の細かい網を張ったり、と大工仕事。しかし、どこから入るかわからないな、要注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

種田山頭火句碑

160717  今回行った鷲津駅の隣は「新居駅」。この駅の近くに種田山頭火の句碑があります。読めば「水のまんなかの道がまっすぐ」。
 現代の東海道は道も電車も基本的には陸の上を走っています。浜名湖畔ではあり、場所によっては橋もかかっていますが、「水のまんなか・・・」とは???といぶかしい感があります。
 そこで調べてみると、山頭火の時代にはこの新居から隣の舞阪までは浜名湖の上を船で行き来していたのです。その間約6キロ。なるほど、それで「水のまんなか」なのですね。その後埋めたてられて、現在に至っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

鷲津駅そばの浜名湖

160716  湖西市鷲津へ行くと、駅を降りるとすぐ浜名湖です。改札を出てスムーズに行けば2分以内。観光などにも良い立地条件です。と言いたいところですが、何もありませんでした。湖を見ながらお茶でも飲めればよいのに、と思いましたが、駅から歩いてもそれらしいお店は見あたらないのです。湖畔には立ち入り禁止の朽ちた桟橋があるだけ。
 鷲津駅も浜名湖側には改札はありません。最初に「スムーズに」と書いたのは、改札を出て踏切を渡りますので、そこで足止めを食わなければ2分かからないよ、という意味です。
 何だかもったいない気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「ガリバー旅行記」

536dm_8511  以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 18世紀に発表された「ガリバー旅行記」(ジョナサン・スウィフト)は、時代とともに鋭い社会風刺が薄められながらも、骨太でインパクトのあるストーリーが愛され、世界各国で絵本や映画などに変身して受け継がれてきました。今回は、その第1編「リリパット国渡航記(小人国)」がテーマで、久しぶりに副園長作品です。

 今日の葉山は昨夜来の雨。貝ひろいはあきらめましょう。
☆ライオンが扮するガリバーとゾウの小人たちをさまざまな角度からごらんいただけます。
http://www.zoo-shell.com/hall_art43.html
☆「健やか倶楽部(アサヒ緑健)」vol.79に取材記事が掲載されました。
http://www.zoo-shell.com/image/sukoyaka_club2016.jpg
☆作品展 日時:7月26日(火)~8月28日(日)  会場:神奈川県葉山町立図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

浜名湖れんが館

160717  湖西市に行った際、鷲津駅から歩いていると、目についたのが「浜名湖れんが館」。由来を見ると、元々製糸工場の繭を乾燥させる倉庫だったそうです。湖西は大正時代、製糸業がとても盛んだったそうです。
 なるほどなぁ、と見ていたら中から音楽が聞こえてきました。中を覗くと、ライブのリハーサル中。全く問題なさそうな雰囲気だったので、関係者のような顔をして座って聞きました。
160716  「青春ポップス」とありますが、私が聞いたバンドは「Jポップ」や「ニューミュージック」などの言葉が出る前の曲をやっていました。まさに私の青春時代。あの頃、このような曲は「フォークロック」と言っていたよな、フォークのミュージッシャンがエレキギターを持ち始めた頃。泉谷しげるが岡林信康とライブでエレキギターを弾いているツーショットは今でも脳裏に焼き付いています。懐かしいなぁ・・・。などと感慨にふけりながらしばし聞き入りました。
このような予定外のお楽しみにぶつかるのが旅の良さですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

静岡第一テレビの取材

160718como  両河内の食材であるお茶、NPO法人複合力で作っているハックルベリー、そして今回のワサビ、と両河内の産物を使ったジェラートのラインナップが揃ってきました。
 夏休み前に、県内のみなさまに紹介したいね、と記者発表を企画したところ静岡第一テレビが取材に来ていただきました。今日取材して、本日夕方に放映されました。短い時間でしたが、放映、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

鷲津

160716  仕事で静岡県の最西部、湖西市へ行きました。東海道線では「鷲津」駅で降ります。東から行くと次の駅はもう愛知県。やはり静岡県の一番西です。
 鷲津駅を降りて、駅前広場に出るとバスが停まっていません。どこでも駅前にはバスターミナルがあるのが常ですが・・・。探すとバス停がありましたが、バスの時刻はご覧通り。この他に循環バスもありましたが、こちらも一時間に一本あるかないか(加えて、土日は運休とか)。
 仕事は湖西市役所の近くでしたが、歩いていきました。約20分。カンカン照りだったり雨ならタクシーですな。
ここは車がないと生活が厳しい環境のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

ゼロマイルポスト(標識)

Photo  先日仕事で東京に行った際、時間を見つけて寄ったのはここ。
 JR新橋駅南口を出て歩いてすぐのところ。高層ビルが建ち並ぶ中にあるのが明治時代の「新橋駅」。鉄道唱歌で有名な「汽笛一声新橋を~♪」・・・ここなのですね。明治の初頭。日本の鉄道発祥の地が残っています。当時の場所に駅舎も復元され、レールも敷Photo_2 かれてていました。ただ、当時の地面は少しだけ低かったのですが、それもわかるように工夫して展示されています。鉄道ファンには必見ですし、日々新幹線などの電車の恩恵を受けている方々も一度は来てみて、「ここから始まったのか」と感慨にふけるのもいいですよ。まわりの高層ビル群とのコントラストもなかなか見応えあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

コクゾウムシ(穀象虫)退治

160710  米や麦などの穀物を扱っていると、一番厄介なのは「コクゾウムシ(穀象虫)」。4月にはいるとゴソゴソと活動を始めます。「唐辛子を混ぜるといい」とか「ニンニクを入れると寄りつかない」とか聞きますが、私の経験では全然ダメ。米の袋など簡単に穴は開けるし、夏の頃には思いっきり米びつは穀象虫天国になっちゃってます。本当に最初はどこから来るのだろう????穀象虫が湧くのはお米が安全な証拠、などと言われますが、全く嬉しくないですわ。
 そんな穀象虫が唯一嫌うのは「太陽の光」。これは効果てきめんで、快晴時に干すとコソコソと逃げていきます。でもあまり干すと、米の味は落ちます。悩ましい。やはり最初から頑固な袋に入れて窒素充填したりするのが良い方法ですが、常温での保存はなかなかに難しい。やはり冷蔵庫が一番いいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

かいのどうぶつえん新作 「床運動」

535dm_8131  以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

人間社会のオリンピックに先駆けた園内競技会で、男子体操競技6種目が終了しました。

 「床運動」はネコ、「あん馬」はカエル、「鉄棒」はサル、「つり輪」はコアラ、「平行棒」はカエル、「跳馬」はワオキツネザルが、あこがれの金メダルを獲得しました。リオ五輪では、日本選手が何個のメダルを獲得するか?いまから楽しみですね。
 ただ、とっくに完成しているはずの女子体操は残り3種目が手つかず状態、パラリンピックの新作も急がなくては・・・。
☆ぴたりと着地を決めたネコ選手を、さまざまな角度からご紹介します。
http://www.zoo-shell.com/sports_30.html
☆青べか物語?3「砂と柘榴」を更新しました。消防組長の愉快な泥酔ぶりをごらんください。
http://www.zoo-shell.com/hall_theater03.html
☆作品展 日時:7月26日(火)~8月28日(日)  会場:神奈川県葉山町立図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

comoの新看板

160710como  梅雨ですが、暑い日が続きます。NPO法人複合力ショップcomoでは新しい看板が登場。
 先日紹介した「シフォンパルフェ」と
、夏に人気の「フルーツソーダ」。もちろんジェラートと野菜ゴロゴロカレーも好評。今週末は三連休。天気予報は雨っぽい感じですが、たくさんのお客さんが来ますように♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

山葵(わさび)

160710_2  我が両河内地区はわさびの産地でもあります。とは言うものの「どこでもとれる」、というのではなく、水がきれいな一部の地域でしかとれません。
 私のいる「河内地区」もそんなわさびのとれる地区。先日、近所のわさび農家から差し入れが。ご存じ「わさび漬け」。そして、「わさび三杯酢」と「わさび味噌」。加えて、「本わさび」じゃ。これを磨って刺身を食べると、スーパーの特売で買ってきたはずなのに、数段美味い刺身になります。しかし、今回はデカイわさびじゃ、惜しげもなくガンガン使えるのが嬉しい。。。
 デッキでわさびシリーズの写真を撮っていたら、パルちゃんがワンコラ。パルちゃんも刺身が食べたいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

今日も今日とて草取り

160710  NPO法人複合力の作業日。今日も今日とて草取り。。。
 田んぼに続いて、里芋畑の草取りもしました。里芋畑は今までの経験で行くと、一度草を取れば、あとは里芋がでかくなり、草を押さえてくれるので、これで収穫までOKかな。手間があれば、マルチをはがして、土寄せすれば更によい芋が付くのでしょうが。今度、一部でもやってみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

como新人

160709como  NPO法人複合力ショップcomo。夏の繁忙期を前にアルバイト要員が増えました。
 我が地域も少子高齢化。子どもの数が少なく、加えて高校を卒業して大学入学、となれば、ほとんど親元から離れてしまいます。この地に残って地元の大学に通う例は一学年に一人いるのかどうか。
 それでも、その「一人」がアルバイトに手を挙げてくれるのは嬉しいことです。加えて、若い奥さんがアルバイトに手を挙げてくれます。組んだシフト表を見ると、「つぎはぎ」な感じです、笑。中心的に担ってくれる人材が現れて欲しい、と切に願うところです。どなたか、いかが????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

清水七夕祭り

160708  7月7日は七夕。そして今年は7月10日まで清水七夕祭りをやっています。今年はバタバタしていて見に行けそうにありませんが、写メを送っていただきました。
 私の出身は神奈川県の茅ヶ崎ですが、隣の平塚も七夕は有名です。ガキの頃親に連れられて平塚の七夕に行くと、白装束を来た傷痍軍人が音楽をやっていたり、土下座して口上を述べていたり、ガキの目からはかなり異様に写りました。50年ほど前の記憶ですが、今でも何か引っかかる記憶でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

七夕

160707  昨日、7月7日は七夕。知り合いのおうちへお邪魔しましたら、七夕に関係する手作り人形が置いてあり、可愛かったので思わずパチリ。
 毎日、何だかバタバタと過ごしていますが、たまには空を見上げて、のんびりと牽牛星
織女星の物語に思いをはせてみるのもいいですよね。
 しかし、天の川は見えないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「青べか物語「砂と柘榴」」

534dm_1791b  以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 結婚式に招待されなかった消防組長の“わに久”が、激怒のあげく泥酔状態で、火の見櫓に登ろうとします。ところが酒に足を取られて2、3段のぼるとズリ落ちるていたらく。取り巻く見物人は止めるどころか、ゲラゲラ笑い、けしかけるというシーンです。手前にあるのは手押しポンプです。

・・・・・・・・<青べか物語「砂と柘榴」より抜粋>・・・・・
<わに久>「いまおれがすりばんを叩き鳴らして、宴会をぶっこわして、町じゅうをひっくらけえしてくれるだから」 ※すりばん=半鐘の連打(火事が近い!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて次回は、山本周五郎の世界が連続しましたので、ちょっと気分をかえてブラジルに目を転じましょう。
☆作品展 日時:7月26日(火)~8月28日(日)  会場:神奈川県葉山町立図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

里芋畑

160705  NPO法人複合力で植えた里芋。芽が出た季節は紹介しましたが、今ではすくすく伸びてきました。黒マルチをして植えつけると、とりあえず里芋周辺の草は大幅に押さえられるので、里芋の生長が草に勝っています。それでも一度は草取りをしないとな。一度取れば、あとは里芋が草を押さえてくれますので。
 秋の芋煮が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

8月6日(土)7日(日) ビオトープ復活大作戦参加者募集

16070607  静岡市清水区の森林公園「やすらぎの森」内にあるビオトープ。手が入らぬまま、何年か経っていましたので、何とか復活させよう、と昨年からNPO法人複合力と清水森林組合とで取り組みを始めました。
 今年も8月6日(土)午後と7日(日)午前とで開催することとしました。ただ今参加者募集中。
 自然環境学が専門の大学の先生もいらして、色々なお話も聞くことが出来ます。一番暑い季節ですが、汗を流して、ビオトープの再生に参加してみませんか。
 申込み締切は7月29日(金)です。
ビオトープ復活大作戦
期間:8月6日(土)7日(日)小雨決行
会場:清水森林公園「やすらぎの森」内
住所:静岡県静岡市清水区西里黒川地区
問い合わせアドレス:fukugoryoku@gmail.com
時間:6日13時~15時、7日9時~12時
参加費:500円(保険代)
駐車場:あり(やませみの湯東側空き地、当日案内あり)
アクセス:バスJR清水駅前から但沼車庫乗換、西里温泉前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

両河内グランドゴルフ大会

160703  先日は我が地域で「グランドゴルフ大会」がありました。色々な行事が自治会で行われ、参加の声をかけられるのですが、なかなか予定が合わず「すみません」を繰り返しています。今回は予定がついたので「出ます」と回答。
 しかし、グランドゴルフなどやったことがありません。「足を
思いっきり引っ張らないように」と思っていましたが、やはり足を少し引っ張ってしまいました。それでも結果は総合二位。ちょうど良い順位でした。暑い日でしたが、初めてお会いする方々とも一緒にプレイできて、楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

彼はギタリスト

160702  NPO法人複合力の田んぼを一日応援してくれた彼は、ギタリストでした。この写真は昼にショップcomoの名物カレーを食べる前に一曲弾いてくれたもの。
 夜のビール大会では、もう一ステージやってくれました。そこではギターと共に歌も。
 ちなみにギターはこちらで用意したもの。彼自身はもっと良いのを持っているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

外国人の助っ人

160702  この日も田の草取り。応援部隊にイギリスからも旅人が加わりました。
 タイのバンコクにしばらくいて、イギリスへ帰ろうか、友人にいる日本(静岡)に来ようか・・・で日本に来た彼。もちろん田んぼに入るのも初めて。「これがイネ、こっちがヒエ」と覚えてもらい、一緒に作業を。
 この日は田んぼ応援部隊は昼からそれぞれに用事がありましたが、彼だけは残って私と一緒に草取りを飽きもせず続けてくれました。だいぶ日に焼けて、腰が痛くなりましたが、作業のあとは恒例のビール大会突入し、夜は更けました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

ショップcomo シフォンパルフェ新登場

160626  清水森林公園内にあるNPO法人複合力ショップcomo。新しいメニューが登場しました。「シフォンパルフェ」。
 シフォンケーキにジェラートのセット、それにフルーツソースをかけたものです。
 フルーツソースは「ベリーベリー(ストロベリーとブルーベリー・ハックルベリー)」がお勧めですが、他にもキウイフルーツソースや青島みかん・レモネード・ジンジャエールなど、フルーツソーダ用のシロップも面白いです。
 また、ジェラートもお好きなものを選ぶことが出来ます。この週末だと濃い茶・ハックルベリー・ミルク・ワサビ・シソゼリーなどの取りそろえがあります。
 価格は460円。自信作ですよ。是非いかがですか♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいのどうぶつえん新作 「青べか馴らし」

533dm_1767  以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 浦安市の富岡公民館リニューアル記念イベントが無事終了し、園児たちは全員帰還しました。前回(2012年3月)は、東日本大震災による液状化被害が目立ちましたが、惨禍の爪痕はすっかり修復され街は活気にあふれていました。

作品展ではたくさんの方が熱心にごらんになり、心待ちにされていた方々との再会も数々ありました。教室では、前回1年生だった女児が、6年生のお姉さんになっていてびっくり!という、うれしいひとコマもありました。
 さて、「青べか物語」の2回目は、先生が青べかをなんとか乗りこなそうとする場面です。万事に露骨で、欲望丸出しな漁師町の生活描写は、周五郎にとって副旋律。主旋律は作家志望の貧しい若者と、長(小三)との心温まる交情だったのではないでしょうか。
・・・・・・・・<原作より抜粋>・・・・・
<長>「岸い着けるだよ先生、そんなことしていると海いいっちまうだぞ」(中略)
「先生のばかやつら、ええ流されてるだ、海まで流されるだ、ばかやつら、いいきびだ、わあい」
それは小学三年生の愛情の表現だった、などと私は云いたくはない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「青べか物語」の2話が入った『シアター』が新規オープンしました。
http://www.zoo-shell.com/hall_theater_top.html
☆作品展 日時:7月26日(火)~8月28日(日)  会場:神奈川県葉山町立図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »