手話の活動に関して

2017年9月20日 (水)

第51回全国ろうあ者体育大会開催前夜

170830  第51回全国ろうあ者体育大会の企画が明日から静岡県内で始まります。私も広報部として、大会に関わっています。
 大会誌を作成する事が開催前の大きなイベントでした。作成に当たるのはほぼ全てボランティア。それぞれがパソコンを使って自宅などで大会誌の作成を行ってきました。メンバーの中心にあるのはクラウドのサーバー。出来た原稿をそこへ格納し、とりだして加工しまた納める、と原稿を共有できる環境がいまでは可能なので、こんな作業形態でも仕事が進むのです。お互いの連絡はメーリングリストとライン。広報部が組織された時、ライン未加入は私だけ。作業が進んでくると、未加入ではいかんともしがたくなり、私もスマホを購入しました(やっと、笑)。
 写真は大会誌編集最後の追い込み。さすがに最後は事務局にメンバーが集まり、それぞれのパソコンに向かっています。ここでも中心にあるのはクラウドサーバー。メンバーの首にあるのは保冷剤をくるんだタオル。なにせ8月下旬でエアコンも切れた部屋ですから。こんな状態で何日間か午前2時頃までパソコンの向かい、280ページ近いぶ厚い大会誌が完成しました。こんなやり方で作業が進められるのは、やはり時代ですね。
 さて、明日から大会本番。少し雨も予想されていますが、各競技の熱戦を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

或る通訳場面

170908  先だって、大会の通訳をしていた際の写真を知り合いからいただきました。たまたま、静岡県知事の川勝平太氏が来賓挨拶をしている場面でした。
 手話通訳、というと、このような人目につく業務を連想しがちですが、実はこのような通訳は全体の2割程度。それ以外の大部分はろう者(聴覚障害者の内で手話を日常的コミュニケーションの方法とする方)の日常生活に関わるものです。医療場面であったり、PTAの会合であったり・・・。そんなところで手話通訳者は日々活動しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

6月26日 中日新聞朝刊 県ろうあ者大会

170626  これまた、少し前の新聞記事ですが、6月26日中日新聞の朝刊。静岡県ろうあ者大会の記事が載っていました。式典で、ちょうど私が壇上で通訳を担っているところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

講座講師の様子

170907  地域の手話奉仕員養成講座で講義をした時、友人が写真を撮ってくれました。自分のカメラには自分は写っていませんから(自撮りはしないので)、ありがたいです。
 こんな感じでこの夜も講義をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

講座の前

170821  先日、蒲原生涯学習交流館で手話講座の通訳。講師が知る人ぞ知る、月曜男(ろう者)ですから、私が読み取り通訳。地域の小学生が対象で、十数人集まりました。小学生相手に話すのはある意味、一番骨が折れますね。わかりやすい単語を選んで話す事が必要になるからです。せっかく興味を持って集まってくれるので、「楽しかった」との感想を持って帰っていただきたいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

第51回全国ろうあ者体育大会要員説明会

 9月に静岡県内で開催される、第51回全国ろうあ者体育大会。その要員説明会が開170709かれました。全国から千数百人の選手が集まり、全10種目が行われる大会ですので、それを下支えする要員も数多く必要です。一つの部屋に入りきらず、複数の部屋を借りて、ビデオで中継しながら進めることとなりました。
 私も中継用のケーブル張りの作業を朝から担い、説明会開会前には何とか中継を貫通させる事が出来ました。大会開催まであと2ヶ月と少し。準備もいよいよ佳境に入ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

第51回全国ろうあ者体育大会実行委員会

170702  この9月に「第51回全国ろうあ者体育大会」が静岡県内で開かれます。この日は第6回の実行委員会。もう、開催日まで3ヶ月となり、いよいよ準備も忙しくなってきました。何せ全国大会となると、規模も大きく、準備も大がかりになります。
 大会は9月22日(金)から24日(日)まで。静岡市内と藤枝市、牧之原市で10競技が行われます。ネットで検索していただければ、会場などの詳細は調べられます。ろう者のスポーツ大会としては全国最高峰のもの。是非多くの方にご覧いただきたい企画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

神奈川県議会に手話通訳本格導入

170617  先日、実母の納骨があり、茅ヶ崎の実家へ行きました。その際、実家でとっている神奈川新聞をパラパラ見ていたら発見した記事、6月17日づけ神奈川新聞朝刊です。
 神奈川県は鳥取県に次いで、全国の都道府県で二番目に手話言語条例を制定したところです。そんな背景もあり、今回の動きにもなっているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

第67回静岡県ろうあ者大会

170625_2  6月25日午後は沼津市で第67回静岡県ろうあ者大会がありました。私は手話通訳としても関わりました。写真は大会が終わり、参加者が出口に向かっているところ。雨にも降られましたが、お疲れ様でした。
 通訳をしていて、早口の日本語や手話を通訳していると、「よく出来ますね」などと言われますが、通訳中早口の現場になると、アドレナリンが出てくるのですよね。「ここで、しくじってなるものか!!」とね。対応できなくなってきたらフェードアウトを考える時期なのかも知れません。まだ、大丈夫なようですが、笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

5月14日 静岡新聞

170514  少し前ですが、5月14日の静岡新聞朝刊です。前日に開催された、静岡新聞社などが主催の「大震法シンポジウム」の記事が一面トップに載っていました。
 このシンポジウムにろう者が「参加したい」との申し出があり、私も手話通訳としてうかがいました。そこで写真に載った、という次第。
 ろう者の社会参加の幅が広がり、様々な場面での手話通訳要請があります。専門的内容を如何にストレスなく伝えるか、やはり通訳者も内容をよく知っていることが大切。この通訳の際も事前にお勉強をして臨みました。色々な通訳を担い、事前学習をしますが、通訳が終わると、ほとんど忘れているような。少しは血肉になっているのかしら??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧