« お牛さん達の日光浴 | トップページ | 堆肥やり »

2018年1月 5日 (金)

渋柿が甘柿に

180104  毎日車で移動する道沿いに柿の木があります。毎年、多くの実をつけて、誰も収穫せずにいます。
 先日は、家の近くの同じような柿の実を食べてみました。そうしたら、渋柿なのに甘く変化していました。木についたまま干し柿になっていたのです。まるで干し柿・・・と言うか、歴史的には多分逆。木についた渋柿が甘い事に昔の人が気づき、干し柿を作る文化が生じたでしょう。
 今では甘いものも多くありますので、この柿には誰も見向きもせず毎年過ぎていくのです。しかし、それでもたわわに実をつける柿さんはえらい。「オイラ、子孫を残すためだわな」と柿さんに言われそうですが。

|

« お牛さん達の日光浴 | トップページ | 堆肥やり »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋柿が甘柿に:

« お牛さん達の日光浴 | トップページ | 堆肥やり »