清水区両河内の紹介

2018年1月16日 (火)

朝日の差し始め

180116  冬至から一月近くが過ぎ、昼の時間が少し伸びたのを実感します。それでも日が当たるのは7時半過ぎ。写真は朝日が当たり始めた西里地区。この時間が一番寒いのですよね。大寒はこれからだし、まだ冬は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

寒い朝

171230  昨日の朝は一番冷えた感じで、私の家で外の温度計が氷点下3度を下回りました。NPO法人複合力ショップcomoがある場所は一段と寒く、我が家から更に2~3度低くなります。これは寒い。駐車している車のフロントガラスには霜が立っていました。樹氷みたいなものかな。
171230_2  清水森林公園やすらぎの森にある水車小屋も寒そう。でも、さらに寒くなると水車の水が凍り、氷柱がたくさん出来て、それもなかなか美しいのです。これから期待できるでしょう。寒いのは苦手ですが、寒いなりに楽しみましょう。
 今年も一年、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

1月21日 「おやまマルシェ」開催

180121  1月21日(日)清水森林公園やませめの湯前広場で「おやまマルシェ」が開催されます。清水で様々に活動しているお店が約30店舗集まります。ここでしか食べられないスペシャルコラボの限定メニューや、地元猟師の猪料理など、お腹も楽しめる企画満載。当日、晴れる事を願って、皆さまお越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

雨が降らないなぁ

171222  冬になり、雨が少ない日が続いています。家の前の興津川も水量が落ち、川床にはコケがこびりついて、真っ黒くなっています。明日の夜から明後日にかけて雨の予報も出ていますが、どれぐらい降るのでしょうか。その後もまた晴れ予報ですし。しかし、これだけ水が少なくなっても興津川は枯れません。清水区内で完結している二級河川、興津川はえらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

朝の霧

171211  冬の朝、日が差す直前に見られる光景です。車が進む先には霧。そこに突入するとそれまでの天気がウソのように、まるで牛乳の中を走っているかのようになります。
 しかし、それも一瞬。すぐに太陽の日が差し、霧は急速になくなっていきます。冬の朝の光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

西河内小学校へ講師に

171004  静岡市立清水西河内小学校へ講師に招かれました。ここは私のいる地域の小学校ですが、地域の歴史について、福祉のこと、仕事の事など色々なテーマで、子ども達に話しに行きます。
 今回は「NPO法人複合力について聞きたい」と子ども達からもリクエストがあったそうで、依頼が来ました。「自由に話して下さい」と先生からも言われ、地域の現状も含めて語り、子ども達も熱心にノートをとっていました。
 将来の地域を背負う子ども達に、少しでも地域が元気になるよう、自分も関わる問題として考えて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

アマゴの卵

171202  先日の河友会忘年会に仲間が持参してきたもの。アマゴの卵。地元産だそうです。私は釣りをしないので、よくわかりませんが美味かったですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

河友会、忘年会

171202  毎年この時期に出している話題、河友会の忘年会です。
 河友会は河内地区の盆踊りを毎年企画していますが、年末の忘年会も一大行事です。若いメンバーが増えてきて嬉しい限り。一昔前までは、彼らの親父さん達と共にやっていたのが、知らぬ間に息子世代に代わっています。これはよい事なのですよね。彼らより若いメンバーを誘うには、私らではもうダメ。地元で長くやっていきましょうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

芋茶漬けレシピ

171116  先日の両河内ロゲイニングで大好評だった「芋茶漬け」。どこにもある里芋にお茶をかけるだけですが、食べている場所は意外と少ないようです。
 その芋茶漬けのレシピを仲間の農家の方が寄せてくれました。少し書き加えながら、ここに紹介します。是非皆さまチャレンジして里山の味をお楽しみ下さい。写真はお茶をかける前の状態で色々試した時のもの。

 芋茶漬けレシピ(保存版)
① 里芋の皮は半分残す(慣れれば、全て残してもOK)。
② 洗って一日乾かす(これもミソ)。
③ 塩ゆではやや濃い味、醤油で少し風味付け(ここでしっかり味が付いていれば、その後の塩味も不要です)。
④ じっくり炭火で焦げ目がつくまで焼く(香ばしさが出るのですよね)。
⑤ ご飯(麦飯もよし)の上に細かくつぶし(これもミソ)ながらのせる。
⑥ ご飯の量は芋の分量を考えて少なめ。
⑦ 塩味を何かで加える。塩昆布、ワカメ、金山寺味噌、梅酢等。
浜納豆などあればそれもグッド!(それぞれの塩味で風味が変わります。お好みを探すのも楽しみですよ)
⑧ 出汁粉(清水地域ではイワシで作ってある)も好みでかける。
⑨ お好みのお茶をかける。私は安い普通煎茶で。
 醤油をかける場合はお茶の後で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

ふじのくに美しく品格のある邑知事顕彰

1711282  県内全ての自治体などで作る「ふじのくに美しく品格のある邑づくり連合」に113カ所登録している中で模範的な地域などを対象に知事顕彰を行いました。顕彰を受けた3地域の中にNPO法人複合力が活動する静岡市清水区西里が選ばれ、自治会長や複合力理事長が知事から表彰を受けました。
 地域内に複合力を含め、様々な地域をあげての取り組みが展開されている事を評価された結果でした。
 表彰状の写しは森のジェラートショップcomoにも掲示する予定です。
 写真は知事顕彰式を報じた静岡新聞11月28日付け朝刊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧