旅行・地域

2017年9月 7日 (木)

江津市役所定食

170906  今週の火曜日、水曜日とNPO法人複合力の活動の一環で島根県へ行ってきました。車で行き、片道9時間。やはり遠かったです。道すがらの様子はインスタで写真をフェイスブックと共に挙げていきました。
 今回の島根行きで一番面白かったエピソードは水曜の昼ご飯。地元で紹介されたお店が「水曜定休」で、仕方なく江津市役所の食堂で昼食をとる事にいました。
 食堂へ行くと「定食300円」の張り紙。ご飯を大盛り、と頼むと「どれぐらい?」と聞き返されたので「盛れるだけ」と答えると、2杯分ご飯を持ってくれました。おかずも少しずつですが、10品以上あります。これで300円はありがたい。近くにあれば毎日食べに行くのに。
 一番笑えたのは会計。カウンタに小銭が入った箱が置いてあるだけ。勝手に代金を入れていくのです。横に「おつりは自分でとって下さい」の張り紙。まぁ、何とも牧歌的な世界ですわ。
 こんな所で、地域の雰囲気がわかりますね。よほど、悪意の人がいないか、悪意の行動が出来ないのでしょうね。島根県は今までも仕事で何度か行きましたが、私の好きなところの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

蒲原城跡

170619  静岡市清水区に編入された、旧庵原郡蒲原町。先日仕事で行った際、時間を作って「蒲原城跡」へ行ってみました。写真のこんもりした山がその跡です。山城ですから、建物は何も残っていません。空堀などが当時の名残をとどめていて、駿府と武田の戦いを想像されてくれる、「強者どもが夢の跡」を感じられる場所です。
 しかし、残念ながら手入れがされていません。本丸まで行く山道は草がすごい。本丸まで行くと、駿河湾が眼下に広がるはずですが、木が茂っていてほとんど眺望はゼロ。何だかもったいないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

静岡県総合教育センター「あすなろ」

170606  掛川市の山里にある、静岡県総合教育センター「あすなろ」。静岡県内の学校の先生方が色々研修などを受ける施設です。私も仕事で一年に何度かうかがいますが、建物のたたずまいといい、施設の立派さといい、どこかの大学のキャンパスか、と思うぐらいで、私にとっては、とても好きな場所です。
 最近は新東名が出来たもので、新東名の森掛川インターの近くですから、私の家から高速を使えば短時間で行く事が出来ます。この日も様々な教員の研修が行われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

松蔭寺

170421  沼津市にあり、昔から一度行ってみたい、と思っていたお寺が「松蔭寺」。少し前ですが、4月半ばにうかがいました。
 白隠 慧鶴(はくいん えかく)縁のお寺です。「駿河には過ぎたるものが二つあり 富士のお山に原の白隠」と言われていたように、臨済宗中興の祖、白蔭はずーと、この寺にとどまって活動を続けたのでした。当時、これだけ名声のある僧なら、当然京都へ出たでしょうに、ここが良かったのですね。
 境内の墓地には白隠の墓もありました。まわりは白隠を慕ってこの地にやってきた僧の墓がずらり。「これが白隠の墓か」、としばらく見ていましたが、その間にもタクシーで乗り付けたご婦人方が数多く見学に来ていました。
 有名な割りにはこぢんまりとして、でも品位のある、良いお寺でした。白隠の生家跡は、ちょうど整備中で工事をしていました。次ぎに行く時には完成していることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

道ばたのスミレ

170412  先日焼津へ行った際に道ばたの舗装の隙間からスミレが見事に咲いていたのを見てから、道を通る際に道ばたが一層気になります。
 そんな折り、これも掛川市内ですが、水路に沿って桜が満開の道がありました。道ばたLoveな私は道ばたを気にしたら、ありました。多分誰も気づいていないかも知れませんが、しっかり咲いていました。ハッピーな気持ちをありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

掛川市逆川土手のユリ

170412_2  掛川城の下を流れる「逆川」。その土手沿いには地元の方々が整備をしてユリが植えられています。今はまだ、伸び始めたところ。あと2ヶ月もすると見事にユリ畑となります。また、満開の時に来ることが出来るといいな。
 下のリンクは4年前にユリが満開の時に寄った記事です。

 ↓ 2013年6月半ばの日記 ↓
http://momotarou-k.cocolog-nifty.com/yukicyan/2013/06/post-21f7.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

電車と桜

170412  掛川市街地で桜を探していましたら、天竜浜名湖鉄道沿線にあることが判明。時間の関係で、そんなに遠くまでは足を伸ばせなかったのですが、たまたま立ち寄った「西掛川」の駅。改札も駅舎もありません。ということは、自由にホームに立ち入れます。時刻表を見たら数分すると電車が来ることが分かり、待っていて、電車が来たところをパチリ。
 ところで、この路線は昔、「二俣線」だった時に乗った記憶があります。まだ国鉄だった頃ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

桜と掛川城

170412  昨日、静岡県掛川市へ行ってきました。時間を作って掛川城に。ちょうど桜が満開。一昨日までの寒さも和らいで、青空。やはり、桜にお城は映えますね。時間もなかったので城の中には入りませんでしたが、外であっち行ったり、こっち行ったりしながら桜とお城の写真を撮っていました。これだけで十分満足。
 来週も掛川に行きますが、もう桜は終わっているでしょうね。どこか、短時間で楽しめる、良い風景の場所ないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

経年劣化

170408  東京の浜松町、といえばモノレール。小学生の頃、羽田空港へ行くのに使った記憶があります。成田空港が出来る前ですから、国際線も全て羽田で就航していて、羽田空港は並んでいる旅客機がとてもカラフルだったことをよく覚えています。それと同時にモノレールも珍しく、いかにも近未来な乗り物、との強い印象を持ちました。昭和39年、東京オリンピックの時に出来たものですから、私が乗ったのはその数年後です。
 あれから50年。モノレールの橋脚もだいぶ疲れてきた感じです。インフラの老朽化はどこでも叫ばれていますが、「未来の乗り物」も例外ではありませんでした。こちら、見ている側も年を重ねているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

屋形船

170408  雨の中、日帰りで東京へ。浜松町で見つけた風景。電気をつけて、これから出陣でしょうか。桜を見ながら屋形船で一杯・・・・なんてやりたいですね。
 以前、仕事で京都へセッセコと通っていた頃、「いつも京都に来ても会議ばかりで気の毒」と思われ、京都の仲間に醍醐の桜を案内してもらったことがあります。満開で、秀吉も感動した風景を私も堪能しました。屋形船ツアー、誰かセットしてくれないかな、笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧