« 両河内ロゲイニング実行委員会 | トップページ | 秋の味覚を収穫 »

2018年9月15日 (土)

9月5日静岡新聞朝刊 中河内在来大豆

180905  両河内の大きな沢は私がいる「西河内」ともう一つ、「中河内」とあります。どちらも他の地域から隔絶されている感があり、在来種が残りやすい環境なのです。
 中河内は蕎麦の在来種で近年注目を浴びていますが、今回は在来大豆の生産にも乗り出しました。山の畑で脈々と作り続けていたのですね。
 9月5日づけ静岡新聞朝刊の記事です。

|

« 両河内ロゲイニング実行委員会 | トップページ | 秋の味覚を収穫 »

清水区両河内の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/67172031

この記事へのトラックバック一覧です: 9月5日静岡新聞朝刊 中河内在来大豆:

« 両河内ロゲイニング実行委員会 | トップページ | 秋の味覚を収穫 »