« 米の検査 | トップページ | 朝倉さやさんがやってきた »

2018年4月 9日 (月)

色彩選別

180112  何も知らないまま、酒米の検査に臨んだら、最初に検査官から言われたのは「選別が不十分」。要はカメムシにやられた米やモミ等の混入が多い、とのこと。これらが一定のレベルまで少なくしないと「等級外」。
 何百キロものコメを選別するの??と途方にくれたら、専用の機械がある、とのこと。しかし、専門の機械だし、米の品種によって様々な微調整が必要なので、これをクリアするのはかなりシビア。
 四方八方あたって、静岡市内には使えるところがなく、市外でかけてくれるところが見つかりました。「色彩選別機」といいますが、紹介されたライスセンターにうかがいますと、とんでもなく大がかりな機械(当り前ですが)。何せ一粒一粒に光を当てて、等外米を風で吹き飛ばすものですから、大がかりで繊細。
 ここも紆余曲折がありながらも、ライスセンターのご厚意で何とかクリアしました。

|

« 米の検査 | トップページ | 朝倉さやさんがやってきた »

NPO複合力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色彩選別:

« 米の検査 | トップページ | 朝倉さやさんがやってきた »