動物・昆虫記

2017年6月23日 (金)

みーこ

170620  プアパーティをしていると、いつもつかず離れずで座っている、その名は「みーこ」。訳がありここにやってきました。昔の名前は「タマ」だったそうですが、今では「みーこ」と呼ばれています。いつも三つ指をつく感じで、しっぽも自分の身体に巻いて、なかなか上品な座り方をしています。時々酔っぱらいに絡まれますが、それも浮き世のサガ、と割り切っている感じでがします。ネコも見ていると、哲学的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

カエルの卵

170616  NPO法人複合力の田んぼは、除草剤を含めて、一切農薬を使用していませんので、生き物も豊富です。田んぼに水を入れるとカエルがすぐに鳴き始めます。そして、産卵。写真はアマガエルの卵かな、トノサマガエルの卵かな。とにかく、多くの数です。天敵が多いから、どれぐらいが一生を全うできるのでしょうか。卵達を見ていると、小さいオタマジャクシが生まれてきて、見飽きないですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

カエルを捕まえたヘビ

170603  NPO法人複合力の田植え作業。朝一番で田んぼへ行くと、隣の畑にヘビが。よくみると、カエルを捕まえたところ。カエルが大きいのですぐに飲み込めずにいたところでした。この時期、田んぼにはカエルがものすごい数いますが、それを狙ったヘビもたくさん生活しています。畦を歩いていると、あちこちでひなたぼっこしているヘビに遭遇します。彼らも役目を持った生き物ですから、そっとしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

トンボさんとにらめっこ

170508  5月に入り、朝は鳥の声で目が覚め、日中も色々な昆虫を目にするようになりました。先日もトンボがジョウロにとまっていました。カメラを持っていたので、近づきながら写真を撮りましたが、全く逃げる様子なし。人間の怖さを知らぬ、ウブなトンボさんだったようです。しばらくにらめっこをして遊びました。複眼で見ると、どんな風景なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

生ジラス

170503  昨日に引き続き、もう一つ海に関する話題を。
 先日、清水区由比で開かれた「桜エビまつり」へ行ってきました。30数年前、静岡県民になって初めて食べたものがいくつかあります。例えば桜エビ、生ジラス、イルカ等々など・・・。どれも美味ですが、シラスは、それまで干したのか釜揚げのしか知りませんでした。それが、ここでは「生」。
 桜エビまつりでも購入して食べました。人気があり、購入した直後に品切れとなったようです。ギリギリセーフ、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

クマバチ

170423  この季節になると、クマバチが物置の木に巣を作っています。人がいても大きな羽音で「ブーン」と平気で飛び回っています。羽音が大きいので、誤解されて恐れられていますが、人間を襲ったり刺したりすることもなく、全く平気。人間と共存できるのですわ。自分の巣に帰ってきたところをアップで撮ってみました。少しぼけていますが、この小さい羽でよく飛べるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

スズメバチの巣

170403  灌仏会で起雲寺へ行った時、建物の壁にスズメバチの巣を発見。よく見るのは上からぶら下がっている形ですが、こんな壁の面に張りつくような格好の巣も作るのですね。ちなみに今は無人の巣となっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

ヤギのゆきちゃん

170301  近所の友人がヤギを飼い始めたので、見に行きました。羨ましいことに放し飼いになっていました。まだ子ヤギだし、これは一日つき合っていても飽きませんね。今のところ冬ですし、畑もお休み状態なのであまり問題はありませんが、これから成長するに従って畑の野菜を食べたりしそうで、心配はつきない様子です。飼い主さんがお出かけの時、小屋に入れておくと、知恵と力でこじ開けて、帰宅するといつもの場所にいるとか。やはり、柵をめぐらせた中で飼うしかないのかなぁ。しかし、放し飼いでストレスなく天真爛漫な様子を見ていると癒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

飼いカラス

170222  愛猫のタマノスケ君の調子が悪く、行きつけの動物病院に。老猫になってきたので、時々連れて行き、注射をするとまた復活するのです。今回もそうでした。
 動物病院には長いこと、カラスが飼われています。最初はケガしたので連れてこられ、そのまま飼い続けているようです。職員の姿を見ると、とまり木の上で飛び跳ねます。威嚇をしているのかな、と思いきや、喜んでいるそうです。餌をもらえるからかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

鷺が来ました

170120  家の前の川に鷺が。珍しくありませんが、やはり体が大きい野生生物は迫力があります。神経質でカメラを向けただけで゜飛んでしまいます。鷺は渡り鳥で、いつも寒くなるとやってきます。しかし、ある青鷺はこの興津川に住みついたのがいます。以前はいませんでしたが、どのような条件が整ったのか、通年、生活しているのもいて、川に沿って上流から下流へ、またその逆に飛んでいるのもよく見かけます。
 住んでいる、ということは川の魚を食べているのでしょうが、うまく共存できるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧