経済・政治・国際

2015年9月15日 (火)

9月14日、国会前

150914  9月14日、仕事で日帰り東京でした。午前中に陳情で総務省、午後に厚労省と回りましたが、今週はなんと言っても安保法案一番の山場。全国紙には一面広告で国会前行動の意見広告が載っていましたし、そのタイミングで東京に行くなら、やはり参加しないと、と18時半からの集会に行ってきました。
1509144  17時半頃に国会前につきましたが、その時間から集まる人人人・・・。はじめは歩道だけで参加者に対応していた警視庁でしたが、19時を過ぎる頃には人があふれ出し、国会前の道は車両通行止めに。労組などの動員組がいる一方で、個人として参加している若い人も多い印象でした。「やっぱりこの法律はマズイ」と、1509142 どこかで感じているのですね。過激な行動に出るわけでもなく、機動隊も花火大会か何かの雑踏を制御している感じ。良くも悪くもこれが今の日本なのですね。私としては色々論議はあるでしょうが、それなりに好ましい状況だと思いますし、こんな日本がこれから永遠に続くことが一番、と思っています。
1509143  しかし、新聞などマスコミの取り上げ方は小さいですね。無視していてもツイッター等SNSで情報は拡散しますし、「じゃぁ、少し取り上げるか」ぐらいが編集方針だったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

国会議事堂の住人は??

141212  テレビでは「万歳」が続いています。
 しかし、投票率が少ないようです。こんなのでいいのかなぁ、と感じます。とにかく、日本をいい国にして欲しい、いまコメントはそれだけです。今夜はそろそろ寝ます。明日朝起きれば、100%国会議事堂の住人が決まっているのでしょうね。
 写真は一昨日の金曜日、東京へ行った時に撮ったものです。銀杏の紅葉ももう最後でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

7月20日 静岡新聞掲載

120720 将来の電力供給をどうするのか、国民の声を聞く会を各地で行っていますが、電力会社社員が「国民の一人として」意見を述べています。{やはりそれって、おかしいんじゃないの??」と静岡新聞に投稿しましたら、7月20日付けの朝刊に載りました。
 今は、パソコンから投稿できますので、敷居が低いですよね。これが原稿用紙に書いて封筒で送ることを考えたら・・・、今ではできません。
 後日、お礼として図書カードが1500円分送られてきます。楽しみだな、何の本を買おうかな。先日発表された芥川賞や直木賞にも心動かされますが、前回の本屋大賞、三浦しをんの「舟を編む」を読んでみたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

浜岡原発運転停止??

2_2  昨夜の管総理の緊急記者会見は驚きでしたね。でも、素人目に見ても浜岡原発の危険性とその事故の及ぼす影響は甚大なものです。試しに浜岡原発から20kmは?・・とアバウトに円を描いたら、東名高速道路や新幹線や東海道本線がスッポリ入ってしまいました。30kmなら国道一号線も止まってしまいます。建設中の新東名(第二東名)もダメかな。こりゃ、日本の経済は全滅じゃ。
 管総理の発表には「事前に地元への説明がなかった」などの批判もありますが、一刻の猶予も許されぬ、との認識が絶対なら、「これもありかな」とも感じます。関係機関などへ事前に根回ししても、コンセンサスを得るにはグチャグチャになって時間ばかりかかる案件ですから。
 でも、こうなった以上は、夏場の電力確保や長期的な電力計画の策定などにも毅然とした方針でブレずに臨んでもらいたいです。
 小泉前首相は、今のリスキーな新自由主義社会にした大きな責任があると思いますが(例の焼き肉屋の死亡事故もこれが遠因かな)、有無をいわさぬ牽引力は時代の背景があったとはいえ、一つの指導者の資質でした。管氏は、信行については、歴代の首相の中でも最もリベラルな人だと思うのですが、その信念に従ってリーダーシップをとって欲しい、と期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

不景気

Image300_2  我が家のニワトリさんのエサにするため、サンドイッチ屋さんからパンのミミをいただいていますが、そのお店も売り上げが芳しくないようで、「やめるかも」と先日言われました。
 最近、外食関係の店では値下げや、クーポン券の発行がおびただしいようです。最近、二つのお店へ行きましたら、どちらも次回用に200円のクーポンがついていました。500円の食事をしても200円引きですから、お店のもうけはかなり厳しいのでしょうね。でもそこまでしてお客を取り込みたいのでしょう。大手資本だからできる芸当で、個人の店はくだんのサンドッチ屋さんのようになるのでしょう。でも大手も、身を削って、体力勝負のバトルロワイヤル状態です。やっぱりやばい状態だな。

 写真は先日紹介した清水駅前の夜の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

選挙を終わって

0908280001  大騒ぎをした選挙が終わりました。選挙期間中に我が両河内が静岡新聞に取りあげられました。投票所を少なくしたら極端に投票率が下がったので、再び以前の投票所等で「出張型期日前投票」を実施したら投票率が上がった・・・というもの。山間地では、それまでも投票所が遠い地域があったのに、統合されたお陰で、投票所まで7Kmも離れたところもあります。そこまで一日に数えるほどしか走っていないバスに乗って投票には、多分行きませんよね。お街と違って買い物などのついでに投票、はできないところなのです。自宅に近い投票所がいかに大切かを物語る0908310002_2記事です。投票時間が3時間、というのも妥当かどうか、気になるところですが。

 開票が全て終わり、全当選者の顔写真や経歴の一覧が載った8月31日夕刊を見ていたら、私のブログでも何度か記事にした、浅羽由紀さんのコメントが載っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

静岡県知事選挙が終わりました

Image314  静岡県知事選挙は民主党が推薦した候補の当選で終わりました。自公推薦候補と1万票の「僅差」でした。しかし、もう一人の落選した候補者が民主党を離党している経歴の方なので、もし民主系候補が一本化されていたら30万票以上の差でケリがついた、という自民党にとっては発狂しそうな結果となっていたでしょう。

 静岡知事選の場合、当然国政の影響もあったでしょうが、「静岡空港」の問題も少なからず投票に響いたと思われます。投票日直前に開港一ヶ月となり、利用状況も報道されましたが、予想通り、「好調とは言えない状況」。静岡空港といえば、今日、国際線が一部休航を決めた、との報道もありました。「新型インフルエンザの影響」ともいいますが、インフルエンザがなかったらどうだったでしょうか。静岡空港をどうするかも新知事の大きな課題です。県民としては新知事の手腕に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

県知事選挙の手話通訳

Image232_2  静岡県知事選挙の投票日が近づいてきました。候補者が県民に訴える方法は色々ありますが、一番の方法は「政見放送」でしょう。しかし、これには手話通訳がついていません。日本語の文章を読むのが不得手なろうあ者は手話での情報保障が何よりなのですが、それがかなわないのが現状です。

 この課題は古くは「立ち会い演説会」の時からあり、公職選挙法の改正で「政見放送」が始まってからも、選挙があるたびに問題となっています。一部の国政選挙には手話通訳がつくようになりましたが、地方議会選挙や首長選挙ではまだまだです。

 代替の方法として、選挙管理委員会の予算で、放送された政見放送に手話通訳をつけたビデオテープを県内各地でろうあ者に集まってもらい、「政見放送を見る会」を開いています。今回も深夜までかかって手話入れ、編集を行いました。放送される政見放送に一日も早く手話通訳がつきますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

キャンペーンにも不況の影響??

Image064_2  知り合いのお店で、パスコのパンを扱っていて時々買ってきます。パスコでは春になるとキャンペーンを行っていて、かわいいエコバックなどをもらえます。写真のバックは昨年の、だったかな。そして今年もキャンペーンが始まりました。ところが、応募に必要なポイントが、昨年は「5ポイント」だったのが今年は「30ポイント」に変更されていました。箇々のパンに付いているポイントは2倍になっているようなので、単純に考えてバック一つもらう(送る)のに3倍の価値(手間)が必要になった、ということですかね。昨年までは二種類出ていれば二種類いただけましたが、今年はどうかな。一種類応募できますかどうか。。。

 Pasco 春のキャンペーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

障害者自立支援法案廃案に

 8月6日の土曜日、静岡県聴覚障害者関連障害者自立支援法大学習会(ちょいと長い名前だ)が150名余りを集め、静岡労政会館で開かれました。さて、県内各地でいよいよ本館的に取り組みを開始!!と決意を新たにした矢先の8月8日(月)、参議院本会議で郵政民営化関連法案が否決され、小泉内閣は衆議院を解散しました。この解散に伴い、参議院厚生労働委員会で審議されていた「障害者自立支援法案」をはじめ、審議中の61法案全てが廃案となりました。
 今年2月に開かれた全通研冬集会(東京)時に開催された日ろう連と全通研・士協会の緊急学習会から始まった今回の取り組みですが、他の障害者団体とも歩調を合わせ厚労省への大きな圧力となったことは事実です。障害者自立新法案の問題点、例えば応益負担の問題や、特に聴障者のコミュニケーション保障に応益負担がなじまないのは何故なのかなど、私たちは一人一人がきちんと整理をして、社会に対してもさらに理解を広めていかなければなりません。
 自立支援法案は今回廃案となりましたが、これで法案そのものがなくなったわけではありません。厚生労働省としては障害者福祉の新たな切り札として、改めて近々いずれかの国会へ上程することは明らかです。新たな障害者自立支援法案は今回の私たちの強い抵抗があったために、リニュアールされもっと手強い法案として次回は私たちの前に出てくるかも知れません。
 この次に障害者自立支援法案と相まみえる時、私たちももっとパワーアップしていましょう。それよりも、障害者の暮らしが十分に理解され、支援法案などが出されないような社会を目指してこれからも活動を進めていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧