お山の生活で感じた事・体験したこと

2017年6月27日 (火)

ジャガ芋の実

170624  仲間が畑から持ってきたもの、ジャガ芋の実でした。地下に種がつくのがジャガ芋ですが、まれに実がなります。ジャガ芋もナス科ですので、実もトマトのような形。熟していない、実をつけ始めた時のトマトのようです。
 試しに食べてみたら、かじった瞬間、ほのかに甘い・・・これはいける、と思ったその時、猛烈なえぐみが口を襲いました。これは食べられるシロモノではないな。まぁ、珍しい、と言う事にしておきましょう。しかし、どうして実がなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

シャボテンの花

170618  今年も家のシャボテンに花が付きました。寒い季節を耐えて耐えて、特別肥料をあげるわけでもなく、時々水をあげるだけですが、美しい花をつけます。初夏の楽しみであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

薪割り

170208  冬の大切な作業に薪割りがあります。なんて書くと、いつの話しだ?と言われそうですが、プアパーティに炭と薪は欠かせません。この冬に薪割りをしている時のショットです。昔懐かしい、フィルムカメラで撮ってもらいました。というか、デジカメがなかったのです。
 たまたま撮った一枚がナイスカット。宮本武蔵の域だな、これは・・・なんて自画自賛、笑。いつもやっていれば、慣れますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

まだ雪

170404  まだ寒いですね。静岡は桜の開花宣言が出ましたが、我が両河内はまだ全く咲いていません。下のタンポポは満開です。しかし、奥の山は雪化粧。これではまだ寒いわけです。日中はそこそこ温かですが、今日辺りもまだ、朝晩は寒いのです。ちなみに今朝の最低気温は1度でした。
 以前の日記を調べたら、2015年は3月31日には同じ場所で桜が満開でした。今年は遅いなぁ。

 ↓ 2015年4月2日の日記 ↓
 http://momotarou-k.cocolog-nifty.com/yukicyan/2015/04/post-2486.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

台風18号の爪痕

170329  平成25年に各地に大きな被害をもたらした、台風18号。仕事で、この台風の風倒木を整理する山仕事をしていますが、新年度の現場へ測量に入りました。林道で車を降りて、徒歩で山の奥へ入ると、これはすごい。。。一昨年の現場もすさまじかったですが、ここも引けを取りませぬ。こんな状況が延々と続きます。これは、やりでのある現場となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

お散歩猫

170327_3  みかん山へ行きましたら、近所の兄さんが猫を散歩に連れていました。山には捨て猫が多く、みかん山へ行くと、猫があちこちから顔を出します。
 このお散歩猫も元々は捨て猫だったそうです。人に警戒心が強く、写真の奥から歩いてきて、私の姿を見つけたら写真のポーズになり、近づくことを拒否し1703272 ているようです。顔も警戒心いっぱいな感じ。悪さはしないから安心して下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

不思議な橋脚

170227  いつも通る、庵原地区。新東名と共に新しくできた「清水いはらインター」までの取りつけ道路の工事が進んでいます。その現場に作られている橋脚。左前から右奥へ道が延びるのですが、右側からも道ができるようです。交差した先の左側には橋脚はありません。立っている橋脚だけ見ていると、空中に信号機か「止まれ」付きの丁字路が出来るよう。そんな道、あるのかな。不思議な橋脚の立ち方だな。どのように完成するのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

太陽を向いて

170224  2月に入り、毎年恒例のレタスの種を植えました。いつもは畑にハウスを作ってその中で保温して育てるのですが、今年は横着して、家の中で植木鉢に蒔きました。約10日して二葉が出ましたが、ご覧の通り。みな窓に向かって伸びています。窓の外には太陽。やはり日を浴びたいのですね。本能ってすごいですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

炭焼き

170212  ドラム缶を使っての竹炭焼きを行いました。窯の温度が冷めてから恐る恐るふたを開けると・・・炭が出てきました。初めてにしては上出来。
 以前、竹炭焼きをしたとき、「経験がある」とのメンバーの、
「煙が青くなったら煙突にふたを閉めるけど、まだ白い」などとの指示のもと、待ちながらビールを飲んでいました。結果、ふたを開けたら炭ならぬ灰が出てきまして、メンバー一堂大いにショックを受けて、「もう彼の言うことは信用せん」と大笑いをしたものです。
 今回、その際の失敗のトラウマも解消されたでしょう、笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

竹炭焼き窯

170208_2  プアパーティでの必需品は炭。今、ホームセンターなどで安い炭を売っていますが、あれはほとんど東南アジアなどでマングローブなどを原料としたもの。やはり、地球環境や南北問題を考えると、好ましくありません。「でも必要」となれば、自分たちで作るのが一番。何せ材料はまわりに腐るほどあるのですから。と言うわけで、ドラム缶を使って竹炭を焼く窯をみかん山にこしらえました。今週末、初めての火入れをする予定です。さて、楽しみだぞ、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧