NPO複合力

2018年6月19日 (火)

竹林の草刈り

180617  梅雨に入りますと、どこも草が伸び放題。竹林は特に、地面が露出していますから、草の天国です。萱やイタドリなどが背丈以上に伸びまくっています。
 一年に最低3回。出来れば4回は刈りたいところです。そうすれば、何とか草をコントロールできます。これから暑い季節、草とのバトルが始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

さつま芋の植えつけ

 昨日、NPO法人複合力でさつま芋の植えつけをしました。田んぼ作業に応援してくれるメンバーや静岡市ろうあ協会の女性部など、50名以上が集まりました。
 今まで、イノシシにやられたり、サルの被害にあったり色々な事がありましたので、今年は電気柵をしてある中の畑で植えつけました。ここなら鳥獣被害は大丈夫でしょう。500本のさつま芋ツルさん、頑180617_2 張って大きくなって下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

田植機

180605  農作業では色々な機械を使いますが、一番手こずっているのが、この「田植機」。山里の田んぼは、台形であったり、縁が曲線であったり、一つ一つが実に個性的な形をしています。そこを如何に走らせて、苗を植えていけば効率よくできるのか、これが、なかなか悪戦苦闘なりのです。
 加えて、稲刈り機を使う頻度も少ないのです。耕耘機やトラクタは畑も入れれば年に数回は使いますし、稲刈り機(バインダー)も麦収穫と合わせれば、年に二回出動します。しかし、田植機は一年に一度だけのお仕事。「こんな感じかな」と慣れた頃には終わり、来年まで使いません。
 先日、近所のプロの仕事ぶりを拝見していましたが、実にお見事。あの域に達するには何年かかるかな。動画サイトでも、色々な動画が出ていて、参考にはなります。これからも、試行錯誤で頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

表のさっちゃん、さくらちゃん

180608_2  さっちゃんとさくらちゃんを表に連れ出します。2匹とも首輪からロープでつなぐと、時間が経つにつれて絡まってしまいます。
 それなら、とさくらちゃんを放しておくと、とりあえずはさっちゃんの近くをうろうろしています。今のところはこの方法でいけます。しかし、私が歩くと、かなり離れた場所までついてきます。こうして行動範囲が広がると、もう放し飼いは難しくなります。自由でいられるのは今だけかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

小麦畑

180605  NPO法人複合力の小麦畑。強力粉になる、国産品種、「春よ恋」を植えてあります。6月に入り、黄金色になった来ました。しかし、毎年刈りとりのタイミングが悩ましい。
 何故って、お天気と予定との調整。今年も今日から梅雨に入ってしまいました。おまけに脱穀機が現在修理中。くわえて、田植えの補植も進行中。今年もタイミングをはかるのが難しいなぁ。でも、近いうちにやらないと。しかし、登熟した麦畑は美しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

鴨もやってきました

180531  NPO法人複合力で耕作している田んぼ。鴨もやってきました。鴨がうろうろしている風景もよいですね。小ガモが生まれればさらによいですが、なかなか難しいかな。小ガモは諦めるとしても、いつも田んぼに遊びに来て下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

6月3日静岡新聞朝刊 田植え

180603  6月2日3日と行った、NPO法人複合力の田植え。2日に静岡新聞の記者さんが取材に来てくれまして、3日の朝刊に記事が出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

田んぼは生き物の宝庫

180601  NPO法人複合力の田んぼ。除草剤をはじめ、農薬を一切使わないので、色々な生き物がたくさんいます。この日はカエルさん。アマガエル?モリアオガエル?この二匹から5メートル離れたところにはシマヘビがカエルをくわえていました。人生、色々ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

しろかき終了

180601  NPO法人複合力の田んぼ、田植えの前にしろかきを水木金と行い、終了しました。今年はトラクタを借用したので、とてもありがたかったです。
 今までは耕耘機を使かっていましたが、耕耘機が出た当初(昭和30年代かな)はそれまでの牛馬に比べて革命的に便利と思ったでしょうね。今日、農家の友人と話しをしましたが、10倍は楽になった、との事。牛から耕耘機で10倍、耕耘機から乗用トラクタで10倍。
 今では常用トラクタはカラオケ付きとか。さらにはGPSを漬かって無人でトラクタを制御させるとか。カラオケ付きはご愛敬としても、無人トラクタでの百姓とは・・・農業とは、
との根元的な問いになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

稲苗

180527  5月6日にみんなでモミまきをした、稲。昨年は一部温度が高くなりすぎて、発芽に影響しましたので、今年はやり方を少し変更。お陰で順調に育っています。先週、田んぼへ運び込みました。これで、田植えを待つばかり。稲は、田んぼの準備作業を見守っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧