お山の生活で感じた事・体験したこと

2018年12月 1日 (土)

河友会、忘年会

181201  毎年恒例の事ですが、12月第一週の土曜の夜は河友会の忘年会の日。今年も墓地の草刈りをして、盆踊りの企画運営を担い、一年の活動のシメとなりました。
 地区の青年団が消滅して、自主的に立ち上げた会ですが、そろそろ30年になろうとしています。これからも長く続けて行ければいいですわ。
 だいぶ酔っぱらってからの写真撮影はブレブレで、どうしようもないですわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

庭で育った白菜

181107  ご近所の家に行った時、「あれあれ、立派な白菜が置いてあるな」。と、よく見ると、収穫したものでなく、まだ根づいていて生きているもの。
 話しを聞けば、「畑に植えた苗がここにこぼれたもの」、との事。まぁ、庭で肥料っけもなく、土も硬いのに良く成長したものです。畑で作るより大きくなっているのでは???「そろそろ鍋にしようかな」と言っていましたが、美味しい鍋が食べられる事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

10月2日静岡新聞朝刊

181002  中山間地の現状を投稿しました。楽しい話しばかりでないのが、つらいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

台風24号の停電

181002  台風24号で私の家も停電になり、ラジオで聞いていたら「復旧まで数日」とか言っていたので発電機や水タンク(井戸水がポンプが使えず出ない)を準備して、長期戦に備えました。
 おかげさまで、約一日で通電し、やれやれでした。一日携帯とパソコンのネット
が通えないとは、えらく不便だし、不安です。

 ところで、わが地区両河内も広いので、電気が地域外から引っ張ってくるのに複数の経路があります。今日見ると、復旧しているところと、まだ真っ暗なところとあります。同じ自治会でも県道をはさんで左右で通じている地区と停電の地区があったりします。
 しかし、停電になると、携帯電話の基地局もバッテリーなのか、しばらくすると使えなくなり、ひかりの入っていないわが地区は携帯もダメ、インターネットワィファイもダメ、と最新の情報手段は全く使えない状態に。停電の中で情報が得らけるのは唯一ラジオのみ、と戦時中と変わらない状態に。緊急・災害時の情報入手法を改めて考えさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

何のキノコかな

180930  ただ今ミョウガが沢山とれていますが、ミョウガに混ざってキノコも数多くあります。
 名前も分かりませんが、こんなキノコも。もともとは芋のような色や形をしていて、ある日写真のように花が開いたようになります。食べられそうな感じですが、もちろん食べません。お山には面白いのがありますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

白い彼岸花

180920  白い彼岸花も時々見ます。ある種の除草剤の影響でも白くなる、と話を聞いたことがあります。でも原因はそれだけではないようです。NPO法人複合の森のジェラートショップcomoの前にも白いのと赤いのと咲いていました。
 彼岸の中日も過ぎ、中秋の名月もやってきます。秋本番です。まだ、残暑厳しいですが、笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

一本だけのヒガンバナ

180920  今の時期、お山はどこでも彼岸花が満開。彼らの体内時計は相当精度がいいのですね。毎年感心します。
 さて、彼岸花は群生して咲いているのですが、一本だけのを発見。
 これから、群を作るのでしょうか。来年以降、楽しみにしていましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

秋の味覚を収穫

180911  暑い、暑い、と言っていた時はすぐ先日なのに、今や秋の気配濃厚。まだ残暑はあるそうですが、夜は虫の音が毎晩にぎやかです。コオロギなど、朝も鳴いていますので、夜通し起きているのかしら。
 それはさておき、庭からも秋の味覚が収穫できるようになりました。栗は老木で台風のたびに枝が折れてしますが、残った枝によく実がなっています。先日の台風21号でも枝折れ実が落ち、の状態でしたが。ミョウガも出始めました。うれしいですね。
 秋の味覚をいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

石畳

180815  以前、解体現場でたくさんの煉瓦が出てダンプで自宅に運びまして、庭に敷きました。入り口から玄関までのアプローチにしたのですが、一つ難点が。実は夏になるとコケ?がついて滑りやすくなるのです。毎年お盆の頃に取るので、今年も先日きれいにしました。デッキブラシやタワシなどではとても刃が立たないので、ステンレスのタワシで煉瓦を一つ一つ磨いてコケを取りました。
 しかし、ヨーロッパの方ではあんなに石の道が多そうなのに、ツルツル滑らないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

赤根

180729  先日、NPO法人複合力の活動フィールドに静岡県立大学薬学部の技官さんがやってきました。メンバーと一緒に歩いている時に採種したのがこれ。「赤根」です。「あかね」とは漢字でも「茜」と書いたりしますが、元々は「赤い根」が語源となっているそうです。
 確かに赤い根っこですね。これを昔は染色の材料に使っていたそうです。しかし、こんなもので染色に使うには膨大な量が必要になりそうです。「ホントかな?ホントかな?」技官さんも半分は懐疑的見解でした。さて、どうなんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧