« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月30日 (月)

お茶摘み、最盛期

180430  今日はお茶摘み最盛期。写真の茶園でもお茶摘み応援隊が40名。お茶作り40年の茶園オーナー自称「古老」に聞くと、「こんなに早い時期の茶摘みはない」、「今年は当初、5月3日に予定していたのを、成長が早いので今日(4月30日)にしたが、それでも遅かった。4月25日頃がよかったんじゃないかな」、「今まで最高に襲い茶摘みは5月12日。それでもその時は葉っぱが小さかった」、「とにかく40年やっていてこんなに早いのは始めて」、等々語ってくれました。
 さて、新茶が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

大麦畑は今

180428  NPO法人複合カの大麦畑。段々と色づき始める時期となりました。楽しみです。今年冬からの両河内エールの材料となる、この大麦。収穫はもう少し。それまで、綺麗な景観を作って、収穫時には沢山とれるといいなぁ。連休中、山羊のさっちゃんの赤たゃんと共に大麦畑の美しさも見に来てくださいませませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

まだまだ、赤ちゃん

180428  ヤギ小屋にはいると、すぐに寄ってきて、足に登ろうとします。高いところが好きなのですね。しかし、人間の足に登るのは無理。それがわからず何度でもトライしてきます。全く可愛い♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンプリンセス来港

180426 180426_2  清水港に大型客船「ゴールデン・プリンセス」が来港しました。初めての寄港です。友人が写真を送ってくれました。なにせ、10万トン超の大きさ、富士山とのツーショットでは富士山が小さく見えますわ。
 以前この姉妹船「ダイヤモンド・プリンセス」(さらに一回り大きい)が寄港した時に見に行きましたら、観光客が、港で着物の着付け体験をしていたり、楽しそうでした。寄港は半日程度ですので、両河内に来てもらうには時間なさそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

クマバチ

180425  また、クマバチがブンブン飛ぶ季節になりました。家の倉庫の梁などに穴を開けて巣を作っています。大きくて羽音も大きいので、一見怖い感じですが、とてもおとなしい種で、あまり人間に興味はないようです。しかし、この体型でもって、小さい羽でよく飛ぶ事が出来るもので、昔から大いなる謎だったようです。流体力学でレイノルズ数の存在で飛ぶ証明がされています。自然の不思議ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

みかん山の草刈り

180423  甘夏みかん収穫の前に草刈りに行きました。甘夏みかんは・・・今年は豊作です。昨年は少なくて、淋しかったですが、今年は表年なのですね。
 しかし、まわりのみかん山も段々と手が入らなくなって荒れた山が広がっています。何ともやりきれない光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

仲良しこよし

180420  NPO法人複合力で飼っているヤギとニワトリ。ニワトリを放すと、ヤギ小屋へ行き、敷き藁を盛んにつつきまわります。子ヤギが興味津々で近づいてもニワトリは騒ぐでもなく、仲良しです。ニワトリとヤギのツーショット、なかなか画になる風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

竹の子掘り

180422  今日はNPO法人複合力で竹の子掘りをしました。事前に子どもも含め90名以上の申込みがあり、半分、青く。
 それでも何とか切り抜けました。竹の子は表年でニョキニョキと出ていて、たくさん掘る事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

桜染め

180415  NPO法人複合力の染め物グループ。先日の打合せの時、メンバーが染めてきたものを披露しました。
 これは何で染めたものでしょう???答えは「桜」。えっ、桜の花で染めたの?いえいえ、違います。桜の葉?それも正解ではないわ。答えは「桜の枝」。桜の枝でこんなに鮮やかなピンクになるとは。
 実は写真の彼女が着ているのも同じく桜の枝で染めたもの。手にしているのと何が違うのか?答えは媒染。手にしているもの媒染なし。着ているのは鉄媒染をしたもの。随分と違うものです。しかし、奥が深いですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

名前の募集

180419  一昨日生まれた子ヤギさん。どうやら一匹だけのようです。ヤギは二産目以降は二頭生むことが多い、と聞いていましたが、今回は一匹だけでした。
 さて、この子ヤギさんは女の子ですが、まだ名前がありませんので、名前を募集中です。「さっちゃん、のような和名がいいな」などの声も聞かれますが、森のジェラートショップcomoでも名前の募集を始めました。
写真は遊び疲れて寝ているところ、首が痛くないのかな、笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やんちゃ盛り

180418  ヤギのさっちゃんの子ども。メスヤギさんです。産まれて、24時間。赤ちゃんはやんちゃです。赤ちゃん誕生のお知らせは、フェイスブックやブログ、口コミやラインで広まり、近所の子どもやその他、色々な方が見に来ます。ちょこちょこ歩きまわってはすぐに横ななり寝てしまいます。やはり、まだ赤ちゃんですわ(当り前か)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

子ヤギの誕生

180417  森のジェラートショップcomoのアイドル、ヤギのさっちゃん。出産予定日を一日過ぎた今日、子ヤギを生みました。出産時刻は15時52分。立ち上がったのは16時02分。何と10分で立つのです、すごい。その後3時間かけて、出産後の後処理をしていました。最終的には子ヤギが初めてウンチをするまで。ウンチをしたのを見届けて、それを食べて、ギャラリーが多数いる中で母子共に小屋に入り、同じ格好で寝てしまいました。
 お腹の中にはもう一ついる感じですが、明日になるのかな。とにかく、さっちゃん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習会講師

1804141  静岡の隣である、駿南地域のろう協と通研支部との合同学習会の講師をしてきました。自分自身の事を語るテーマでしたので、昔のエピソードとそれから教訓となったこと、覚えて欲しい歴史のお勉強、と目先も変わるように講演内容を組み立てました。皆さん、最後まで熱心に聞いてくれましたので、ひとまずホッ。
 人前で話すために事前準備をしていると、自分が一番勉強になり、よい体験をさせていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

さっちゃん小屋増築

180415  NPO法人複合力で飼っていて、森のジェラートショップcomoの看板娘のさっちゃん。いよいよ出産予定日が迫ってきて、小屋を増築することとなりました。そこで強力な助っ人で来たのがアランさん。なんだかんだ言いながら、一緒に半日で小屋の増築を終えました。
 さて、これで出産を待つばかり。さっちゃん、がんばりましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

お米検査

180406  NPO法人複合力で作ったお米。最終的には持ち込んだ米は全て検査の通りました。
 お米の検査は基本的には全量検査。量が多くなければ持ち込んだすべての袋(30kg)から検体を取り出して検査をします。検体として取り出して、残った米がでますが、それをどうするか、と言うと、専用の袋に入れて処分した証明と共に報告するそうです。
 昔、米が貴重だった頃、検査のために抜き取った米を横流ししたり、自分たちで食べてしまったりすることがあったそうで、管理が厳しくなっている、とのこと。確かに集めればそれなりの量になるでしょうし、「塵も積もれば山」です。しかし、今ではあまり考えられない気もしますが、主食のコメならでは、ですね。歴史を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

ブルーベーリーの花

180410  両河内にもブルーベーリーが意外と多くあります。それらが今、花の準備中。少し遅い時期の三寒四温の毎日ですが、確実に季節が進んでいることを、こんなところでも感じます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

障子張り(直し)

180409  NPO法人複合力で運営している貸し切り古民家「安来里」。子どもたちがいたずらで障子に穴をあけてくれます。先日は会員が応援で障子直しの作業をしてくれました。
 全面張替えは時間がなかったので、穴のところに裏から張る方法で。以前もやりましたので、ほとんどパッチワーク状態。まぁ、これもよいでしょう。作業応援いただき、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

大麦畑は今

180410  NPO法人複合力で撒いた大麦。順調に育ち、穂が付いてきました。このまま行けば5月半ばには黄金色した風景が見られることでしょう。
 米がたわわに実った風景も美しいですが、麦の色は米以上に鮮やかな金色です。楽しみですわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

朝倉さやさんがやってきた

180410  NPO法人複合力の森のジェラートショップcomoに静岡放送、SBSテレビに出ている朝倉さやさんが取材にやって来ました。
 「朝倉さやのひとり観光協会」という、SBSテレビ「イブニンタアイしずおかエンタ」内の人気コーナーで取り上げていただくことになったのです。
 放送予定は4月30日(月)~5月4日(金)の番組内(16時45分~17時50分)。10分程度だそうですが、楽しみにしていましょう。
 写真はcomoで放し飼いになっているニワトリに興奮気味の朝倉さやさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

色彩選別

180112  何も知らないまま、酒米の検査に臨んだら、最初に検査官から言われたのは「選別が不十分」。要はカメムシにやられた米やモミ等の混入が多い、とのこと。これらが一定のレベルまで少なくしないと「等級外」。
 何百キロものコメを選別するの??と途方にくれたら、専用の機械がある、とのこと。しかし、専門の機械だし、米の品種によって様々な微調整が必要なので、これをクリアするのはかなりシビア。
 四方八方あたって、静岡市内には使えるところがなく、市外でかけてくれるところが見つかりました。「色彩選別機」といいますが、紹介されたライスセンターにうかがいますと、とんでもなく大がかりな機械(当り前ですが)。何せ一粒一粒に光を当てて、等外米を風で吹き飛ばすものですから、大がかりで繊細。
 ここも紆余曲折がありながらも、ライスセンターのご厚意で何とかクリアしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

米の検査

180320  合法的に「純米大吟醸」などと名乗れる日本酒を作るために、まず酒米の検査が必要。それさえも私たちは知らなかったのですから、素人の度胸とは恐れ入る話しです。
 お酒は税金が絡んでいますので、その過程は法律でガチガチに規定されていることを今回初めて知りました。
 例えば検査所へ持ち込むために玄米を入れる紙袋にも規格があります。ホームセンターで売っている米袋では「アウト」になる可能性もあります。「自家消費米だから」といっても検査を受け付けてくれません。これは検査担当者が例として話してくれたことですので間違いありません。
 そして我が地域の清水農協では、もう10年以上米の検査そのものをやっていません。隣の静岡農協へ持ち込んでの検査となります。
 あれやこれや、初めての興味深い経験がたくさんありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

お米の検査

180406  NPO法人複合力で昨年育てた酒米「亀の尾」。合法的地元日本酒とするにはさまざまなハードルがあります。その最初はコメの等級をとること。最初は検査を受けることも知らず、検査はどこでしているのかもわからず、その検査での審査基準も知らず、との状況で始めたものですから、これは大変。色彩選別ってなんだ?どこでどうやってやるんだ?水分含有量も下げなきゃ、と次々に新しい課題が出て、それに対応しながら、やっと本日検査が終了しました。曰く、「悪戦苦闘米じゃ」。
 紆余曲折しながら、一応一通りのプロセスは理解しました。今年はそれに合わせて進められるので、少しは楽にできるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

バリ勝男クンふりかけ、販売開始

180404  ろう重複障害者などが利用している、静岡市駿河区にある就労継続支援B型「ありんこの里」で新商品が出ました。今まで「バリ勝男クン」として、おやつやつまみに、ヘルシーで美味しいかつおぶしチップスを出していたシーラック株式会社で作られた、静岡県オリジナルのふりかけです。
 伊豆から浜名湖までの県内名所紹介のパッケージと、ウナギやお茶、富士山等をかたどった海苔が入っている楽しい静岡限定商品です。
 お問い合わせは、「ありんこの里」電話054-284-4054、fax054-284-4054へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

夜の屋外プアパーティ

180404  竹の子を掘ると、すぐに茹でます。と言うわけで、今夜も竹の子を茹でました。茹でながらビールを一杯。一杯が二杯、といつものパターン。外で飲んでいてもあまり寒さを感じない季節となりました。打も夜が更けてくるとやはり寒いので家に入り、ストーブ周りに移動しましたが、笑。
 写真、暗くてわかりませんが、食器の中はウドの酢味噌和え・手作りこんにゃく・ワサビ茎のコブ和え・焼竹の子、などと春の味覚満載でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

大平バス開通式の写真

180331  先日の3月31日で営業を終えた大平行きの静鉄バス。開業は昭和43年4月1日。その時の写真を拝見しました。花束を渡しているのは当時小学校三年生の児童。ちなみに私はこの時4年生だから私より一つ年下なのですね。
 今から約50年前です。大平路線開業当時のエピソードも語られました。
・道路は未舗装で道端の家は泥水がはねた。乾燥時は土煙。
・バスはニッサン民生の中型ボンネットバス。ボディーは呉羽コーチ。
・車掌が乗っていてバック時は笛で合図。
・オーバーヒート時はバケツで水を補給。
・運転手の制服・帽子・ネクタイは偉く見えた。
・車掌の白いブラウスは美人に見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

第30回 善光寺とたけのこ祭り

180415  来る4月14日(土)・15日(日)に布沢で「善光寺とたけのこ祭り」が開かれます。今回は30回目の開催。私が両河内に住み始めたころに始まったイベントですが、毎年多くのお客さんでにぎわっています。
 今年はたけのこも表年でしょうか。美味しいたけのこを期待できそうです。
 皆さま是非、遊びにお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

モルト作り実験

180329  NPO法人複合力で進めている合法的酒造りの取り組み。様々なハードルはありますが、先ずビールのモルトを自分たちでできないか、と実験を始めています。
 モルト作り試作機で大麦の芽出しをやってみたところ、かなりのバラつきが出てきます。できれば均一に芽を出させたいのですが・・・試行錯誤です。
 しかし、噛んで味わうと、これが甘い。糖化が進んでいるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静鉄バスラストラン

1803312  約50年前に大平まで延伸した静鉄バス。それが3月31日を持って終了することとなりました。最終日の最終バスが発車するのに合わせて、「大平始発最終バスを見送る会」が大平自治会などの企画で開催されました。参加者からはさまざまな思い出が語られ、住民の足だったバスとのお別れをしていました。
 4月1日からは、新しく「ココバス」が運行を始めます。また、新たな歴史が始まり、新しい思い出が紡がれることでしょう。
 「静鉄バスさん、たくさん思い出をありがとう」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »