畑仕事

2018年12月21日 (金)

みかん切り

181221  毎年この時期にはみかん切りがあります。みかん畑は山の南斜面で太陽が当たるところが多く、何とも気持ちいいところです。日が差して風がなければ、冬とはいえ、ポカポカとしています。まして、海が見えれば、さらによいですね。駿河湾に浮かぶ船も時々見ながら、たまに船の汽笛が聞こえてきたりして、何とも至福の仕事です。そんなわけで、みかん切りは私にとっては一番幸せを感じる仕事です。特に今年は表年なので、みかんもたくさんなっていますし。一服する時にもいで食べるみかんもこれまた美味いですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

柚子の収穫

181203  庭に植えてある柚子に今年はたくさん実がなりました。今年は表年かな。
 私の地域は寒いので、静岡県内ですが、柑橘類があまり育ちません。そんな中、柚子は寒さに強く、毎年実をつけます。しかし、トゲトゲが激しく、結構痛い思いをしながら収穫作業に当たります。
 とりあえず、今日の収穫はここまで。厳冬期になる前に何度かに分けて収穫する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

初冬の収穫

181119  朝晩も寒くなってきました。こんな時期、せっせと収穫するのは里芋や生姜。特に生姜は寒さに弱いので、早めに収穫しなければ。里芋は藁などで保温すれば冬の間も収穫できます。2月頃収穫すると里芋は今以上に大きくなっている感じです。早く寒さ対策もせねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

花トリカブト

181107  このきれいな花は???「花トリカブト」です。あの毒草、トリカブトですが、花が美しいので、園芸品種として、園芸店で売っています。たしかに育ててみると鮮やかな花が咲くものです。

 誰ですか、「美しい花には毒がある」なんて言っているのは、笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

今年のレタス

180511  今年の畑のレタスが大きくなってきました。毎年、この時期から収穫するのレタスはよくできます。今年も、ですが、少々失敗。
 今年はベビーリーフのレタスを買ってきて、それを育てて大きくさせたのですが、やはり、ベビーリーフは大きく育てるには適しませんでした。やはりそれ用に品種改良されているのですわ。来年はまた、真面目に種から植えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

みかん山の草刈り

180423  甘夏みかん収穫の前に草刈りに行きました。甘夏みかんは・・・今年は豊作です。昨年は少なくて、淋しかったですが、今年は表年なのですね。
 しかし、まわりのみかん山も段々と手が入らなくなって荒れた山が広がっています。何ともやりきれない光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

タンポポと桜の共演

180328  久しぶりにミカン山の管理作業に出かけました。暖かなミカン山はただ今桜も満開。足元ではタンポポも満開。中ほどはミカンの木。気持ちの良い風景です。
 タンポポの葉はサラダにしてみました。柔らかそうでもやはり、筋っぽかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

サトイモ収穫

180302  3月に入り、土の中で保温して保存していた里芋を掘りました。里芋は寒い時期にも成長するのですよね。秋に掘りあげた際より、大きくなった芋がコロコロ出てきました。嬉しいですね。今年も何とか寒さを超すことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

大変な人生を送ったようなみかん

171220  みかんが記録的な裏作、とは昨日記事にしましたが、数少なくついているみかんも例年に比べると???状態。
 先ず、色がついていません。青いままでスダチみたい。と思って搾るとやはり甘みがあって、スダチの代わりには使えません。そして、ヘタの部分というか、ハサミで切る部分が例年の倍ぐらい太いのです。ミカン切りのハサミにかなり力を入れないと切れません。刈り込みばさみが欲しくなるぐらい、笑。加えて、肌がボコボコのが多いのです。写真に撮ったのはそんな中で一番のボコボコみかん。
 何だか原種返りしたみたい。何故なのか、農園主も首をひねっていました。作業後、酒盛りをしながら、「あーだ、こーだ」論議しましたが、原因はわからずじまい。話題を提供してもらっただけヨシとしましょう。来年はどうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

みかんは超裏年

171220  私もオーナーになっている山梨みかんトラストファーム。今年は裏年です。裏年も裏年、40年ぶりの不作となっています。良くなっている木もありますが、全体的にみかんの数が少ないのです。合わせて、なっているみかんも色がよろしくありません。少ない数のみかんですから、そこに集中して良いものになりそうですが、実は違うのです。農園主が言うには「不作の時には栄養(タンパク質)を根や葉にためて来年に備えている(から良いみかんがならない)」そうです。要は踏んだり蹴ったり状態。まぁ、こんな年もある、と言う事で来年に期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧