« 脱穀作業 | トップページ | ハックルベリーの収穫 »

2016年10月17日 (月)

かいのどうぶつえん新作 「月の砂漠」

548dm_1533  以下、かいのどうぶつえん園長コメントです。

 月夜シリーズの第5回は、なつかしい童謡「月の沙漠」(作詩:加藤まさを 作曲: 佐々木すぐる)です。資料によると、砂漠にあこがれていた作者は、作詞にあたってアラビアの情景を念頭に置いたそうです。1923年(大正12)「少女倶楽部」に発表した時、フタコブラクダに乗った王子と姫の挿絵が添えられていました。しかし後年になってヒトコブラクダに描き直した理由は、フタコブは中央アジア(タクラマカン・ゴビ砂漠など)が原産で、ヒトコブが中東(アラビア・シリア砂漠など)を生息エリアとしているからでしょう。余談ですが、なぜ砂漠でなく沙漠と表記したのか?金の甕(かめ)、銀の甕には何が入っていたのか?などあれこれ推測して楽しんでいます。


☆NHK「ひるまえほっと」(2016年09月27日放送)をインターネットでご覧いただけます。
http://www.nhk.or.jp/marukana-blog/cat/tv/post-142693.html
☆「14ひきのおつきみ」を、さまざまな角度からごらんください。
http://www.zoo-shell.com/hall_art47.html

|

« 脱穀作業 | トップページ | ハックルベリーの収穫 »

貝の動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/64363076

この記事へのトラックバック一覧です: かいのどうぶつえん新作 「月の砂漠」:

« 脱穀作業 | トップページ | ハックルベリーの収穫 »